『PSO2:NGS』CβTレポート:より快適に遊べるようになったクラスとアクションを紐解く

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 セガは、サービス中のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)』の大型アップデート『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス(以下、PSO2:NGS)』の、第1回クローズドβテストを実施しました。

 1月29日~31日の3日間で実施された『PSO2:NGS』の第1回クローズドβテスト。電撃オンラインでは、このクローズドβテストから判明した本作の魅力を3つに分けて紹介していきます。

 この記事では、『PSO2:NGS』でさらに遊びやすくなったクラスとアクションについて触れていきます。

“『PSO2:NGS』第1回クローズドβテストレポート”一覧

第2回クローズドβテストの開催が決定

 現在、第2回クローズドβテストの募集がスタートしています。『PSO2』プレイヤーだけではなく、誰にでも門戸が開かれているので、興味がある人は下記より応募をしてみては?


・本募集枠より応募される場合、SEGA IDを新規登録する必要があります。
・“クローズドβテストに今すぐ応募!”をクリックして、応募フォーム内の“SEGA ID新規登録はこちら”より登録をお願いします。

『PSO2:NGS』の基礎となる共通アクションを紹介

 まずは『PSO2』にはなかった、あるいはガラリと変わった共通アクションを紹介。とくにフォトンダッシュやフォトングライド、ウォールキックは『PSO2:NGS』ではフィールド探索の柱となるアクションです。広大で入り組んだフィールドを駆け回るには必須のアクションなので、しっかりと覚えておきましょう。

フォトンダッシュ

 ステップを長押しするとフォトンダッシュに移行し、通常の移動よりも早く走れます。移行したあとはステップボタンを放してもフォトンダッシュが維持されるため、指も疲れません。また、フォトンダッシュ中に通常攻撃を行うとダッシュアタックが発動。さらに、ジャンプの最大高度が上昇します。

  • ▲バトル中も使用可能。敵の攻撃によっては、回避するよりも有効な場面がありました。

フォトングライド

 ジャンプ中にジャンプボタンを長押しするとフォトングライドに移行。落下速度が大幅に低下し、滑空できるようになります。また、フィールド内にはアップドラフターという装置があり、フォトングライド中に触れると上昇気流に乗るように移動が可能。



  • ▲アップドラフターは縦方向だけでなく、横方向へ移動するものもありました。

ウォールキック

 ジャンプ中、フォトングライド中に方向入力をした状態で壁に触れるとウォールキックが使用できます。壁を蹴って再びジャンプするような感覚で、ジャンプ中にウォールキックが使用できるのは1回のみ。

ステップ

 短い距離を移動する回避アクションです。『PSO2』のダイブロールやミラージュエスケープはないようで、全武器共通のアクションになりました。ステップ中に通常攻撃を使うとステップアタック、回避成功時に通常攻撃を出すとステップカウンターが発動します。

  • ▲ステップアタックはステップした方向によって攻撃モーションが変化します。

フォトンブラスト

 フォトンブラストゲージが最大になると使用できる大技。『PSO2』ではマグによって効果が変わりましたが、『PSO2:NGS』では装備中の武器に依存します。武器ごとにヒット数や威力、範囲などは異なるものの、いずれも強力な攻撃を放ちます。

6つのクラスの特徴とクラススキルを公開

 CβTでは6つのクラスが使用できました。どのクラスも方向性は『PSO2』と同じで、劇的な変化はありません。クラススキルの習得に必要なスキルポイントは“コクーン”をクリアすることで獲得できます。また、サブクラスは設定するとサブクラスのスキルとPAやテクニックが使用可能に。

ハンター

 ソードが装備可能な打撃クラス。“マッシブハンター”の頑強(スーパーアーマー)でごり押ししたり、“ウォークライ”でエネミーのヘイトを集めるなど、基本的な役割は『PSO2』と同じです。

<ハンターのクラススキル>

マッシブハンター
性能:軽減率80%、効果時間30秒、リキャスト180秒
 一定時間、受けるダメージを減少させ、エネミーの攻撃による打ち上げや吹き飛ばしを防ぐ。

フォトンアーツアヴェンジ
性能:威力150%
 ハンター武器のPA発動から一定時間以内に攻撃を受けると、そのPAの威力が上昇する。

ウォークライ
性能:ヘイト効果200%、効果時間30秒、リキャスト30秒
 【アクティブスキル】周囲のエネミーの注意を引きつける。さらに一定時間、攻撃を当てたエネミーから狙われやすくなる。このスキルは、メインクラスのみ適用される。

ソードエクストラアタック
 ソードによる通常攻撃段数が、最大5段階に増加する。

アイアンウィル
性能:発動率100%、効果時間10秒、リキャスト180秒
 残りHP以上のダメージを受けたときにHPが1残る。発動時に無敵時間が発生する。このスキルは、メインクラスのみ適用される。

ソードガードカウンタープラス
 ソード装備中、武器アクションによるジャストガード成功時に、通常攻撃を行うことでカウンターが発生する。

ファイター

 ナックルが装備可能な打撃クラス。“リミットブレイク”の効果が、与ダメージと被ダメージが上昇に変更されています。デメリットが小さくなったため、“リミットブレイク”を使わないで戦うという選択肢はなくなりました。

<ファイターのクラススキル>

リミットブレイク
性能:効果時間30秒、リキャスト180秒、威力120%、被ダメージ率150%
 【アクティブスキル】一定時間、受けるダメージが増加するかわりに、ファイター武器の威力が上昇する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

リミットブレイクPPリカバリー
性能:回復量100%
 リミットブレイク終了時に、PPが回復する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ナックルアタックエクストラ
 ナックルによる通常攻撃段数が、最大5段階に増加する。

ナックルスウェーカウンタープラス
 ナックル装備中、武器アクションによる回避成功時、再度武器アクションを行うことでカウンターが発生する。

リミットブレイクエンデュランス
性能:無敵時間5秒
 リミットブレイク中に、残りHP以上のダメージを受けたとき、リミットブレイクが終了し、HPが1残る。発動時に無敵時間が発生する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ナックルアタックスイッチ
性能:最大ストック数1回
 ナックル装備中、武器アクションによる回避成功時に、次の通常攻撃が5段目に変化する。

レンジャー

 アサルトライフルが装備可能な射撃クラス。“ウィークバレット”がサブパレットから使用する形式になり、残段数を気にすることなく通常攻撃が使えるようになりました。新たに“スプレッドショット”というスキルが追加され、近距離に散弾を発射して範囲攻撃が可能。

<レンジャーのクラススキル>

ウィークバレット
性能:威力120%、最大ストック数3回、効果時間15秒、リキャスト30秒
 【アクティブスキル】アサルトライフル装備中のみ発動できる。命中した部位に与えるダメージが増加する弾丸を発射する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ウィークバレットリインフォース
性能:ウィークバレット強化率125%、ウィークバレット延長時間15秒
 ウィークバレットが命中した部位に、攻撃を一定回数当てることで、与えるダメージが増加し、スキルの効果時間が延長される。このスキルはメインクラスのみ適用される。

スプレッドショット
性能:威力60%
 【アクティブスキル】アサルトライフルの攻撃により、蓄積したゲージを消費することで、特殊な近距離散弾を発射する。

ライフルグレネーダー
性能:トラップ威力500% グレネード威力400% リキャスト30秒
 アサルトライフル装備中、武器アクションボタンを長押しすることで、グレネードによる攻撃を追加する。長押しと同時に方向入力を行うと投擲し、行わないとその場に設置する。

ライフルスライドショットアドバンス
性能:効果時間0.22秒
 アサルトライフル装備中、武器アクション発動時に、無敵時間が発生する。

スプレッドショットクイックエスケープ
 スプレッドショット発動時に、無敵時間が発生する。また、方向入力時の退避距離が延びる。

ガンナー

 アサルトライフルとツインマシンガンが装備可能な射撃クラス。“チェイントリガー”の仕様が大きく変わりました。チャージPAを当てるとチェインがスタートし、攻撃を当てるとチェイン数が増加していきます。さらにチャージPAを当てるとチェインフィニッシュが発動。また、新クラススキル“チェインブースト”でチェインフィニッシュ後は攻撃速度上昇効果が得られます。

<ガンナーのクラススキル>

チェイントリガー
 ツインマシンガンのチャージPA発動後、攻撃で“チェイン数”を増加させ、再度チャージPAを当てることで強力な“チェインフィニッシュ”が発生する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

チェイントリガークイックリロード
 チェインフィニッシュ発生後に、チェイントリガー中のチェイン数に応じて、再発動が可能になるまでの時間が短縮される。このスキルはメインクラスのみ適用される。

チェインブースト
性能:効果時間45秒、50チェイン以下時攻撃速度100%、80チェイン以下時攻撃速度105%、81チェイン以上時攻撃速度110%、攻撃速度上昇上限120%
 チェインフィニッシュ発生後、一定時間、ツインマシンガン武器アクションの挙動が変化し、チェイン数に応じてツインマシンガンの攻撃速度が上昇する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

スタイリッシュロールアーツ
性能:威力100%、PP消費量+10
 ツインマシンガン装備時、武器アクション中にPAボタンを押下することで、PPを消費して威力の高い攻撃を行う。

スタイリッシュオンスロート
性能:PP消費量+10
 ツインマシンガン装備時、方向入力せずに武器アクションを行うと、前方に突進する挙動に変化する。

スタイリッシュロールストライクバック
性能:威力120%、PP消費量120%
 ツインマシンガン装備中、武器アクションによる回避成功時、次に発動するツインマシンガンPAのPP消費量が増加するかわりに、威力が上昇する。

フォース

 ロッドが装備可能な法撃クラス。“フォトンフレア”に最大PP上昇効果が加わり、『PSO2』ではテクターのクラススキルだった“PPコンバート”がフォースのものになりました。また、テクニックにレスタが存在しないかわりに、“レスタフィールドフォース”の効果でレスタサイン使用時に周囲のキャラクターの回復ができます。

<フォースのクラススキル>

フォトンフレア
性能:威力110%、増加PP+50、効果時間30秒、リキャスト180秒
 【アクティブスキル】一定時間、最大PPが増加し、フォース武器の威力が上昇する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

チャージPPリカバリー
 フォース武器での、チクニックのチャージ中にもPPが自然回復するようになる。

PPコンバート
性能:最大HP減少率80% PP回復率400% 効果時間30秒 リキャスト180秒
 【アクティブスキル】一定時間、最大HPが減少するかわりに、PPの自然回復速度が上昇する。

レスタフィールドフォース
 レスタサイン使用時に、周囲のキャラクターも回復する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ロッドテクニックキープ
 ロッド装備中、テクニックチャージ時に、ステップや武器アクションを行うと、チャージ状態が維持される。これにより、次の同一テクニック使用時にPPを消費せず、チャージ時間も短縮される。

PPコンバートインクリース
性能:初期ストック数0回 最大ストック数2回
 PPコンバートの使用可能回数が増加する。

テクター

 ウォンドが装備可能な法撃クラス。シフタとデバンドがテクターのクラススキル“シフタ・デバンド”になりました。また、“レスタフィールドテクター”でレスタサイン使用時に周囲のキャラクターを回復可能。回復威力上昇率140%が付いているため、フォースよりも支援や回復が得意という方向性が明確になっています。

<テクターのクラススキル>

シフタ・デバンド
性能:威力110%、被ダメージ低下率90%、効果時間60秒、最大効果時間60秒、リキャスト15秒
 【アクティブスキル】一定時間、自分と周囲のキャラクターの、エネミーに与えるダメージが増加し、受けるダメージが減少する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

シフタ・デバンドパーティーシェア
 シフタ・デバンド発動時、距離の離れた同一パーティーのキャラクターにも効果が適用される。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ウォンドエレメントチェンジ
 ウォンド装備中、チャージテクニックを使用すると、法撃爆発の属性がチャージしたテクニックの属性に変化する。

レスタフィールドテクター
性能:回復威力上昇率140%
 レスタサイン使用時の回復量が増加し、周囲のキャラクターも回復する。このスキルはメインクラスのみ適用される。

ウォンドパリィカウンタープラス
 ウォンド装備中、武器アクションによるガード成功時に、通常攻撃を行うことでカウンターが発生する。

ウォンドエレメントリヴォーク
 ウォンド装備中、武器アクションボタンを長押しすることで、ウォンドエレメントチェンジによって変化した法撃爆発の属性を元に戻す。

CβTで使用できた6つの武器種を詳しく解説

 CβTでは6つの武器種が使用できました。各武器はそれぞれ『PSO2』のアクションを基礎にしつつ、正統進化を遂げたという印象。ソードやナックルに広範囲のPAがあるなど、1本の武器でも柔軟に対応できるようになっています。

ソード

 『PSO2』よりも全体的に攻撃モーションが早くなっています。武器アクションはガード、タイミングよくガードに成功するとジャストガードが発生するなど、基本的には『PSO2』と同様。攻撃モーションをガードやステップでキャンセルできないので、PA使用時のスキが大きいという欠点も。“マッシブハンター”を使うか、PAを使うタイミングを見極める必要がありそうです。

  • ▲通常攻撃の5段目。

スパイラルエッジ
性能:威力700、消費PP25
 回転しながら上昇し、斬撃を放つ。チャージすることで、威力が上昇する。

  • ▲『PSO2』のライジングエッジに相当するPAです。

ツイストザッパー
性能:威力670、消費PP28
 エネミーに向かって、回転しながら攻撃を行う。チャージすることで、スピン回数が増加する。

  • ▲横方向に移動しながら周囲を切り裂く範囲攻撃PAです。使いやすい反面、攻撃モーションが長め。

ストリークキャリバー
性能:威力3200、消費PP35
 連続で発動することで、強力な斬撃を最大3回放つ。それぞれチャージすることでヒット数が増加する。

  • ▲通常は単発攻撃ですが、チャージ時は斬撃がその場に残って多段ヒットします。チャージ時間がとても長いので、敵がダウン中など使う場面を選ぶ必要があります。

ナックル

 『PSO2』よりも通常攻撃の踏み込みが大きくなり、密着して戦いやすくなっています。武器アクションはスウェー。通常攻撃やPAはステップやスウェーでキャンセルできるのが特徴。現時点ではバックハンドスマッシュのような高威力PAはなく、オーソドックスな武器へと変化した印象です。

  • ▲通常攻撃の5段目。

スウィフトラッシュ
性能:威力750、消費PP23
 一瞬でエネミーとの間合いを詰めたのち、強力な連撃を叩き込む。

  • ▲左右に体を振って前進しながら2連撃を放ち、最後にストレートを打ち込みます。

サウザンドブロウ
性能:威力1100、消費PP32
 眼前のエネミーに無数の拳を打ち込み、最後に強力な一撃を見舞う。

  • ▲その場で連続攻撃を放ち、ジャンプアッパーでフィニッシュ。前半は範囲攻撃PAとして使えます。

トライドライブ
性能:威力620、消費PP28
 深い踏み込みの後、強力な3連撃の拳を放つ。

  • ▲ストレイトチャージのように前進してから3連撃を放ちます。

アサルトライフル

 通常攻撃から段数の概念がなくなり、同じモーションを繰り返すようになりました。武器アクションのスライドショットは、素早く移動しながら射撃を行います。また、レンジャーのクラスススキル“ライフルグレネーダー”を習得していると、長押しと移動入力の有無で派生攻撃が使用可能。なお、射撃武器には適性距離があり、中距離での威力が高く、近すぎても遠すぎても与ダメージが低下します。


  • ▲武器アクションを長押しすると2つの追加アクションが使用できます。

レイジングショット
性能:威力160、消費PP22
 エネミーに命中すると爆発を起こす弾を放つ。チャージすると、エネミーを貫通する螺旋弾に変化する。

  • ▲チャージの有無でグレネードシェルとピアッシングシェルを使い分けられる感覚です。

ホーミングダート
性能:威力240、消費PP24
 視界に捉えた複数体のエネミーを、追尾する特殊弾を放つ。

  • ▲ロックオン性能が強化されたホーミングエミッションというイメージです。

ブレイズショット
性能:威力260 消費PP20
 エネミーの攻撃を回避しつつ、標的に向かって高速連射を行う。長押しでPPが続く限り、連射を継続する。

  • ▲パラレルスライダーの回避性能と移動力を強化したようなPAで、長押し時のPP消費量が大きめ。

ツインマシンガン

 操作感は6種の武器のなかで一番『PSO2』に近く、違和感なく使えます。武器アクションはスタイリッシュロールで、連続で使用してもスローになることはありません。また、“スタイリッシュオンスロート”を習得した状態で、方向入力せずに武器アクションを使用するとデッドアプローチとほぼ同じ攻撃が使用できます。

  • ▲武器アクションのスタイリッシュロールは健在です。

バレットレイヴ
性能:威力620、消費PP22
 エネミーに向かって連射を行い、最後に強力な収束弾を放つ。

  • ▲連射を3回行い、最後に威力の高い一撃を放ちます。1体の敵を集中攻撃したいときに有効。

エイムレスレイン
性能:威力660、消費PP25
 身体を激しく回転させながら、周囲に対して、弾丸を浴びせかける。

  • ▲攻撃範囲が広くなったシフトピリオドをイメージするとわかりやすいでしょう。

クロースバレット
性能:威力330、消費PP20
 素早くエネミーに詰め寄り、強力な弾丸を叩き込む。

  • ▲モーションや使い勝手はサテライトエイムとほぼ変わりません。

ロッド

 通常攻撃では遠距離まで届く光弾を放ちます。武器アクションのパリィは一定時間ジャストガード状態になり、パリィに成功するとPPが回復します。ソードのガードとは異なり、長押ししてもパリィを出し続けることはできません。

 テクニックはロッド専用ではありませんがここで紹介。火属性テクニックはチャージの有無で挙動が変化します。氷属性テクニックは、ノンチャージ版を1体の敵に4回以上敵に当てると紋章が付き、チャージ版を当てると紋章の段階に応じて追撃が発生。雷属性テクニックは、ノンチャージ版を10回以上ヒットさせるとキャラクターの周囲に輪っかが現れ、チャージテクニックの威力が上昇します。

  • ▲通常攻撃で光弾を発射します。

フォイエ
性能:威力220、消費PP15
 炎属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、火球を生成して放つ。チャージすることで攻撃の挙動が変化する。

  • ▲ノンチャージ版はフォイエ、チャージ版はラ・フォイエに相当。

ギ・フォイエ
性能:威力430、消費PP20
 炎属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、自身の周囲に炎の渦を発生させる。チャージすることで、攻撃の挙動が変化する。

  • ▲ノンチャージ版はギ・フォイエ、チャージ版はナ・フォイエに相当。

バータ
性能:威力150、消費PP16
 氷属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、氷塊を生成して放つ。チャージすることで、威力が上昇する。

  • ▲氷の矢のように撃つので、飛んでいる敵にも当てやすくなりました。

ギ・バータ
性能:威力170、消費PP21
 氷属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、自身の前方に氷の塊を発生させる。チャージすることで、威力が上昇する。

  • ▲『PSO2』のギ・バータとほぼ同じ範囲攻撃です。

ゾンデ
性能:威力210、消費PP18
 雷属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、目標地点に雷電を落とす。チャージすることで、威力が上昇する。

  • ▲ノンチャージ版は小範囲にヒットしますが、チャージ版は単体にしか当たりません。

ギ・ゾンデ
性能:威力185、消費PP23
 雷属性のテクニック。空間上のフォトンを反応させ、エネミー単体に一定間隔で雷電を放つ球体を生成する。チャージすることで、挙動が変化する。

  • ▲ノンチャージ版は自身の周囲にいる1体に、チャージ版はフィールド設置式で範囲内に入った敵にヒットします。

ウォンド

 通常攻撃は『PSO2』とほぼ変わらず、法撃爆発による追撃が発生します。法撃爆発は無属性扱いで、“ウォンドエレメントチェンジ”を習得するとチャージテクニックで属性を変更できます。武器アクションはパリィですが、ロッドとは異なりPP回復効果はありません。“ウォンドパリィカウンタープラス”を習得していれば、パリィ成功後にカウンターを使用可能。

  • ▲武器アクションでパリィが使用可能に。

ラピッドスマッシュ
性能:威力550、消費PP25
 素早くエネミーに接近し、強力な一撃を放つ。チャージすることで威力が上昇する。

  • ▲ヘビーハンマーとほぼ同じで、チャージ速度が早くなっています。

ウェーブヒット
性能:威力400、消費PP30
 地面に衝撃波を発生させ、広範囲への攻撃を行う。

  • ▲2連続で殴りつけるPA。説明文では地面に~と書かれていますが、空中でも高度を下げずに使用できます。

“『PSO2:NGS』第1回クローズドβテストレポート”一覧

(C)SEGA