『PSO2:NGS』CβTレポート:強化や特殊能力追加、戦闘力など、細かい進化ポイントに迫る

電撃オンライン
公開日時

 セガは、サービス中のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)』の大型アップデート『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス(以下、PSO2:NGS)』の、第1回クローズドβテストを実施しました。

 1月29日~31日の3日間で実施された『PSO2:NGS』の第1回クローズドβテスト。電撃オンラインでは、このクローズドβテストから判明した本作の魅力を3つに分けて紹介していきます。

 この記事では、電撃オンラインで『PSO2』の記事を担当している2人が、『PSO2:NGS』のさまざまな進化ポイントに触れていきます。

“『PSO2:NGS』第1回クローズドβテストレポート”一覧

第2回クローズドβテストの開催が決定

 現在、第2回クローズドβテストの募集がスタートしています。『PSO2』プレイヤーだけではなく、誰にでも門戸が開かれているので、興味がある人は下記より応募をしてみては?


・本募集枠より応募される場合、SEGA IDを新規登録する必要があります。
・“クローズドβテストに今すぐ応募!”をクリックして、応募フォーム内の“SEGA ID新規登録はこちら”より登録をお願いします。

『PSO2』の記事を担当している2人が『PSO2:NGS』をトコトン語る

 CβTをプレイした『PSO2』記事担当の2人が、オンラインミーティングで語り合いました。ここではその内容と、ほかの2つのレポートでは取り上げられなかった要素の紹介をします。

『PSO2』記事担当

レトロ
 電撃オンラインで『PSO2』の記事を担当。コロナ禍で滞ってしまったが、以前は電撃オンラインchで『PSO2』の動画を配信していた。メインキャラはヒューマン男性。

ステラ
 レトロと同じく電撃オンラインで『PSO2』の記事を担当。『ファンタシースター』シリーズはすべてプレイ済み。メインキャラはキャスト女性。

やり込み派なら気になる武器やユニットの強化方法は!?

レトロ:フィールドやクラス、アクションといった基本的な要素は各記事を読んでもらうとして、ほかに気になった点はある?

ステラ:やっぱり装備強化と特殊能力追加です。

レトロ:武器だけじゃなく、ユニットの強化も新世武器と同じ経験値方式に変わってたね。あとは“限界突破”が新たに追加されてた!

ステラ:『PSO2』では強化値が10・20・30で潜在能力解放ができましたが、そこを“限界突破”と潜在能力解放に分割した感じですね。“限界突破”で強化上限が+10されて、潜在能力は強化段階に関係なく解放できました。

レトロ:ただ、素材集めがけっこうたいへんな気がした。フィールドのどこにどの素材があるかを覚えるのは重要になりそう。

ステラ:強化に必要な素材はギャザリングで集める方式だったので、バトルだけやっていても装備は強化できませんね。

レトロ:“戦闘力”で参加できるクエストに制限があるから、装備強化はこれまで以上に重要になりそう。とはいえ、レベル以外の条件がクエスト参加条件になったのは、ユーザー的にも賛成の声が多そうな気がするな。

Pickup 戦闘力

 戦闘力は、クラスレベルや装備などからキャラクターの強さを数値化したものです。CβTでは緊急クエストの参加条件が戦闘力950以上に設定されていました。

ステラ:特殊能力追加はすごくわかりやすくなりました。特殊能力追加アイテムを消費して追加するだけで、追加に成功した特殊能力は100%で継承できます。

レトロ:継承用の素材武器を作る必要がなくなって、アイテムが集まったら追加していけるからラク! それにスロット拡張もなくなってた。今までは、ものすごいストレスだったもんね。

ステラ:本音、ぶっちゃけすぎです(笑)。そのぶん、特殊能力追加アイテムを集めるのに時間がかかるようになった感じですね。それでも、失敗しないで追加できるのは大きなメリットに感じました。

Pickup 特殊能力追加

 『PSO2:NGS』では、特殊能力追加がカプセルでドロップする形式に変更されました。成功率は同じ特殊能力のカプセルをいくつ使用するかで変わります。例えばパワーIの場合、1個では成功率10%ですが、10個で成功率100%に。1度に同じカプセルを使用できる数は最大10個なので、成功率9%の特殊能力は最大でも90%までしか上げることができません。

  • ▲スタミナIのカプセル1個と10個の比較。カプセルを使用した数だけ成功率が加算されます。
  • ▲フォムズ・ソールIは最大でも追加成功率90%ですが、追加済みの特殊能力を継承する場合は成功率100%になります。

レトロ:装備強化と言えばマルチウェポンはどうだった?

ステラ:単純に2つの武器を合体させるだけでした。例えばソードとアサルトライフルのマルチウェポンなら、両方の通常攻撃やPA、武器アクションをパレットにセットして使えます。

レトロ:どんなメリットがあるんだろう?

ステラ:武器を持ち替えなくても両方使えるというのが利点です。便利と言えば便利ですけど、必須になるような要素ではなさそう。武器を持ち変えるのが面倒な人向けですかね。

Pickup マルチウェポン

 任意の武器にもう1種類の武器種を追加できます。マルチウェポン化すると、追加した武器種のアクションもアクションパレットにセット可能。ただし、PAを使用するには武器に対応するクラスをメインまたはサブクラスに設定する必要があります。また、マルチウェポンに設定できるのは同じシリーズ武器のみ。

  • ▲1つの武器で2種類の武器のアクションが使用可能。武器の見た目は、使用するアクションに応じて変更されます。

2人を驚かせた新たなマッチングシステムに注目

レトロ:クイックフードはちょっと予想外というか、イメージしていたのと違ったかも。

ステラ:料理を作るのではなく、使った素材に応じてブーストを得られる仕組みでしたね。

レトロ:1回に使える素材は合計10個まで、組み合わせは自由。素材ごとにブーストされる能力が変化する、これくらい?

ステラ:効果時間は120分。最初は素材1個でいいから果物を使ってPP+10にしておくとよさそうです。

Pickup クイックフード

 ギャザリングで集めた素材を消費して、一時的なブースト効果を得られます。素材は野菜、果物、魚介、肉が存在。また、素材にはサブカテゴリが存在し、例えば肉ならシャキリッタ肉がシャッキリ、ガッツリーナ肉はガッチリ、サッパリーナ肉はサッパリ、マッタリーナ肉はマッタリが設定されています。同じサブカテゴリの素材を4つ以上使用すると、追加効果を得ることが可能。

野菜…ダメージ耐性増加
果物…最大PP増加
魚介…最大HP増加
肉……威力増加
シャッキリ…弱点威力
ガッチリ……HP回復量
サッパリ……PP回復量
マッタリ……PP消費軽減

  • ▲素材のアイテム詳細に得られるブースト効果が書かれています。

ステラ:予想外と言えば、マッチングの形式も驚きでした。

レトロ:クエストカウンター的なものがないね。

ステラ:フィールドを移動したときに自動でマッチングされる仕組みのようです。探索セクションは最大32人、戦闘セクションは最大8人まで参加可能。

レトロ:知り合いと合流するにはどうしたらいいの?

ステラ:リューカーデバイスからルーム一覧が見られるので、そこから参加することができました。

Pickup マッチングとルーム

 シームレスに移動できるので気付きませんが、探索セクションや戦闘セクションへ入った瞬間にルーム作成やマッチングが自動で行われています。緊急クエストだけは例外で、プレイヤーが緊急クエストを受注すると、『PSO2』のバトルアリーナのような方式でマッチングされます。

  • ▲作成されているルームは、リューカーデバイスで確認可能。任意のルームに入ることもできます。

レトロ:3日間のCβTをとおして、ここは不便だとか、改善してほしい点はあった?

ステラ:グラフィックオプションをランチャーで設定できなくなったのが気になりました。

レトロ:僕は2ボタン方式の操作があってもいいかなって思った。おじさんは新しいことが覚えられなくて……。とはいえ、プレイしてたら少しずつ慣れていったので、これを機に3ボタンでプレイしようかな。

ステラ:(笑)。まあ、あとはあえて語るほどでもないですけど、気になったものを最後に。

レトロ:金色のコンテナだ!

ステラ:中身はメセタでしたが、正式サービスではレアなアイテムが手に入るかも?

“『PSO2:NGS』第1回クローズドβテストレポート”一覧

(C)SEGA