【聖闘士ライコス連載】阿頼耶識・シャカ(SSR)で相手を血の池地獄に陥れろ!

うま
公開日時

 テンセントゲームズのiOS/Android用アプリ『聖闘士星矢 ライジングコスモ』のプレイ日記をお届けします。

 カレンダーも3月になり、今月で『聖闘士ライコス』もサービス開始から半年となりました。

 そんな3月といえば“天と地の狭間に輝きを誇る美の戦士”魚座・アフロディーテ(SSR)の誕生日は3月の10日。

 私の守護星座でもあるこの魚座のアフロディーテですが、イベントの“闘士の契り”でついにお迎えすることができました!

 手元の“アフロディーテの欠片”も100個まで貯まっていたので、この欠片でもう1体手に入れたらスキルを上げようかな、と思っています。

 それとは別にコツコツと上級星石をためて召喚をしていったところ、ひさしぶりに大物闘士を召喚できました。その召喚した闘士とは、阿頼耶識・シャカ(SSR)!

 全体にデバフ効果を与える乙女座・シャカとは異なるスキルを持っているため、使い方もだいぶ異なってきています。

 そこで今回は、この阿頼耶識・シャカについて紹介していきます。

攻防兼ね備えた阿頼耶識・シャカの能力に迫る!

 阿頼耶識・シャカは、基本的には全体攻撃が得意なアタッカーとして立ち回れます。それ以外にも、パッシブスキルを生かしてパーティ編成を組むことで、さらに立ち回りが磐石なものとなります。

 そこでまずは、彼が持つスキルを紹介していきます。

血の池地獄(消費エネルギー:0)

 敵1体に血の池地獄を召喚し、その敵が召喚物以外の闘士を撃退するたびに、320%もの念力ダメージを与えるカウンター技です。

 敵の強力なアタッカーにかければこちらの闘士にトドメをさせなくできるので、手持ちのエネルギーが少ない序盤から使っておきたいスキルです。

不動明王(消費エネルギー:4)

 消費エネルギーが4と重いですが、敵全体に強力な念力ダメージを与えます。

 このスキルのすごいところは、スキル使用後2ターンのあいだ、通常攻撃が全体攻撃に変わるのです。

 しかも通常攻撃は、単体攻撃ではスキルLv1では80%の念力ダメージだったのが、全体攻撃になると念力ダメージが110%までアップします。

 そのため、再使用可能になるたびに“不動明王”を使っていきたいところです。

天空覇邪魑魅魍魎(パッシブ)

 実はもっともすごいスキルが、この“天空覇邪魑魅魍魎”です。

 このパッシブスキルは、阿頼耶識・シャカが行動する直前に、1名の味方のデバフをすべて浄化できるという優れもの。しかも味方を浄化するたびに、自身の念攻がアップするという恐ろしいものです。

 なお浄化の対象となるのは、効果の累積数が多いものを優先するので対象を自由に選択できませんが、デバフを受けて困る味方よりも先に行動できるようにしておきましょう。

もっとも神に近い男が、あの男の力を借りて敵を血の池地獄に!

 これらのスキルを持っている阿頼耶識・シャカ。そのなかで一番攻撃力が高いものは“血の池地獄”ですが、発動するには対象の闘士が誰かを撃破しなければいけません。

 しかし味方が1人減るのは困りもの。ではどうしたらいいか……。

 いろいろな闘士と組ませて戦っていたところ、とある闘士の存在を思い出しました!

 そう、教皇(SSR)です! 教皇についての詳細は以前紹介しましたが、彼には必殺の“幻朧魔皇拳”があります。

 このスキルは、敵にダメージを与えると同時に、一定の確率で混乱(ランダムに味方を攻撃する)状態にできるのです。

 つまり“幻朧魔皇拳”で相手のアタッカーを混乱させたところで“血の池地獄”をかけてあげると、勝手に味方を攻撃して倒してくれるうえに、自分も大ダメージをおけるというコンボが発生するのです。

 このコンボを使うために作った編成が以下のもの。

 阿頼耶識・シャカと教皇がそれぞれエネルギー消費が重いので、もう1人のアタッカーとして蠍座・ミロ(SSR)を選択。“血の池地獄”で撤退できるぐらいまで体力を減らしておくのがポイントです。

 他にも、強力な全体攻撃を持っている双子座・サガ(SSR)と組み合わせて戦えば、後半のターンにはこの2人の全体攻撃のダメージが大きくなってきます。

 もちろん、六分儀座・瑠奈との相性も抜群。スキルの“星運祈願”で行動回数を増やせば、それだけ浄化できる味方も増えて、早いターンで念攻をアップできます。

 今回は“血の池地獄”と“幻朧魔皇拳”のコンボという、決まると気持ちいい編成を紹介しましたが、阿頼耶識・シャカにはまだまだいろいろな使い道があるはず。

 これからもいろいろな編成を試して、研究していこうと思います。

 やっと手に入れた自分の守護星座の魚座・アフロディーテを使った編成も考えたいので、まだまだ対戦していきます!

『聖闘士ライコス』連載バックナンバー

©Tencent Games
©車田正美