『エーペックス レジェンズ』初心者攻略。エイム状態と腰撃ちの2種類を使い分けよう

セスタス原川
公開日時

 エレクトロニック・アーツより配信中のSwitch/PS5/PS4/Xbox series/Xbox One/Origin/steam(PC)用バトルロイヤルシューティング『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の、初心者攻略をお届けします。

 この記事では『Apex Legends』を始めたばかりのプレイヤーに役立つ攻略情報をお届けしていきます。

 今回の記事では、エイム状態と腰撃ち状態のそれぞれのメリット・デメリットと、使いどころについて解説します。

基本的には使用するのはエイム状態

 敵を射撃する際、基本的にはサイトを覗き込んだエイム状態を使用します。

 この状態は、画面が拡大されて目標を捉えやすくなるうえ、射撃の集弾率が高まるメリットがあります。下の画像では、エイム時と腰撃ちの状態での集弾率を比較しています。

 左が腰撃ち時の弾道で、右がエイム時のもの。こうして見ると、エイム時は圧倒的に弾が中心に集まっており、弾を当てやすくなっていることがわかります。中~遠距離の敵を狙う際には、サイトを覗き込んでしっかりと照準を合わせましょう。

腰撃ちの使い方

 上記で説明したエイム時のメリットを見ると、腰撃ちは精度が悪くなるうえ、敵を画面の中心に捉えづらいというデメリットが目立ってしまいます。しかし、腰撃ちをした方が良い状況も間違いなく存在するのです。それは、敵が近距離に迫った際のインファイト時です。

  • ▲前述した腰撃ちの集弾率の低さは、目標との距離が詰まっている状態なので、インファイト時であればさほど気になりません。

 腰撃ちがエイム状態より優れている点は、移動速度の速さです。武器を構えている際は移動速度が低下しますが、エイム時にはさらにそれが顕著に現れます。

 一方で、腰撃ちは通常の武器を構えている速度で、射撃を行いながら動くことができます。

 敵を目の前にした状態で、サイトを覗き込んで動きを止めては格好の的になってしまいます。そこで、腰撃ちを利用して素早く動き、少しでも相手の弾を避けられるようにするテクニックがあります。

倍率スコープを付けているときの注意点

 倍率がついたスコープは、エイム時に相手を拡大して表示し、狙いを定めやすくする便利なアタッチメントです。しかし、近距離戦ではそれが逆に敗因に繋がってしまう場合もあります。

 まず、倍率スコープはエイム時の切り替え速度が遅いです。アイアンサイトや等倍スコープは素早く構えられるのに対して、倍率スコープはわずかなタイムラグが発生します。このタイムラグにより、本来撃てたはずの1発が撃てなくなり、そのダメージ差が勝敗を決めてしまう可能性は十分にあります。

 また、拡大された状態では、敵が大きく映りすぎてしまうことが視覚的デメリットになりがちです。スコープを除いた瞬間に敵の体で画面が埋まってしまい、相手の動きを追いかけられなくなってしまいます。

  • ▲相手がここまで拡大表示されてしまうと、軽く移動されただけですぐに画面内から見失ってしまいます。

 そのため、近距離で使用するために装備しているサブマシンガン・ショットガンには等倍サイトかアイアンサイトを使用することをオススメします。

 そして、ここでも腰撃ちが役立ちます。やむを得ず倍率スコープが付いた武器を近距離で使用する場合は、腰撃ちを利用してサイトを覗き込まずに射撃を行えるのです。

腰撃ちが強力な武器は?

 弾の集団率は武器ごとに異なります。そのため、元々の集弾率の高い武器は腰撃ちでも弾の拡散が少なく、当てやすいです。

 そこで、今回は腰撃ちに適した武器を数種類ピックアップ。他の武器でも腰撃ちには可能ですが、中でもそれが強力な武器をご紹介します。

ボルトSMG・R-99


 サブマシンガンを代表する2つの武器。どちらも集弾率が良く、腰撃ちでもある程度のダメージに期待できます。元々速い移動速度が、エイムをしないことでさらに速くなり、相手の弾を回避しやすい点も強力です。

 注意点として、R-99は射撃の連射速度が速いため、少しの照準のズレが命取りになります。腰撃ちはそれがさらに顕著になるので、射撃訓練場で敵を画面の中心に捉える練習をしておきましょう。

フラットライン

 フラットラインは反動が大きいアサルトライフルですが、1発あたりのダメージが19と大きいのが特徴です。

 そのため、腰撃ちをしている状態であまり多くの弾を当てられなくても、数発のヒットでそれなりのダメージが期待できます。もちろん、多くヒットさせれば大ダメージを狙えるという最大値の大きさも相性の良さの1つです。

スピットファイア

 スピットファイアも1発あたりのダメージが19と大きく、腰撃ちの数発のヒットでもある程度のダメージを期待できます。

 スピットファイアは移動速度が著しく低下するため、それを腰撃ちで少しでも補うという点で腰撃ちとの相性はまずまず。また、装填数が多く連射速度がそこまで高くないため、腰撃ちで照準がずれてしまった後にリカバリーをしやすい点も魅力的です。

 『Apex Legends』の上達を目指すのならば、腰撃ち射撃はぜひマスターしたいテクニックの1つ。マッチを始める前に、少し射撃訓練場のダミー相手に練習をするだけでも、毎日積み重ねることで上達が期待できます。

『エーペックス レジェンズ』初心者攻略

© 2020 Electronic Arts Inc.