『DQウォーク』×『ドラクエVII』リファ族の危機とフィリアの血の真実【電撃DQW日記#892】

アツゴロウ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、現在開催中の『ドラゴンクエストVII』とのコラボクエストのイベントストーリーを追いかけていきます。

 今回は第4章4~5話までのストーリーです。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

“DQW×DQVIIコラボストーリークエスト” バックナンバー

第4章4話:神の石

 リファの族長のもとを再び訪れると、族長が自分の母親と口論していました。どうやら母親が神の石をどこかにやってしまったのが原因のようです。

 母親は神の石を、族長の娘で翼を持たないフィリアに渡し、捨てるように言ったと話します。これを聞いた族長は大いに慌て、フィリアを探そうとします。

 ですが母親は、フィリアは育ててくれた族長に心から感謝しているいい娘で、仮に自分が石を捨てるように言いつけてもやるわけがないと考えている様子。むしろ、そんなフィリアをまったく信じていない族長を最低の人間だと叱ります。

 そこまで言われてもフィリアを信じきれない族長は、フィリアの捜索をアルスたちに依頼。アルスたちはすぐ捜索を始めますが、谷の風は徐々に弱まっていくのでした。

 風がやみ、リファ族がどんどん動けなくなっているなか、アルスたちはフィリアが崖から落ちそうになっているのを見つけます。

 力尽きてとうとう崖下へ落ちていくフィリア。ですがそのとき彼女の体は輝きを放ち、ゆっくりと地面に着地するのでした。

 フィリアが助かったのは、彼女が持っていた神の石のおかげのようです。フィリアは自分のこともそこそこに、族長やリファ族のみんなを心配して、急いで聖風の谷に戻ります。

第4章5話:リファ族のあかし

 聖風の谷に戻ると、族長の母親がアルスたちを待っていました。母親は、風が止まったのはリファ族の神殿の奥にある精霊の像が黒雲に包まれたのが原因なので、それを取りはらってほしいと言います。ですが神殿奥の扉は、リファ族の血を持つものにしか開けられないらしいのですが……?

 ここで母親から、フィリアが拾い子などではなく本当の族長の娘であることが明かされます。リファ族であるにも関わらず翼のない体で生まれたフィリアを家の恥だと思い、ひたすら隠そうとする父親の所業も合わせて……。

 衝撃の事実に動揺しながらも、フィリアは今唯一動けるリファ族として、アルスたちとともに神殿へ向かうのでした。

 神殿奥の扉の前でフィリアが願うと、扉はちゃんと開きました。これでフィリアが本当にリファ族だと証明されたわけです。

 ですが神殿の最奥では、さらなる障害が待ち受けていました。それは雲を操るまもの・ヘルクラウダ―。アルスたちは決死の覚悟でこの強敵に挑みます。

 激闘の末にヘルクラウダーを倒すと、谷にはまた風が吹きはじめます。こうしてリファ族に平和が戻ったのでした。

 事態が解決したあと、族長は自分の愚かな行為を反省してフィリアに謝罪。フィリアも族長の本当の父親だったと知り、喜びます。

 アルスたちは、リファ族を助けてくれたお礼として、フィリアから神の石をもらいます。不思議な力を秘めたこの石は、アルスたちの今後の冒険にどんな影響をもたらすのでしょうか?

【第5章に続く】






Google Playギフトコードフェアが開催中!

 初めてGooglePlay認定店でGoogle Playギフトコードを購入すると、次回使える5%OFFクーポンをプレゼント中です。期間は2021年4月1日~4月30日まで。まだ買ったことがない人は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか?
 

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら