電撃文庫『俺の妹 あやせif 上』の発売前重版が決定!

てけおん
公開日時

 KADOKAWAより2019年8月10日に刊行予定の電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(13)あやせif 上』の発売前重版が決定しました。

 本作は、伏見つかさ先生執筆、かんざきひろ先生がイラストを担当し、累計発行部数500万部を超え、アニメ・ゲーム化も果たした人気小説シリーズ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の6年ぶりとなる最新作です。

 最新作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(13) あやせif 上』は、タイトルにも“if”とある通り、本作に登場する新垣あやせと京介が“もしも付き合うことになったら?”を描く、シリーズ最新作です。

 発売前より多くのファンからの問い合わせがあり、想定を上回る事前予約があったため、発売前の重版を決定したとのこと。

 ゲーム『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』などでは描かれた、あやせと京介の物語は、文庫版ではどのようになっているのでしょうか? ファンはぜひ、6年ぶりの2人の物語をお楽しみに!

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(13)あやせif 上』あらすじ

 高校3年の6月。俺はあやせから、相談を受ける。

 「お兄さん、桐乃のことでご相談があります!」

 あやせは妹の親友で、俺のことを嫌っている……これからもそのはずだった。なのに相談に乗っているうちに

 「わたし、お兄さんにずっとひどいことを――」

 誤解は解け、俺とあやせの距離は急速に縮まっていく。

 「……へ、部屋で..きりだからって変なことしないでくださいね?」
 「やっぱり! な、何を考えているんですか変態!! つ、通報しますよ!」

 あやせとアキバデートをしたり、一緒に妹ゲーをプレイしたり、夏コミに参加したり――どうしてこんなことに!?

 これから語るのは、『俺と妹』の物語ではない。――俺とあやせの物語だ。



『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(13) あやせif 上』

  • 著者:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ
  • 発売日:2019年8月10日
  • 定価:本体590円+税

© KADOKAWA CORPORATION 2019