『新生劇場版テニスの王子様』リョーマと桜乃が息ぴったりのダンスとデュエットを披露!

電撃オンライン
公開日時

 9月3日公開となる『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の特別映像が公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

リョーマ&桜乃が息ぴったりのデュエット曲を披露!劇中歌「peace of mind~星の歌を聴きながら~」を収めた特別映像が公開!

 1999年より「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタートした『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)。現在「ジャンプSQ.」にて連載中の続編『新テニスの王子様』を合わせ、累計発行部数6000万部を突破している許斐剛原作の人気漫画だ。

 様々なメディアミックスでファンに愛され続け、10月でTVアニメ放送開始から20周年を迎える「テニスの王子様」。いよいよ初の劇場3DCGアニメーション作品『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』が、9月3日(金)にスクリーンに登場する。

 この度、主人公の越前リョーマと竜崎桜乃のデュエットによる劇中歌「peace of mind~星の歌を聴きながら~」のシーンを収めた特別映像が、TOHOシネマズ公式YouTubeチャンネル限定で公開となった。


 本作では、「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」を繋ぐ空白の3カ月の間に起きた、誰も知らない物語が描かれる。

 「テニスの王子様」のラストでの、立海大附属中学校との全国大会決勝戦から3日後、リョーマ(CV:皆川純子)は武者修行のために単身渡米。しかし、リョーマは現地へ到着した矢先、家族旅行でアメリカを訪れていた同級生・竜崎桜乃(CV:高橋美佳子)が、ギャングに絡まれているところに遭遇する。

 桜乃を助けようとしてリョーマがボールを打ったことをきっかけに、なんと二人は過去のアメリカにタイムスリップ!辿り着いたのは、リョーマの父が「サムライ南次郎」と呼ばれ、世界を舞台に活躍していた全盛期だった。

 公開となった劇中歌「peace of mind~星の歌を聴きながら~」は、900曲を超える「テニスの王子様」キャラクターソングの中でも、リョーマと桜乃による初の本格デュエット曲。映像は、リョーマが夜の教会のステンドグラスをバックに、ソロパートをしっとりと歌い上げるシーンから始まる。

 本作は、リョーマたちが父・南次郎の全盛期の時代にタイムスリップするストーリー。全国大会までに数々の強敵たちを倒してきたリョーマが、未だに勝つことのできない、憧れの父の全盛期のプレイに目を輝かせるシーンもインサートされる。そんな南次郎の未だ謎に包まれた引退の理由を探るため、リョーマと桜乃は、南次郎と共に行動することを決める。

 映像内では、リョーマと桜乃が、星が降り積もる風景の中、息ぴったりのダンスとデュエットを見せるシーンも! 桜乃はお馴染みのツインテールの三つ編みではなくポニーテールで、二人の服や髪の細かななびきまで繊細に描写された幻想的なシーンだ。また、リョーマの飼い猫・カルピンにそっくりな猫が描かれた缶バッジを、桜乃がプレゼントする微笑ましいシーンも収められている。

 一方で、桜乃が椅子に縛られ、涙を流す姿も!? 既に明らかになっているストーリーでは、桜乃が誘拐される事件も起こることが明かされており、朴璐美演じる新キャラクターのエメラルドがどう関わるのかにも注目が集まる。加えて、脚にラケットを付けた彼女とリョーマの対戦や、幸村ら強敵たちとの激闘のシーンも! 本編では、更なる見応えたっぷりのテニスシーンが収められていること間違いなしだ!

 映像は、教会のステンドグラスの前で微笑み合う、リョーマと桜乃のカットで締めくくられている。果たして、過去のアメリカで二人は共に困難を乗り越えて現代に戻ることが出来るのか、そしてリョーマは南次郎の引退の真相にたどり着くことが出来るのか、物語の行方はぜひスクリーンで!

 いよいよ公開まで残り1カ月を切った、「シング×ダンス×プレイ」の新次元アドベンチャー『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、9月3日(金)全国ロードショー!

「peace of mind~星の歌を聴きながら~」楽曲クレジット
歌:越前リョーマ&竜崎桜乃
作詞・作曲:許斐 剛 編曲:津田ケイ


©許斐 剛/集英社 ©新生劇場版テニスの王子様製作委員会

関連する記事一覧はこちら