祝・7周年! スギちゃんが『LINEポコポコ』を語る

電撃オンライン
公開日時

 LINEが展開するアプリゲーム『LINE ポコポコ』が、9月3日で7周年を迎えました。

 9月1日から開催中の記念イベントに加え、芸人のスギちゃんが登場するCMが公開されたりと、楽しい催しが満載です!

 そのCMに出演した芸人・スギちゃんのインタビューが届いています。

『LINE ポコポコ』芸人スギちゃんのWeb-CM収録インタビュー

――本日は撮影、本当にお疲れ様でした。

スギちゃん:いやー、お疲れ様でした。ありがとうございます。

――さて、今回のCMの撮影についてインタビューを始めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。身構えず、気楽にお答えいただければ幸いです。今回のCMのオファーを受けてどう思いましたか?

スギちゃん:そうですねぇ、僕も、みんなもよく知っている「LINE ポコポコ」さんからオファーがあったってことがとても嬉しかったですねぇ。本当にありがたいですし、またスギちゃんの時代が来てるんだな。いや、来たんだな! って感じですね(笑)。

――そうですね、最近ではスギちゃんを見ない日がないくらい出ていると思っていたんです。スギちゃんの時代が再び来たなと(笑)。

スギちゃん:来る来るとは感じてましたがついに来たんだなって感じですねー。いや、僕も半信半疑ではあったんですが、ついに来たという感じですね。

――実際にCM撮影をした感想、苦労したところや楽しかったところ、ワイルドだったところを教えてください。

スギちゃん:そうですねー。いくつものパターンを撮影してもらったんですが、中でも自分が3人出てくるというのは初めてでこれがとても面白かったですね。

 あれは完成が楽しみですね。自分が出てきてワイルドなことを言っているのを見て、驚いている自分ってシチュエーション。これはものすごくワイルドだったぜぇ(感慨深く)。

一同:大爆笑

スギちゃん:やっぱりワイルドが3人集まったら…うん、これは相当なワイルドっぷりだったぜぇ。

――そのワイルドなスギちゃんが3人集まったら(連鎖して)消えるという演出でしたね。

スギちゃん:そう、消える! あれは最高(笑)。そしてゾンビになるっていうね、これも最高だったぜぇ。



――ゾンビメイクはどうでしたか? こういった特殊なメイクは初めての体験でしたかね?

スギちゃん:うーん、ちょっと思い出せないですが(汗)。今回のゾンビなんですが、ありがたいことに子供が今ゾンビにハマってましてねぇ。

――それはタイムリーですね。

スギちゃん:何か見たんでしょうねぇ…。よく何もない部屋の端っこを指さして、戦ってますよ(笑)。

――見えないゾンビとですか?

スギちゃん:そう、見えないゾンビと! そしてたまにゾンビにやられたらしく、ゾンビになって俺に襲い掛かって来るんですよ!

――それはワイルドですねぇ(笑)。

スギちゃん:これはゾンビメイクのスギちゃんを見たら喜びますよ。

――今度はゾンビスギちゃんが息子さんに襲い掛かるかもしれませんねぇ。

スギちゃん:(笑)。

――ご家族でゲームを楽しんだりすることはありますか?

スギちゃん:そうですね。息子はまだ3歳なので、一緒にゲームをすることは今はまだないんです。

 でも、息子がスマホを少しずついじるようになってきたので、「LINE ポコポコ」は操作も簡単で良いなと思いました!

 親子で遊べて教えたり、自分で学んだり、教わったり…凄く良いゲームに出会えたぜぇ。もうゲームが始まってから7年経ってるのにだぜ。

――ありがとうございます(笑)。それではこれからは息子さんと「LINE ポコポコ」を遊びながらと「LINE ポコポコ」は8周年、9周年、さらには10周年を迎えられそうですね!

スギちゃん:ですね! そして、親子で一緒に遊んでいる「LINE ポコポコ」にお父さんが登場するっていうのは想像しただけでメチャクチャ嬉しいですねぇ!

――そういえば、3歳の息子さんってスギちゃんのスマホで吉幾三さんに間違って電話してしまった子ですよね?

スギちゃん:そうなんですよ! 良く知ってましたね。そのまま吉さんに電話繋がっちゃってあれにはビックリしました。

――吉幾三さんも最近ゾンビメイクをされてましたが、今回のCMでゾンビ仲間になりましたね!

スギちゃん:吉さんゾンビなってましたね!

 こないだ電話をかけてその時の事聞いたんですけど、「あれー、よくわからないんだけどさーゾンビになっちゃって、凄い反響でさー」なんて言ってましたよ。なんか知らないうちに終わってたみたいです(笑)。

 今回のCMをきっかけに吉さんともゾンビ繋がりになれて嬉しいです。

――ぜひ、今回のゾンビメイクの話を吉さんにしてあげてください(笑)。

――好きなジャンルのゲームや今までハマったゲームがあれば教えてください

スギちゃん:そうですね。スマホのゲームアプリは当時はやっている有名なやつはいくつかプレイしてました。周りの人たちも一緒に遊んでたので。

――なるほど。

スギちゃん:今は自分がスマホを使う時間がとれなくて遊んでないですね。最近は自分より子供がスマホをいじるようになってきてるんですが、複雑なゲームは子供にはちょっと早いかなと思うんです。

 だから、シンプルな「LINE ポコポコ」は一緒に遊べるんでいいなぁって思いました。

――今まで「LINE ポコポコ」をプレイされてましたか?

スギちゃん:そうですね。。。はい、やってました。ええ、ええ、7年間プレイしてました。(プレイしていない気遣いから目が泳ぐ)

一同:大爆笑。

スギちゃん:い、いやぁ、面白いですからね。飽きないですよ(笑)。そうそう、結構LINEで飛んでくるんですよ。友だちから招待が。

――LINEの友だちに招待を送ってクローバーをもらえますからね。

スギちゃん:友だちもそうなんですが、全然連絡取ってない人からもバンバン飛んで来ます! そういえば、「LINE ポコポコ」は今ステージって何面まであるんですか?

――今は1800ステージくらいです。

スギちゃん:ええ!? そんなにあるんですか!? 7年前からプレイしているのに11ステージしか行けてないですね…。

一同:爆笑

―― CMでも「1ステージに5時間もかけてるぜぇ!」って言ってましたもんねw

スギちゃん:今日プレイしてやめられなくなっちゃいましたね。プレイしていて思ったんですが、最初の方のステージでブロックが光っている部分を消したらクリアできると思ってたんですが、そうじゃないんですねぇ。

――ステージのクリアには色々な条件がありますからね。特定のブロックを全て消したり、カギを全て下に落としたりと様々です。

スギちゃん:あの光っているのだけ消していけばOKだと思ってたら案の定ゲームオーバーになっちゃいました(笑)。あの光っているの何だったんだろうって。

――光っているのは次に消せるブロックのヒントなんです。なので消してもクリアできるわけじゃないんです。

スギちゃん:そうなんですね! まんまとやられてしまいました!

――1ステージ5時間ずつかけていつか1300ステージ目指して頑張って行ってください。

スギちゃん:いやー早くそこまで追いつきたいです。

――スギちゃんにとって「LINE ポコポコ」の魅力的なところを教えてください。

スギちゃん:そうですね、やはり飽きないところと、1プレイでそんなに時間を取られないところ、キャラクターの可愛さだったり、単純明快なところだったりですね。あ、今俺壁壊すやつしかやってないんですが、他にもいろいろあるんですか?

――はい、この後のステージでは色々なギミックがたくさん出てきます。

スギちゃん:おおお、いろんなギミックが! ではそのギミックも魅力ということで(笑)。

 とんでもない量のギミックもワイルドだぜぇ。単純な作業なんですけど、手を変え品を変え、1000ステージ以上も作るなんて、製作側も相当な知恵を絞ったり、飽きさせないところが良いですね。立ち止まってない感じ。うんそれこそが魅力なんじゃないかと思います。

――ポコポコに気に入ったキャラクターはいましたか?

スギちゃん:ええ、全部ですね(笑)。ウサギ(ポコタ)だったりキリンだったりいろいろ! きりがないです!

――ありがとうございます! 全て魅力的。かわいいと!

スギちゃん:うーん、かわいいぜぇ!

――今回ゾンビメイクにもチャレンジしましたがゾンビスギちゃんになって決め台詞を言うとしたらどのように言いますか?

スギちゃん:「ワイルドだろぅ?」をゾンビで言うと…そうですね。「腐ってるだろぅ?」ですね。

 「すべて腐ってるだろぅ?」ってこんな感じですね(笑)。

――今回、CMだけでなく、「LINE ポコポコ」のゲーム内にもスギちゃんが登場しますね。ディフォルメされた”スギちゃん”は見てみてどうでしたか?

スギちゃん:これ、メチャクチャ良いですね! 可愛いところもそうですが、手に持っている緑色の不気味な液体が入ったペットボトル。あれがたまらないぜぇ。腐ってますからね、ハエも飛んでますし。

――ペットボトルにキャップがついていないところがワイルドなスギちゃんらしいですね。

スギちゃん:もちろんキャップはすぐ捨ててやったぜぇ! いや、本当によく特徴をとらえてて、メチャクチャ嬉しいぜぇ。ちなみにこのゾンビスギちゃん、どうやって登場するんですか? ブロックになったりとか?

――ゾンビスギちゃんは7周年の期間中に、ステージのクリアなど条件を満たせばキャラクターを貰うことが出来ます。

スギちゃん:え! じゃあゾンビスギちゃんもらえるんですか?

――はい、貰ったキャラクターをつかってバトルすることも出来ますよ。

スギちゃん:それは凄い! これって7周年の期間が過ぎたらキャラクター消えたりするんですか?

――キャラクターは消えないです。入手できる期間は7周年期間中ですが、一度手に入れたらずっと使うことが出来ます。

スギちゃん:やった! これは頑張って手に入れるしかないですね! 永遠に使えます??

――永遠にですw ぜひ機会にやり込んで"ゾンビスギちゃん”手に入れてください。息子さんと遊んでいただけると嬉しいです。

スギちゃん:メチャクチャ自慢しちゃいますよ! 最近、息子に俺が出ているTV番組を見せるんですが、泣くんですよ。youtubeを見せろって(泣)。

――それは…(笑)。

スギちゃん:Youtubeを見せろって号泣です。

――涙の訴えですね、息子さんの(笑)。

スギちゃん:でもこういうゾンビで可愛いスギちゃんならyoutubeよりこっちに気持ちが傾くかもしれない。

――それはもう、ポコポコを遊んでぜひゾンビスギちゃんを息子さんに診てもらいたいですね。ゲーム内のお父さんと一緒にプレイするってことも。

スギちゃん:いやそれ最高ですね! これは楽しみです。

――それでは最後に、7周年を迎えた「LINE ポコポコ」へお祝いのメッセージをお願いいたします。

スギちゃん:まずは7周年本当におめでとうございます! 7年間も業界の第一線でやっていくっていうのはメチャクチャ大変だということを私は十分知っておりまして、本当に凄いことだと思います。

 「LINE ポコポコ」はゲームやキャラクターだけでなく、運営さんの愛情とかそういうものをヒシヒシと感じてます。そういったところも含め、今後も頑張って続けていって欲しいです。

 そして、来年の8周年、そして9周年と、またCMをやる時にイメージキャラクターが変わってしまうと良くないと思うんですよね(笑)。イメージがありますから。

 なので、その時もスギちゃんを使っていただけるようお願いしつつ、自分もお茶の間の第一線で切磋琢磨してやっていきたいなと。

 今回をご縁に、「LINE ポコポコ」さんとは二人三脚でこれを年一の行事でやってきたいですね。

――こちらとしても是非お願いしたいですね。

スギちゃん:本当にうれしいんです。7周年大変ですもん。それでもまだ愛してやまない人たちが山ほどいるわけですから、その人たちのためにも新しい取り組みをしていただけたらと思います。期待してます。

――ありがとうございます。

スギちゃん:私は今まで”ワイルド”一本でやってますんで。もし来年以降使っていただけるなら「LINE ポコポコ」さんにさらに私の方向性も考えていただきつつお願いします(笑)。

 その時には僕も戦略会議から入っていきますんで(笑)。

――それは凄い! ぜひおねがいします(笑)。本日は一日撮影お疲れ様でした。

スギちゃん:ありがとうございました!

●動画:『LINE ポコポコ』Web CM「また始めるなら今がチャンス篇」

●動画:『LINE ポコポコ』Web CM「連鎖して爆発篇」

●動画:『LINE ポコポコ』Web CM「何も言わない篇」

『LINE ポコポコ』
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、英語、台湾(繁体字)、タイ
サービス地域:韓国を除く全世界
サービス開始日:2014年9月3日
価格:無料(アイテム課金)
開発:Treenod Inc.
運営:LINE株式会社

© Treenod, Inc. All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら