ウィルはショタ系バーサーカーという新ジャンル!?【鬼ノ哭ク邦ジョブ座談会レビュー】

MAC佐藤
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売する、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』でジョブの役割を担う“鬼ビ人”に関する座談会レビューをお届けします。

 アイシャイザナザーフに続く今回は、斧の使い手である“ウィル”のキャラクター性や能力について語ります。

【座談会参加メンバー】
Mac佐藤:効率重視のガチゲーマータイプ。ファミコン時代からのスクウェアRPGファン。
コール:基本的には使いやすさや遊びやすさ重視だが、時には趣味に走るゲーム好き。
ハチ:座談会唯一の女性。使っているときの楽しさやキャラクター性を重視するエンジョイ派。
そみん:強さよりもおもしろさ重視のロマン派。ファミコン時代からのおっさんゲーマー。

外見&設定チェック:ショタ系に見えてパワーファイターというギャップが魅力!?

そみん:ウィルは、斧使いとは思えないくらい見た目がかわいらしいよね。

  • ▲斧の使い手“ウィル”。明るく親しみやすい性格だが、前世の影響からか本心では他人を信じることを恐れている。遠い記憶に残るのは、幸福と混ざり合う憎悪と流浪の日々。

ハチ:初めて見たときは女の子かと思ったんですけど、男の子だったんですね。

コール:セリフなんかも明るくてかわいい系な感じで、そういう意味では“幸福と混ざり合う憎悪”というのが気になるね。一体どんな過去があったんだと(笑)

ハチ:技を使ったときの「鬼ビ人使いが荒いなあ」というセリフがかわいくて、それを聞くためだけに使ったりもしました(笑)。

 性格も良さそうで好きなんですけど、それだけに辛い過去がありそうな“鬼ビ人の記憶”は見たくないという気持ちもあります。

  • ▲ウィルたちは“生命の一族”と呼ばれ、学術や医術を提供することで見返りとして資金援助を得ていた流浪の民だったようです。特別な地位にあった彼らを襲った悲劇とは……?

Mac佐藤:見た目とのギャップが大きいですよね。上半身だけ見るとかわいらしい少年で、体つきもたくましくはないのに、手にしているのは巨大な斧という。

コール:顔だけ見るとショタ系の甘いマスクなのに、能力的にはバーサーカー系という、ある意味で新ジャンルなんじゃないかと!

 ただ、個人的には、斧を持っているんだったらもっとゴツい感じじゃないと、っていうイメージがあって、あまり好みではないというか……。

ハチ:そのギャップがいいんです! あとは短パンだったら完璧でした!

そみん:そっちか(笑)。まあウィルは鬼ビ人のなかでは、女性受けが良さそうな感じはするけど。

 ギャップに萌えられるか萌えられないかというところで、好き嫌いが分かれるかもしれないね。

能力チェック:斧を振り回す広範囲攻撃が強力。生存能力も高め

そみん:能力的には斧をブンブン振り回すバーサーカーみたいな感じで、強いし面白いよね。

Mac佐藤:斧の攻撃速度は遅めなんですけど、攻撃範囲が広くて敵を大きく吹っ飛ばせるんですよね。

 多少スキが大きくても敵に近寄られる前に倒せるので、パワータイプの割には使いやすかったです。

ハチ:確かに攻撃後のスキは大きいけど、そんなに気にならないんですよね。

 攻撃力が高いのも魅力で、弱い敵に囲まれても振り回しているだけですぐに蹴散らせて気持ちよかったです!

コール:技も意外と攻撃範囲が広いものが多くて、ヒット数は少ないけど一発のダメージがでかいのがいい感じだね。

Mac佐藤:溜め入力ができるようになるサポート技の“バーサーク”を取ると、さらに威力がアップしますしね。

 ただ、溜め入力中にひるまなくなる技があるとはいえ、なかなか最大まで溜めている余裕はありませんけど(笑)。

  • ▲オススメ技はカラミティ。ウィルが近くの敵を吸い込みながら回転攻撃します。技使用中もカガチが通常攻撃を行えるので、さらにダメージを与えられます。

そみん:ガードに関してはどうかな。自分はあまり使わなかったけど。

ハチ:ダメージを減らせるのはありがたいんですけど、それなりにくらってしまうので結構痛いんですよね。

Mac佐藤:だったら回避したほうがいいよね、みたいな。もうちょっとダメージを防げると良かったんですけど。

そみん:基本は殴られる前に大ダメージを与えて倒すというタイプだと思うので、そういう意味ではあまり使いどころがなかったという感じかな。

コール:ガード系のサポート技をしっかり修得していけば、意外と使えそうな気もするけどね。

 特にガード中は戦闘不能にならなくなるという技は、かなり便利なんじゃないかな。

ハチ:あと、鬼哭中だけですけど戦闘不能になるダメージを受けても一度だけHP1で耐えるというサポート技も便利ですよね。事故死を減らせるので安心して戦えます。

Mac佐藤:ちなみに技奥樹なんですけど、最初は修得できる技が3つしかなくて驚きました。え、これだけ!? みたいな(笑)。

そみん:他の鬼ビ人と比べると、ウィルの技奥樹は特殊な感じだよね。1つめの記憶を解放すると一気に20個近くの技がオープンするので、まずは記憶を見ないと始まらないという。

コール:そのあともすぐ2つめの記憶を解放できて、それでさらに10個以上オープンするんだよね。

ハチ:一気に修得できる技が増えるので、何を修得しようかしばらく悩んでしまいました(笑)。

そみん:そんなウィルですが、みんなの評価はどんな感じ?

ハチ:私はウィル推しです! 使っていて楽しかったです。キャラクター的にも好きなので、9点でお願いします。短パンだったら10点だったんですけど!

そみん:やっぱりそこかい(笑)。自分は8点かな。戦闘不能を回避する手段がいろいろとあって、事故死を減らせるというのはいいかもしれない。

 バーサーカー系なのに死ににくいというのはなんか不思議な感じもするけど、そこがウィルの優しさなのかもしれない! ……ちょっと適当だけど(笑)。

Mac佐藤:僕はガード系のアクションがあまり好みではないんですよね。

 ザコに対してはかなり強いけど、ボスだといまいちうまく立ち回れなくて……まあ自分が下手なだけかもしれませんけど。とりあえず7点くらいですかね。

 ただしウィルは、他のメンバーにも効果がある常時発動系のスキルがけっこう優秀なのもポイント。

 攻撃が当たった時に確率で、敵を強制的に怯ませたり、防御力を下げたりできる。さらに常時攻撃力をアップさせるものまで修得できます。それらを加味すると+1~2点といった感じで。

コール:パワーキャラ自体は好きで、確かに使っていて楽しいんだけど、いかんせん見た目が(苦笑)。ガタイのいいおっさんみたいなキャラだったら良かったんだけど。

Mac佐藤:それじゃガウォードとかぶっちゃうじゃん(笑)。

コール:まあ、そんなせめぎあいもあるので……うーん、7点かな。

 なんて言いつつ、他のメンバーにも効果がある常時攻撃力アップはかなり便利だから、なんだかんだパーティに入れることもあるんだけどね。

【座談会メンバーのウィルの評価:31点】
Mac佐藤:7点
コール:7点
ハチ:9点
そみん:8点

【主なアクション】

アクション 効果
ヘルスラム 信頼関係があるからこそ可能な捨て身の突撃を鬼ビ人が行う。
デッドエンド 鬼ビ人が敵を打ち上げたところに合わせて、勢いよく斬りつける。
カラミティ 鬼ビ人が回転しながら連続攻撃する。敵を吸い込む効果がある。
デスペラード 敵の眼前まで間合いを一気に詰めて防御してようと力の限りぶっ叩く。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税