伝説のクソゲー『たけしの挑戦状』が舞台化

電撃オンライン
公開日時

 ヨーロッパ企画メンバーによる舞台“たけしの挑戦状 ビヨンド”が発表されました。

  • ▲1986年に発売されたファミコン版のパッケージ写真

 “たけしの挑戦状 ビヨンド”は、1986年にファミコンソフトとして発売された『たけしの挑戦状』を舞台化したもので、ニッポン放送の開局65周年を記念した公演となっています。『たけしの挑戦状』は理不尽すぎるゲーム内容からクリア不可能、クソゲーなどと呼ばれており、2017年にはアプリ版が配信されています。

 ちなみに、電撃オンラインではアプリ版の攻略記事を掲載しているので興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 ヨーロッパ企画の公式サイトには作・演出を上田誠さんが担当することや、2020年4月に東京・紀伊國屋ホールで開催される他、大阪・名古屋・広島・高知での公演も発表されています。

 また、“たけしの挑戦状 ビヨンド”の公式サイトも公開されており、“きむっけ゜せあっ”という謎のワードが記載されています。どのような意味が含まれているのか、今後の発表を待ちましょう。

  • ▲画像は公式サイトをキャプチャーしたもの。

(C)TAITO CORPORATION/ビートたけし 1986, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.