アニメ『うちの娘。』8話でラティナはマーヤと一緒に過ごすが……

電撃オンライン
公開日時

 放送中のTVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第8話“青年、故郷に着く。”のあらすじと先行カットが公開されました。

 本作は、ホビージャパン50周年記念アニメ化作品として、小説家になろう発の大ヒット小説をアニメ化したものです。

ストーリー

 デイルの親戚であるエーゼフに案内され、獣人族の村を訪れたデイルとラティナ。そこでラティナは、ヨーゼフの娘であるマーヤに懐かれ、数日ほど一緒に過ごすことに。年下であるマーヤに対して、お姉さんのようにふるまうラティナ。

 だが、デイルの故郷へ向かうため、ラティナはマーヤとお別れをしなければならなくなり――。





アニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』作品概要

放送情報
TOKYO MX:毎週木曜日23:30より
BS11:毎週木曜日23:30より
北陸放送:毎週金曜日25:55より
長崎文化放送:毎週月曜日25:55より
とちぎテレビ:毎週水曜日23:00より
AT‐X:毎週金曜日21:00より(リピート放送:毎週月曜日13:00より/毎週水曜日29:00より)
J:COMテレビ:毎週土曜日25:00より
配信
U-NEXT:毎週木曜日23:30より地上波同時・独占配信(各話配信開始から1週間はU-NEXT会員でない人でも無料で視聴可能)

スタッフ(敬称略)
原作:CHIROLU
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクター原案:景・トリュフ
デザイン協力:ほた。
キャラクターデザイン・総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂
プロップデザイン:大久保富彦、児玉萌、大場優子、小池瞳子
色彩設計:渡辺亜紀
美術監督・美術設計:柴田聡
撮影監督:山根裕二郎
編集:小峰博美
音楽:横関公太
音響監督:土屋雅紀
アニメーション制作:MAHO FILM

キャスト(敬称略)
ラティナ:高尾奏音
デイル:岡本信彦
ケニス:小山剛志
リタ:沼倉愛美
クロエ:桑原由気
シルビア:高野麻里佳
ルディ:田村睦心
マルセル:広瀬ゆうき
アントニー:福原かつみ

(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会