【ハード番長】PS4用新型コントローラ『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』を体験

黒船Mk-II
公開日時

 周辺機器や電子機器など、さまざまなものを雑多に紹介する“ハード番長”。今回は9月6日発売予定Bigben Interactiveが製造する、PlayStation(R)4オフィシャルライセンス商品『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』をレポートしていきます。

 『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』は、プレイヤーの可能性を引き出すeスポーツ仕様のコントローラー。ボタン、スティックのカスタマイズや、PCによるプロファイル設定が可能です。

 以前に紹介した『レボリューション プロ コントローラー2』と比べると、向こうがスタンダードモデルだとしたら、こちらはハイグレードモデルという印象を受けました。

 以下で、本商品の特徴を具体的に紹介していきます。

 本商品の特徴の1つは、ワイヤレスモードを搭載していること。個人的には有線接続でプレイすることが多いのですが、繊細な入力が求められないタイトルでフリーに使いたい、映像を見る際にコードを外して使いたいなど、場合によっては無線で使うことがあります。

 今回ワイヤレスモードで某剣劇対戦ゲームをプレイしたのですが、遅延を感じることはありませんでした。有線接続同様にコンボは決まりますし、自分の思った通りにキャラクターを操作できました。トップクラスのプレイヤーのように数フレームを気にする人は無線で遊ぶことは少ないのかもしれませんが、気軽にプレイするのであれば問題ないと感じました。

 ワイヤレスモードはUSB BluetoothのレシーバーをPS4本体にとりつけるだけと簡単。最大7メートルまで受け付けるとのことで、豪邸に住んでいる人も安心です。

 また本コントローラーには、Audio設定ボタンが追加されています。ボイスチャットをしながらプレイする人にとって、ボリューム調整やミュートを手元で操作できるのはメリットかと。


 『レボリューション プロ コントローラー2』と比べると、背後コントロールの位置が変更されています。今回はグリップ部分にあるため、押しやすくなったと思います。むしろ、押しやすい場所にあるため、力を入れた際に押してしまうこともありそうですが、そこは好みだと思われます。


 スティックヘッドを凸型、凹型を含めて2タイプから選べるのも特徴。外す際はヘッドの部分に力を加えるだけと、イージーに変更できます。自分は凹みがあったほうが好みなので最終的に戻したのですが、こちらも選べるのはグッド。


 さらにスティックシャフトについても変更できるように。30°、38°、46°からチョイス可能。スティックを倒した際に最大角度、ふり幅を簡単に調整できます。



 前回も可能であったウェイトによる重量調整は、工具を使わずにできるようになっています。グリップ部分を下にスライドさせると、おもりを入れる場所が露出するので、そこにはめてグリップを戻すだけ。おもりは10g、14g、16gが各2個あります。


 PCアプリを使用することで、スティックの感度の設定も可能。反応する範囲を変更するだけでなく、デッドゾーンを設定することもできるように。Y軸逆転や、左右のスティック変更なども可能で、さらに自分好みの調整を行えるかと。また、テストエリアですぐに確認できるのもありがたいですね。

 他に比べるとやや地味な変更点ですが、方向パッドが変更され、大幅に操作しやすくなりました。昨今、使われる機会が減っている方向パッドですが、使いやすいに越したことはないです。


 また、L1/R1ボタン、L2/R2ボタンが光沢のあるツルツルとしたパーツから、押しやすいタイプになっています。さらに、グリップはすべりにくいラバー素材となり、握りやすさがアップ。使っていくとなじむタイプなので個人的にあまり気にしていなかったのですが、今回さわってみて明らかに安定性が増していると感じた部分です。


 専用ハードケースに入っているため、コントローラーを持ち運ぶ際にも便利です。個人的には3メートルという長さのUSB-Cは便利なので、評価ポイントの1つとなっています。

 実は『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』は海外で発売された際に、並行品の海外モデルを日本で買うと約28,000円という、値段の面では評判がよくなかった商品です。今回、国内販売が決まったと聞いた際にも「よくなっている部分はあるが、値段がやや高いのがネックではないか」と思っていました。

 しかし、ふたを開けてみると、『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』の値段は17,980円(+税)。『レボリューション プロ コントローラー2』が12,000円(+税)だったことを考えても、いいバランスとなっています。

 カスタマイズしやすくなっている点、ヘッドフォン回りやボタン周りの変更・改善点があります。さらにワイヤレスモードがあり、グリップ素材やボタンがよりよくなり、高級感もアップしています。

 一方で、普段から周辺機器にそこまでお金をかけない人からすると、カスタマイズできるとはいえ、単純に値段が気になるのも事実。そのような人には、少し手に取りやすい『レボリューション プロ コントローラー2』がいいかと。

 より操作性を突き詰めたい人、新しいプロコントローラーを探している人にオススメです。

(C) 2019 NACON(TM). All Rights Reserved