iPhone 13 mini開封。同じブルーでも12と色味が違う!

kent
公開日時
最終更新

 Appleより、本日9月24日から“iPhone 13”シリーズが発売されました!

 筆者は“iPhone 12 mini”を下取りに出して、“iPhone 13 mini”を購入したので、実際に開封して“iPhone 12 mini”との違いなどを確認してみます。

 スペックやサイズなどの違いは別記事で紹介しています。

iPhone 13 mini開封!

 前回はキャリアでの予約かつプラン変更などもあったので店頭受取でしたが、今回は郵送にしてもらい、朝10時頃に“iPhone 13 mini”が到着。

 箱を開けると、本体以外は充電ケーブルやSIMピンなど必要最低限のアクセサリーが入っていました。

 今回の“iPhone 13 mini”は、A15チップが搭載されていることに加えて、カメラ周りの機能が向上しており、シネマティックモードという機能が追加されています。

 そのせいなのかは定かではありませんが、デュアルカメラが斜めに付けられています。

 見た目や形はほぼほぼ一緒なので、カメラが斜めになっているかどうかしか見分けはつきませんね(笑)。

 ちなみに、“iPhone 12 mini”と比べてみるとこんな感じ。

 見比べると、カメラの違い以外に色味が変わっていることが分かりました。

 筆者は、“iPhone 12 mini”も“iPhone 13 mini”も同じブルーを選択しましたが、そもそものブルーの色味が今回は変わっているようです。

 個人的には、淡い色味の“iPhone 13 mini”の方が好きなので良かったです!

 起動もしてみました。“iPhone 13”シリーズは先日配信された“iOS 15”が標準となっているので、いつもの「HELLO」も“iOS 15”のデザインに。

 前面側の違いとしては、“iPhone 13”シリーズの方がフロントカメラ部分のノッチが狭くなっています。

 フィルムなどを新しく購入する際は、“iPhone 13”用のフィルムを買わないとノッチ部分の幅の違いで困るかもしれないので注意しましょう。

関連する記事一覧はこちら