『モナーク/Monark』“暴食の契約者”である館凌太郎の出会いイベントをプロデューサーコメントとともに紹介

カワチ
公開日時

 10月14日発売予定のPS5/PS4/Switch用ソフト『モナーク/Monark』の特別企画。バディとなる館凌太郎のイベントを実際のゲームプレイを通じて紹介します。

館 凌太郎

声優:坂泰斗


 新御門学園高等部2年生の傲岸不遜な少年。破天荒な武勇伝の数々を持つ学園の有名人で、プレイヤーに“暴食の契約者”であることを隠さず接近してくきます。

 館グループという旧財閥系企業の御曹司ですが、家柄を笠にきた横柄さはなく、雄々しい野性味を放ち、ある種のカリスマ性を持っています。

第一部 館 凌太郎編 因果粛清病理

 凌太郎は主人公が本校舎を抜けられるようになったあと、2年生の校舎に向かうことで出会えるキャラクター。

 油断していた主人公が理性を失った学生たちに襲われたところを助けてくれるのが凌太郎。

 居合わせた保険の先生に「君ならもっとスマートに対処できたんじゃないの?」と聞かれる凌太郎ですが、「命という字は一叩きすると書く」と反論。野性味あふれる人物であることがわかります。


 その後、主人公から事情を説明された凌太郎は2年生校舎を案内する役目を引き受けます。主人公に握手を求めますが、権能同士の干渉が起き、凌太郎は主人公が契約者であることを悟ります。





 主人公が契約者であることを認めると、彼も自分が暴食の契約者であることをあっさりと打ち明けます。

 学園をもとに戻したいという主人公に対し、凌太郎は権能を失うわけにはいかないと語ります。

 しかし、二年生校舎に奇病を蔓延させている能力者がおり、その能力者を倒すまでは協力関係を結ぶことになります。


 校舎に入ると病で苦しむ生徒たちと、そんな生徒たちを同情する教師・妻夫木疾風が。


 凌太郎は無視して進もうとしますが、疾風は「なんとも思わないのか?」と呼び止めます。


 「祈りでひとは救えねぇよ」と先へ進む凌太郎。彼は主人公に疾風が亡き祖父の友人だったことを明かし、2年前に戻ってきてから様子がおかしいことを打ち明けます。




 はたして真実は……。続きはぜひゲームをプレイしてみてください。

 なお、凌太郎をバディにした状態で部室に戻ると、凌太郎が始業式を抜け出して1年間も海外を放浪していたことなどが判明します。破天荒だな~!



プロデューサー林風肖さんからのコメント

 館凌太郎はチェスの「ルーク」がモチーフのキャラクターです。己のエゴに従い、まっすぐに我道を行くその生き様はまさに「ルーク」。漢という言葉の似合う人間です。

 また、契約者である彼は「暴食」という単語をテーマにした人間性やバックストーリーを持ちます。「モナーク/Monark」における「暴食」という欲求の定義は「吸収し成長しようとする意思や欲」となっています。

 「暴食」の理由や、そのちからをもって彼がなにを"凌駕"しようとしているか。それは、その運命に寄り添うことができれば明かされます。


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。


© FURYU Corporation. / Developed by LANCARSE Ltd.

関連する記事一覧はこちら