News

2015年3月18日(水)

『魔王(ニーア)』では魔王の城も再現。『サガ』関連2曲が無料配信中の『シアトリズムFFCC』DLCレビュー

文:そみん

 スクウェア・エニックスから好評発売中の3DS用ソフト『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』で、3月18日に配信された追加楽曲のレビューをお届けします。

 『Sa・Ga2 秘宝伝説』の『死闘の果てに』と『ロマンシング サ・ガ3』の『四魔貴族バトル2』の2曲は、本作を楽しんでくださっている皆様への感謝を込めて3月31日(火)までの期間限定で無料とのこと。ぜひこの機会にダウンロードして遊んでみてください!

→『サガ』ファンによる『サガ』関連楽曲の思い出記事はこちら

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 今回の配信は“2nd Performance”と銘打たれ、『FF』シリーズのみならず、さまざまな人気タイトルの曲も登場していることが特徴です。11月に配信された『ブレイブリーデフォルト』の楽曲も、この“2nd Performance”の一環となっています。価格は各曲150円(税込)です。

 このレビューをお届けするのは、『シアトリズムFFCC』の全曲レビューを担当しているそみんです。今回は思い出深い『Sa・Ga2 秘宝伝説』のバトル曲などが配信されて大満足です! しかも3月31日までは無料ですしね。

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』 『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 配信された曲は、音楽的なクオリティの高さはもちろんこと、背景グラフィッに力が入っているものも多いです。特に『クロノ・トリガー』の『時の回廊』や『ニーア』の『魔王』は小ネタが詰まっているので、ぜひすみずみまでチェックしてニヤリとしてもらえればと思います。

 “2nd Performance”の展開は今回で最終回とのことですが、もうすぐ『シアトリズム ドラゴンクエスト』も発売されますし、まだまだ末長く『シアトリズム』シリーズを楽しむことができそうです。まだ『シアトリズムFFCC』の実績もいくつか達成できていないので、それも含めて気長に遊ぼうと思います!

【3月18日配信の追加コンテンツ】
・real Emotion[BMS](ファイナルファンタジーX-2)
・死闘の果てに[BMS](『Sa・Ga2 秘宝伝説』)
・四魔貴族バトル2[BMS](ロマンシング サ・ガ3)
・ボス・バトル2[BMS](クロノ・トリガー)
・時の回廊[FMS](クロノ・トリガー)
・Meridian Child[FMS](聖剣伝説2)
・魔王[BMS](ニーア ゲシュタルト&レプリカント)
・鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳[FMS](ライブ・ア・ライブ)


●real Emotion[BMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 倖田來未さんが歌うテーマソングで、オープニングにも使われています。明るくテンポがいい曲で、PVなどで初めて聴いた時はユウナの雰囲気とちょっと違っていて、驚いた記憶があります。ゲームを遊んだら、ルブランが演じる偽ユウナで二度びっくりしたこともいい思い出です。


●死闘の果てに[BMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 GB『Sa・Ga2 秘宝伝説』のボス戦の曲。イントロから盛り上がりまくりで、何ループ聴き続けても聞き飽きない神曲かと。とにかく思い出深い曲ですが、個人的にはアポロンの「きたぞ きたぞ!」のセリフとともに音楽が切り替わるシーンが印象深いです。

 『シアトリズムFFCC』の背景グラフィックには最終防衛システムらしきものが描かれており、クライマックス感を味わいながら遊べます!


●四魔貴族バトル2[BMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 SFC『ロマンシング サ・ガ3』の四魔貴族の本体とのバトル曲で、グゥエインとともにビューネイと戦うシーンでもおなじみです。1分近い長めのイントロは『シアトリズムFFCC』でもしっかりと収録されており、エレキギターをたっぷりと堪能できます。

 そして本メロに入った後のロックな曲調もかっこよすぎ! 『シアトリズムFFCC』ではちょうど召喚獣の演出のあたりから本メロに入るので、とてもノリノリで遊べますよ。


●ボス・バトル2[BMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 SFC『クロノ・トリガー』の特殊なボス戦曲。“タ・ター・タータタタター”という勇ましいイントロから始まる名曲で、三魔騎士(グレートビネガー、スーパーソイソー、スーパーマヨネー)との最終決戦などが思い出されます。

 重厚ながらも熱いメロディが詰まったバトル曲で、普通のボス敵よりも強大な敵と戦っている実感を味わえる曲となっています。


●時の回廊[FMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 SFC『クロノ・トリガー』の古代でのフィールド曲で、『シアトリズムFFCC』ではちゃんと専用の背景グラフィックが用意されています。魔法王国ジールならではの浮遊大陸が再現されている他、黒鳥号らしき乗り物まで用意されています。

 その流れでシルバードというか、スカイ・ダルトン・ギョクーザを思い出してニヤリとしちゃいますね。音楽的には、古代といっても古い感じではなく、逆に超古代文明を思わせる神秘的な曲調となっており、聴いていると心が落ち着く名曲だと思います。


●Meridian Child[FMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 SFC『聖剣伝説3』のゲーム開始直後のプロローグ曲。曲名を直訳すると“子午線の子”というわけで、前作『2』の名曲『子午線の祀り』を感じさせる部分もあります。

 とにかく雄大な感じで、プロローグというより、むしろエンディングのスタッフロールを思い浮かべてしまうような曲となっています。


●魔王[BMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 PS3『ニーア レプリカント』、Xbox 360『ニーア ゲシュタルト』の最終ボスの曲。ネタバレになるので深くは語りませんが、あんなに辛い戦いは人生の中でもそうそう出会えるものではありませんでした。特にマモノの言葉が表示される2週目は、もう……。

 『シアトリズムFFCC』の背景グラフィックは魔王の城が再現されていて、これまたグッときます。4分近くある長めの曲ですが、後半から曲調が一転してめちゃくちゃ熱くなるところもポイントです!


●鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳[FMS]レビュー

『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』

 SFC『ライブ・ア・ライブ』の功夫編のメインテーマ。いわゆる中華な感じでとても雄大な曲ですが、時折カンフー系の熱いフレーズも入っている名曲です。

 功夫編は3人の弟子から1人を選択するシナリオで、後半に待ち受ける悲しい展開とあいまって、この曲も非常に印象に残っています。


『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』 『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』
▲『Sa・Ga2 秘宝伝説』の『死闘の果てに』と『ロマンシング サ・ガ3』の『四魔貴族バトル2』の2曲は、3月31日までの期間限定で無料!

(C)2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by indieszero Co.,Ltd.

データ

▼『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール シアトリズム エディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年4月24日
■希望小売価格:23,000円+税
 
■『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール シアトリズム エディション』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年4月24日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■配信日:2014年4月24日
■価格:4,444円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。