『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』名言・迷言5選Part2(みたま、ももこ、みふゆなど)

長雨
公開日時

 電撃オンラインでは、アニプレックスのiOS/Android用RPG『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』の名台詞集を連載中です。

 本作はMagica Quartet原作の大ヒットアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の世界で、新たな魔法少女たちがさまざまな物語をつむぐスマートフォンゲームで、2020年1月にはテレビアニメ放送も控えています。

 ゲーム内に登場する魔法少女たちは『魔法少女まどか☆マギカ』でキャラクター原案を務める蒼樹うめ先生が総勢10キャラ以上を描き下ろし!

 また、ゲーム内に登場する魔女監修を劇団イヌカレー(泥犬)先生が、アニメーションの制作をシャフトが、それぞれ担当しています。

 この記事では、主人公である環いろはをはじめ、みかづき荘のメインメンバーを中心にした名言や迷言を紹介します。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

それじゃあ、服は脱いで、そこの寝台に横になってねぇ(みたま)

 ここでは、調整屋として魔法少女たちをサポートしている八雲みたま(声:堀江由衣)のセリフをお届けします。

 みたまは神浜町の外れで調整屋を営んでおり、魔法少女ではありますが自ら戦うことは滅多にありません。

 町に来たばかりの環いろは(声:麻倉もも)にも笑顔で親切に接してくれる人物ですが、彼女が何者か知る人は少ないとか……。
 

 彼女は、ショップやガチャなどで、ユーザーのこともサポートしてくれる頼もしい人物。ガチャで仲間にするとパーティメンバーとして使用可能になり、戦っている姿を見ることができます。魔法少女のなかでも特殊な無属性のキャラクターです。

 周囲よりも魔女が強い神浜町で活動するためには、調整屋の存在が必要不可欠。十咎ももこ(声:小松未可子)の案内で、いろはもみたまの調整を受けることになりました。

 ももこの名前を知っていたり、いろはが新顔だと気がついたり、彼女はしっかりとお客さんの顔を覚えるタイプのようです。

 ただし、常連さんでもきっちりお代をいただくシビアな商売人の顔もある模様。

 魔法少女たちはさまざまな能力を持っていますが、みたまの力は“ソウルジェムに触れて相手の力を引き出す”というかなり異質なもの。

 とってもすごいことなのですが本人はいたってのんびりとしており、そう思わせないのも彼女の魅力の1つですね。

 早速みたまの能力を体験することになったいろはですが、服を脱ぐように言われてしまい……。いろはも素直なので、一瞬真に受けてしまうんですよね。

 これから待つ未知の体験に緊張するいろはをリラックスさせるためか、はたまた純粋に自分が楽しむためか、本気かウソかわからない冗談を言うのもお茶目です。

 しかし、仕事のことになると表情は真剣なものに。みたまはソウルジェムを触れることで、その人物の過去が見えてしまうといいます。つまり、彼女は神浜町の魔法少女たちの秘密を抱えた存在でもあるんですね。

 過去を知られるというリスクがあっても魔法少女たちがみたまのもとを訪れるのは、能力が便利というのはもちろん、彼女が口外することはないと信頼しているからこそなのかもしれません。

 いろはのソウルジェムに触れたみたまは、気になる発言をします。果たして彼女は、いろはのどんな過去を見たのでしょうか?

 ちなみにみたまは、その朗らかな雰囲気とは裏腹に、実は壮絶な過去が……。それはまた、別のお話ということで!

ワタシの前にいるのは以前のやっちゃんです…(みふゆ)

 ここでは、心優しい“マギウスの翼”の幹部・梓みふゆ(声優:中原麻衣)に注目します。

 みふゆは七海やちよ(声優:雨宮天)の幼なじみで、彼女と7年間一緒に活動していたパートナーでした。魔法少女としての能力の衰えを感じ、女性としての幸せを求めて“マギウスの翼”に加わりましたが、今でもやちよのことを大切にしているようです。

 とても優しい性格で、そのために判断を誤ることもあるとか……。

 やちよに会うために、みふゆはみかづき荘を訪れます。慌てる住人の環 いろは(声優:麻倉もも)に対して、客人のみふゆは堂々とくつろいでいて……。

 いくら勝手知ったる場所とはいえ、敵対するチームの拠点に1人で現れるのはかなり大胆!

 みふゆが、やちよたちならば大丈夫だと信じているからこそできる行動でしょう。

 無駄な争いを避けたいと考えている穏健派のみふゆは、いろはたちも“マギウスの翼”に入ってもらいたいと考えています。

 しかしいろはは、魔女やウワサを守ることで犠牲者を出している“マギウスの翼”の方針を拒絶して断ります。

 すると、みふゆは理解を示しつつ、言葉たくみに「魔法少女の解放とは何かを学ぶ講義」に誘い、参加の約束を取りつけるのでした。

 彼女の柔らかな雰囲気や穏やかな言葉は、聞いていると思わずうなづいてしまいたくなる不思議な魅力があるんですよね。

 ついつい参加を決めちゃった、いろはの気持ちがよくわかります。

 みかづき荘に戻って来たやちよや、かつて一緒に活動していた由比鶴乃(声優:夏川惟菜)から“マギウスの翼”を抜けることを期待されるみふゆ。とっても、慕われていた存在だったんですね。

 しかし彼女の意思は固く、逆に鶴乃たちを勧誘してくるほど!

 帰り際にみふゆはやちよを呼び出し、「1年前の誓いを思い出してください…」と警告します。

 1年前に起こったある事件がきっかけで、やちよは仲間を作らず1人で戦うことを選び、みふゆも違う道を選びました。

 やちよが「仲間ではなく協力関係」だと主張して隠している気持ちでも、彼女をよく知るみふゆには心の変化がわかってしまうようです。

 みふゆの言葉には責めているというよりも、気づかっているような色があり……。

 1年前にみふゆたちに何が起こったのか、そして何を誓ったのか、ぜひ皆さんの目で確かめてください。

感謝するべきときは誰だろうとちゃんとするさ(ももこ)

 ここでは、姉御肌な魔法少女・十咎(とがめ)ももこ(声優:小松未可子)をクローズアップ!

 十咎ももこは男兄弟にはさまれて育ったため、ざっくばらんな性格の持ち主で、新米魔法少女たちのピンチを助けてくれる頼もしい先輩魔法少女です。

 しかし実はぬいぐるみが好きだったり、女性アイドルのファンだったり、意外な一面も! 魔法少女として戦うカッコいい姿と、年頃の女の子らしいギャップも魅力的ですね。

 あるとき、同じチームで活動している秋野かえで(声優:大橋彩香)と水波レナ(声優:石原夏織)が喧嘩し、かえでが行方知れずになってしまいます。

 ももこはいろはと一緒に彼女を探すなかで、神浜町で広がっているウワサ“絶交ルール”、そして絶交階段のウワサがかかわっていることを突き止めるのでした。

 元凶であるウワサを見つけたももこは、かえでだけでなくレナまで洗脳されそうになっていることに怒りますが、強力なウワサを相手に苦戦することに……!

 遅れて結界内に現れた七海やちよ(声優:天宮 天)から、かえでが安全に保護されていることを聞いたももこは、彼女にお礼を言います。

 その素直な言葉に驚くやちよに、ももこは感謝すべき人にはちゃんとすると答えるのでした。

 どんな場面でもどんな相手でも、助けてもらったらお礼を言えるももこは本当にいい子です!

 また、いつもはリーダーとして周囲から頼られる立場のももこですが、年上のやちよに対しては、素直に敵の攻略方法を聞くなど、7年前から魔法少女として戦っているやちよには珍しく頼っている様子を見ることができます。

 しかし、やちよの反応は彼女をからかうもので……。2人の関係性がのぞける会話は、敵とのバトル中ではありますが、少しほっこりしてしまいますね。

操られたときにやちよさんにやられた足が…(かえで)

 ここでは、自然を愛する友だち思いの魔法少女・秋野かえで(声優:大橋彩香)に注目します。

 かえでは家庭菜園をしていたり、動物を飼育したり、動植物を愛でる慈しみ深い魔法少女。

 心配性で怖がりですが、チームももこの仲間である十咎ももこ(声優:小松未可子)や水波レナ(声優:石原夏織)のためなら、どんな困難にも立ち向かう芯の強さを持っています。

 かえでとレナは、喧嘩するほど仲がいい関係。しかし彼女たちはレナのある言動が原因で、絶交を撤回して謝った者を連れ去る“絶交階段のウワサ”に巻き込まれてしまいます。

 リーダーのももこたちや環いろは(声優:麻倉もも)に救われた2人は、素直じゃないレナの心からの謝罪やお詫びの極上スイーツのおかげで、さらに固い結束で結ばれるのでした。

 レナの家庭菜園での悪行やかわいいペットたちに対する悪態を聞いても、全部受け入れるかえでは懐が深く、本当にレナが大好きなんだという気持ちが伝わってくるようです。

 チームももこのメンバーは、救出の手助けをしてくれたいろはへのお礼として、彼女の妹を一緒に探すことにしました。

 かえではレナの変身能力を使って、いろはが求める病院の記録を探ることを提案。リスクの高さから完全拒否するレナですが、今回の事件で負ったかえでの怪我がタイミングよく(?)痛み出して……。

 「絶交って言いださなきゃ…」とレナの良心に訴えかけ、断れない状況を作っていくかえでがお見事です! レナはかえでの思惑通り、病院に潜入することになるのでした。

 振り回されているように見えて、実はレナに一歩も負けないかえでの強さが感じられます。

レナのこと、許さないってことになるんだからね?(レナ)

 ここでは、素直になれない水波レナ(声優:石原夏織)の不器用だけどかわいいセリフをご紹介します。

 勝ち気でツンツンしているのは、自信のなさを隠すための仮の姿! 本当はチームメンバーの十咎ももこ(声優:小松未可子)、秋野かえで(声優:大橋彩香)を大事にしているいい子です。

 不器用で誤解されがちですが、自分の間違いをちゃんと謝れる誠実さを持っています。

 レナとももこのチームに、新メンバーのかえでが加入することになりました。レナは「とろそう」と、最初は彼女を突き放してしまいますが、ちゃんと反省して仲間として受け入れます。

 しかしちゃんとした歓迎の言葉が言えず、「下僕になればっ!?」と言ってしまうのがレナらしいところ。それを嬉しそうに受け入れるかえでに、ももこも呆れ顔でツッコミを入れます。

 最初から戦闘でも抜群のチームワークを見せていましたし、彼女たち3人はとてもバランスがいい関係なんですよね。

 ある日、ゲームセンターで遭遇したレナとかえで。1500円かけてもお目当てのものが取れず引くに引けなくなっていたかえでに、「クレーンゲームで破産するヤツの典型ね」と辛辣な言葉をレナは投げかけます。

 ……なんとも耳に痛い正論です。

 そんな素っ気ないことを言いつつもレナは、かえでが欲しがっていたものを代わりに取り、「お詫びの粗品」と言ってプレゼントします。

 お詫びなのに「受け取らなかったらレナを許さないことになる」と、かえでを追い込むようなことを言ってしまうのが本当に不器用です。

 それだけ、自分のことを受け入れてほしいという気持ちの表れでもあるんですが……。

 お詫びの粗品をかえでがもらってくれたことで、2人の距離はグッと近いものになります。一緒にクレーンゲームを遊ぶ姿は、友だちそのもの!

 ここから彼女たちは、喧嘩するほど仲がいいステキな関係を育んでいくことになるのでした。

『マギレコ』企画記事 バックナンバー

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金