『マインクラフトアース』の正式リリースはいつ?

イナヤ マギ
公開日時
最終更新

 発売から精力的にアップデートを行い、未だ進化し続ける大人気サンドボックスゲーム『Minecraft(マインクラフト)』。最近はその世界観をベースにしたアプリやゲームが発売されています。

 そんな魅力的な『Minecraft』シリーズのタイトルについて、開発元であるMOJANG STUDIOSのHelen Chiangさんにインタビューをしましたので、3回に渡ってお届けします。

 今回は、iOSとAndroidで配信中の現実拡張(AR)ゲーム『Minecraft Earth(マインクラフトアース)』の開発の経緯や開発で苦労したポイントなどをお聞きしました。

『マインクラフト』『マインクラフト ダンジョンズ』のインタビュー記事も掲載しています。

現実世界のあらゆる場所で『マインクラフト』を実現可能にするゲーム

――『マインクラフト アース』の開発のきっかけや経緯を教えてください。

 まず『マインクラフト』チームは、大規模且つ活発で情熱的なプレイヤーのコミュニティがあることを非常に嬉しく思っています。

 また、プレイヤー同様に、私たちも 『マインクラフト』を愛しており、さらに多くの『マインクラフト』を提供する方法を見つけようと努力しています。

 私たちはしばらく前から『マインクラフト』 の世界を広げたいと思っていました。『マインクラフト』自体の開発を止めたり、リソースを奪うことなく、コミュニティのために開発できる新しい体験やプロジェクトを見つけて成長していきたいと考えていたのが、開発のきっかけとなりました。

 開発を始めた当初から、クラウドコンピューティングや拡張現実の進歩、高速インターネットを備えた強力なスマートフォンが普及していたため、本作を通じて現実世界のあらゆる場所で『マインクラフト』を実現可能になると思っていました。

 今日に至るまで、私たちは本作のアップデートを続けています。例えば、自分が作ったものを友達に見せることができるビルドプレートの共有機能の追加や、自宅で冒険ができる“アドベンチャークリスタル” などが挙げられます。

――現実拡張(AR)ゲームならではの苦労したポイントなどあれば教えてください。

 スタジオとして初めてのARゲームの開発には、多くの苦労がありました。

 例えば、互換性が挙げられます。AR機能を搭載したすべてのスマートフォンをサポートし、プレイヤーたちにポジティブなゲームプレイを体験して欲しいと考え、今も力を注いでいます。

 早期アクセス中ではありますが、開発は現在進行中であり、プレイヤーの声に耳を傾け、本作のプレイ体験がすべてのプレイヤーにとって楽しく、親しみやすく、魔法のようなものにしていきたいと考えています。

今後も新機能などを定期的にアップデート予定

――本作の正式リリースの予定は決まっているのでしょうか。

 早期アクセス期間中、開発当初から本作に持っていたビジョンを実現するため、たゆまぬ努力を続けてきました。

 正式リリースについて具体的なことは言えませんが、今後何年にも渡って本作ををサポートしていくことを決心しており、エキサイティングなことがたくさん計画されています。

 プレイヤーが現実世界に飛び込んで一緒に構築できるようになったことは素晴らしいことです。早期アクセスでは定期的なアップデートを行い、今後もコミュニティと協力してゲームの体験を向上させていきたいと考えています。

――今後追加予定の新規要素などあれば教えてください。

 本作が早期アクセスとしてリリースされ、アイテムがタップされ、ビルドプレートがビルドされて約8ヶ月が経ちました。

 私たちはこの8ヶ月間を、テスト、ビルド、そしてプレイヤーからのフィードバックの収集に費やし、進化と変化を続ける体験を形にしてきました。

 ここ数週間では、プレイヤーは自宅や裏庭など、どこにいても簡単に冒険を体験することができるようになるアドベンチャークリスタルなどの新機能を追加しました。

 また、チャレンジシーズンやプレイヤージャーナルの更新、ビルドプレートの共有機能の導入も行いました。


 今後も新しいツール、経験、機能を定期的に開発しており、成長を続けていく予定です。

――ありがとうございました。

電撃マインクラフトアースプレイ日記バックナンバー

Mojang © 2009-2019. 「Minecraft」は Mojang Synergies AB の商標です。