【ポケモン剣盾】“冠の雪原”巨人の伝説! レジスチル、レジロック、レジアイスの謎を解け!

終末のバンギア/市野ルギア
公開日時
最終更新

 前回のリポートで、苦労の末“バドレックス”を捕獲した一行。

 せっかくなら、今後の手持ちのメンバーとして起用することに。“たいせつなもの”に入っている“キズナのタヅナ”を使うと、“バドレックス”と“レイスポス”という2匹のポケモンになるのですが、ここはやはり“レイスポス”に乗った状態で一緒に冒険してもらいます。

  • ▲手持ちで2匹のポケモンに分けるには、空きが必要です。

巨人の伝説! まずは“レジスチル”捕獲!

 “豊潤の王”の伝説が終わったので、つぎは“巨人”の伝説を進めます。“バドレックス”の伝説を進めながら、“巨人の寝床”や“雪中渓谷”を隈なく調べていたとき気になる遺跡が3つありました。

 これは、完全に“巨人”の伝説の遺跡だな……と思っていたので、いままではスルーしていたのですが、“フリーズ村”から一番近い“黒鉄の遺跡”へ行くことに。

  • ▲扉はがっちり閉ざされています。

 扉を調べると、なんか音を出せということらしい……。昔からのプレイヤーの私は、これはやっぱり、どこかで“ポケモンのふえ”入手してくるのか!? なんて一瞬思ったのですが、とりあえず素直に口笛吹いてみましたw

 扉はすぐに開き、中に入ると……上に乗ると光る床があります。「あー、全部光らせるのね?」……見れば“レジスチル”の眼? というか顔にある穴? の形に並んでいるので、すべての床を光らせます。

  • ▲お? 奥の像の穴も光った!

 はい! 登場しました。“レジスチル”! “レジスチル”は旧作で何度も捕獲しているので、すでに旧知の仲。

 “モスノウ”で初手“しびれごな(くさ)”で“まひ”を入れて、あとはちびちびとHPを削り、赤になったら盾役のポケモンに変更して、あとはひたすら“タイマーボール”投げ。

  • ▲速攻“まひ”にします。

 結果……さっくりゲッツw “バドレックス”でかなり苦戦したので、なんてアッサリなんだ! とか思ってしまいました。

巨人の伝説! おつぎは“レジロック”を捕獲!

 好調! 好調! と思い……つぎなる箇所へ! 隈なくフィールドを探索していたときに訪れて、そらとぶタクシーが使えるようになっているので移動も楽です。

  • ▲今度の謎掛けは……かわぬイシ。

 “岩山の遺跡”も“レジスチル”のときと同じ要領です。まずは遺跡の扉を開けます。メッセージの指示どおり、手持ちの最初のポケモンに“かわらずのいし”を持たせて、さっくり扉を開きます。

  • ▲光る床も同じ要領で“レジロック”が出現!

 “レジロック”も“レジスチル”と同じ戦略で挑みました。少し違うところは、背景が洞窟なので“ダークボール”でいいかもね? なんて投げたら、その1投で捕まえることができたところw

  • ▲“レジロック”は“ダークボール”でゲッツ♪

巨人の伝説! 3匹目は“レジアイス”を捕獲!

 好調のままつぎへ挑戦! つぎは“雪中渓谷”にある“氷山の遺跡”です。ここのヒントは結構抽象的です。「いのち ある ゆきの けっしょうと ともに あるけ」。

  • ▲ということは……。

 つまり、雪の結晶の形をしたポケモンってことだろうなと。そうなれば“フリージオ”しかいません。ともに歩けということで、手持ちの先頭に入れてみました。いまはポケモンを外に出して歩いていないのですが、それでもしっかりと扉は開きました。

 “フリージオ”は“カンムリせつげん”のいたるところに生息しているので、見つけるのに苦労するということはないです。

 “レジアイス”も要領はほかの2匹と同じです。手持ちも“モスノウ”なので、相手のHPを赤に削るのにも調整しやすかったです。捕獲する戦略も同じ、今回は“タイマーボール”にしました。

  • ▲こちらもサクッと捕獲!

 これで、過去シリーズのレジ系3匹が集まりました! そうなるとあとは“でんせつのメモ2”の4ページ目に書かれている、“三つまたヶ原”の双子の巨人です。こいつは、公式アナウンスされている“レジエレキ”と“レジドラゴ”のことに違いありません!

 次回、捕獲に挑みたいと思います。それでは、今日はこの辺で……近いうちに“ルギア”に出会えることを願って、また次回よろしくお願いいたします。

『ポケモン剣盾』日記バックナンバー

“市野ルギア”プロフィール

 フリーのミュージシャンで編集記者。ゲーム系の編集記者として多くの雑誌やムック、攻略本などを手掛ける。

 ミュージシャン、ギターリストとしても活動しており、多くのオンラインゲームタイトルのBGMコラボを果たしている。

 自身の活動として2019年2月に二面性がコンセプトの音楽ユニット“終末のバンギア”を結成し、電撃オンラインの配信番組のOP曲や特撮系記事のレポーターを担当。

 また、八王子FMのラジオ番組のエンディング主題歌も手掛けた。そのほか、市民発の横浜市18区キャラクター“Yocco18”とコラボした歌や、YouTubeで人気の鹿児島弁をしゃべる“犬おやじ”の動画を企画する“鹿児島弁ラボ”とコラボした歌なども発表。

 10月31日には、ハロウィンやクリスマスなどのオリジナル曲を収録している2nd Mini Album『祀りのウタ』をリリースする。詳しくは“終末のバンギア”公式サイトを参照。

最新の特撮系レポート記事

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

ポケットモンスター ソード

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター ソード(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド(ダウンロード版)

  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 11,960円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 11,960円+税