【ポケモン剣盾】“冠の雪原”新レジ系レジエレキとレジドラゴどっちにする? 道中でコバルオンも捕獲!

終末のバンギア/市野ルギア
公開日時

 前回、“巨人”の伝説で“レジスチル”、“レジロック”、“レジアイス”を捕まえた一行。いよいよ“でんせつのメモ2”に書かれている“三つまたヶ原”を目指します。

  • ▲ほぼほぼ答えが書いてあるメモw

道中で伝説ポケモンの“コバルオン”を捕獲!

 “三つまたヶ原”は、“巨人の寝床”の先にある“巨人の靴底”から、“ロトムじてんしゃ”を使って川を進んで“海鳴りの洞窟”へ。その洞窟を抜けて“凍てつきの海”へ到着し、海を自転車で渡って迂回した先にあります。

 道中は長いのですが、“てっしんポケモン”の手がかりとなる“足跡”を見つけることができます。目的の“三つまたヶ原”に到着するまで隈なく探せば、双子の巨人が眠るとされる“定めの遺跡”に到着するまでに、手がかりを100%にすることができます。

  • ▲“足跡”は見つけやすいです。

 早速ソニアさんに報告! と行きたいところですが、まずは“定めの遺跡”の扉を調べて、そらとぶタクシーで遺跡にすぐに戻れるようにしておきます。そして、ソニアさんに報告して伝説の“てっしんポケモン”をさきに捕獲することに。

 “てっしんポケモン”とは“コバルオン”のこと。ソニアさんに報告すると“凍てつきの海”にいると教えてもらえます。そらとぶタクシーで遺跡に戻って、そちら側の海から探しました。一番近くの大きな島でウロウロしているのを発見!

  • ▲“ビリジオン”のときと同じようにウロウロしていますw

 “コバルオン”の捕獲も、いままでと変わらず“モスノウ”で“まひ”らせてから、HPを削ってひたすらボール投げ。今回の捕獲時には“あられ”が降っていたので、“コバルオン”のHPが勝手に削られます。

 なのでできるだけ短期決戦にしたい……安全も取ってHP黄色からボール投げを開始。今回の捕獲は夜の時間帯だったので“ダークボール”を使いました。捕獲は、“コバルオン”のHPが赤に削られる前のギリギリ黄色の状態ままゲット!

  • ▲いい感じに楽勝でゲット!

 天気が“あられ”のときは自滅する場合があるので、天気が晴れるのを待ったほうが精神衛生的にもいいですw

“レジエレキ”にするのか“レジドラゴ”にするのか!?

 “コバルオン”を無事捕獲した一行は、いよいよ双子の巨人捕獲に乗り出します。“定めの遺跡”に入るには手持ちに捕まえたレジ系3匹を加えれば、扉が開きます。中に入ろうとすると、意味深に入り口の柱が支えている天井の側面に描かれている“点”がドアップに!

  • ▲これはもう……謎を解いてくれと言わんばかりですw

 中に入ると、いままでの遺跡と同じように、上に立つと光る床があります。これを、入るときに見た“点”の形に点灯させればいいのですが、ドラゴンの力を感じさせる点灯のさせ方が若干分かりにくいです。

  • ▲ドラゴンの力はこの形になるように光らせればいいです。

 さて、ここでやっぱり悩ましい選択肢が……。どうやら“レジエレキ”か“レジドラゴ”の片方のポケモンしか入手できないようです。“レジエレキ”は“でんき”、“レジドラゴ”は“ドラゴン”です。これも正直悩みました。

 私の手持ちは伝説ポケモンが増えてきましたが、そうでないのは“モスノウ”または“イオルブ”のどちらかの捕獲要員。最初の御三家の“インテレオン”、そしてエースとしてずっと使ってきた“パルスワン”です。

 御三家と捕獲要員はこのまま続投させるとすれば、あとは“パルスワン”しか入替えの選択肢がありません。……とすれば、同じ“でんき”タイプ“レジエレキ”です。“でんき”タイプは使いどころも多いですし、“でんじは(でんき)”が使えてサブの捕獲要員としても起用できるかもしれません。

 ということで、私は“レジエレキ”を選択。“レジエレキ”は“でんき”なので“モスノウ”の“しびれごな(くさ)”で“まひ”にできません。なので、捕獲要員として“イオルブ”の起用でチャレンジ!

  • ▲新しいレジ系なのでめっちゃ新鮮!

 作戦はいつもと変わらず、HPを赤に削ってから“さいみんじゅつ(エスパー)”で眠らせてひたすらボール投げです。“ねむり”は長引くと起きてしまうので、その場合はまた眠らせます。

 時間帯が現実で夜だったので“ダークボール”を使用。結果とくに苦労しないまま、“バドレックス”に比べてずいぶん楽に捕獲できました。

  • ▲“すばやさ”ハンパないです!

 捕獲後ステータスを見てびっくり、“すばやさ”がすごいですね。これなら初手が先制になるだろうし、使いどころがいろいろありそうです! ということで、この子はその状況に応じて“パルスワン”と入れ替えて使うことにしようと思います。

 さて、ふたつめの伝説も完了し、いよいよ3つめの伝説に向かいます。ついに初代の三鳥の捕獲に乗り出したいと思います!

 それでは、今回はこの辺で……近い将来“ルギア”に出会えることを願いつつ、また次回よろしくお願いいたします。

<現在の手持ち>
“インテレオン”→“みず”
“ムゲンダイナ”→“どく”&“ドラゴン”
“ウーラオス”→“かくとう”&“あく”
“バドレックス”→“エスパー”&“ゴースト”
“モスノウ”→“むし”&“こおり”または“イオルブ”→“むし”&“エスパー”
【新】“レジエレキ”→“でんき”または“パルスワン”→“でんき”

『ポケモン剣盾』日記バックナンバー

“市野ルギア”プロフィール

 フリーのミュージシャンで編集記者。ゲーム系の編集記者として多くの雑誌やムック、攻略本などを手掛ける。

 ミュージシャン、ギターリストとしても活動しており、多くのオンラインゲームタイトルのBGMコラボを果たしている。

 自身の活動として2019年2月に二面性がコンセプトの音楽ユニット“終末のバンギア”を結成し、電撃オンラインの配信番組のOP曲や特撮系記事のレポーターを担当。

 また、八王子FMのラジオ番組のエンディング主題歌も手掛けた。そのほか、市民発の横浜市18区キャラクター“Yocco18”とコラボした歌や、YouTubeで人気の鹿児島弁をしゃべる“犬おやじ”の動画を企画する“鹿児島弁ラボ”とコラボした歌なども発表。

 10月31日には、ハロウィンやクリスマスなどのオリジナル曲を収録している2nd Mini Album『祀りのウタ』をリリースする。詳しくは“終末のバンギア”公式サイトを参照。

最新の特撮系レポート記事

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

ポケットモンスター ソード

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター ソード(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド(ダウンロード版)

  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 11,960円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 11,960円+税