『Among Us』をより深く楽しめる設定とは?

ライオン松本
公開日時

 InnerSlothよりPC/iOS/Android/Switchで配信中の宇宙を舞台にした人狼系ゲーム『Among Us(アマングアス)』

 今回の記事では、本作をより深く楽しむために知っておくとお得な“設定”を紹介していきます。

 本作の基本的な遊び方は、レビュー記事をご覧ください。

『Among Us』をより深く楽しめる“設定”

 本作では、ゲーム開始前にさまざまな設定を細かく選ぶことができます。

 緊急会議の時間からキルのクールタイムといった制限時間系はもちろん、各プレイヤーの視点なんかもいじれちゃうんです。

  • ▲ゲーム開始前のこのパソコンで各種設定を行えます。

追放を非表示に

 個人的にこの“追放”を非表示にできる機能はかなりおすすめです。この設定を行うと追放時にそのプレイヤーがインポスターかどうか分からないままゲームが続行できるというもの。

 この設定を行うことで、複数のインポスターがまだ潜んでいるか、自分の推理は正しかったのか、などゲーム終了時まで気を抜けないプレイが楽しめます。

匿名投票

 続いては“匿名投票”についてです。この機能をオンにすると会議での追放投票時に誰が誰に投票したかを伏せることができます。

  • ▲通常では誰が投票したかわかってしまいますが、匿名投票ではプレイヤーはすべて黒く表示されます

 この設定を行えば、会議時での発言とは別の相手に投票をして場を乱しつつ、疑心暗鬼にさせてゲームを進めることができ、一体誰がインポスターなのかという推理をより楽しめます。

  • ▲このチェックを入れるだけでオッケーです。

視認タスクを非表示に

 最後は視認タスクについてです。クルーメイト側に与えられるタスクには一部、成功することで他のプレイヤーからも確認できるモーションが発生するものが存在します。

 これを使えば簡単に自分がクルーメイトである証拠を出せてしまいます。


 上記のタスクではクリアすると横のライトが点滅するので、1発で白出しが出来てしまいます。このままだとゲーム自体が簡単になってしまいますよね。

 そこで設定の視認タスクをオフにすれば、この演出を消すことができるので一気にインポスターを見つけるのが困難になりゲーム自体がより難しく、そして深くなるのでおすすめです。

 以上、個人的に『Among Us』をより深く楽しめると思う設定についてでした。本作に慣れ始めて、もっと難しく、より深く楽しみたいという方はぜひ試してみてくださいね。

 それでは、また!

『Among Us(アマングアス)』関連記事

© Innersloth LLC