ヤンデレの匂いも? 銃使いディーアは最強候補【鬼ノ哭ク邦ジョブ座談会レビュー】

ハチ
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売する、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』でジョブの役割を担う“鬼ビ人”に関する座談会レビューをお届けします。

 アイシャイザナザーフウィルに続く今回は、銃と弩の二刀流ディーアのキャラクター性や使いやすさなどを語ります。

【座談会参加メンバー】
Mac佐藤:効率重視のガチゲーマータイプ。ファミコン時代からのスクウェアRPGファン。
コール:基本的には使いやすさや遊びやすさ重視だが、時には趣味に走るゲーム好き。
ハチ:座談会唯一の女性。使っているときの楽しさやキャラクター性を重視するエンジョイ派。
そみん:強さよりもおもしろさ重視のロマン派。ファミコン時代からのおっさんゲーマー。

外見&設定チェック:絶対領域がたまらないお姉さん! …でも、微妙に様子が?

そみん:みんなは見た目的にディーアはどんな印象だった?

  • ▲銃と弩の二刀流で戦うディーア。丁寧な口調と優雅な振る舞いは気品さえ感じられる。遠い記憶に残るのは、闇を彷徨い歩く自分と掌の小さな光。

Mac佐藤:お嬢様っぽいなという印象でしたね。

コール:おっとりしてて性格がよさそうで、人気がでそうだよね。

ハチ:私は銃が好きなので、大注目していた“鬼ビ人”でした。二丁拳銃かと思ったら、片方が弩なのも面白いですよね。衣装もおしゃれ!

そみん:とにかくかわいくてお上品なお姉さん! 絶対領域もいいし、靴下が白と黒なのがグッときますね。

 ただ、外見を見ておっとり系かと思っていたら、記憶で声を聞いたら、ちょっとはかなげというか、あやうげというか、少し闇を感じるような……(汗)。自分の家に対する“愚かな一族”発言とか、ちょっとゾッとしちゃいましたわ。

コール:いい人すぎて裏があるような。いい人すぎて、過酷な状況で心が不安定になってしまいそうなヤンデレ的な匂いはしたかも。

 鬼ビ人の記憶だと、あえて感情に起伏がなく淡々と話す感じだから、なおさら無表情で怖いことをしそうな気が(苦笑)。

Mac佐藤:それは勘繰りすぎなんじゃないかと(苦笑)。ただ、佐藤聡美さんの声の演技のおかげで、かなり深みのあるキャラになっているとは思います。バトル中と鬼ビ人の記憶で演技の幅が広いですし。

そみん:ディーアの記憶を見ると、貴族だったことがわかるよね。父親のことが好きではなかったけど、必死にいい子でいようとしてたんだなぁ。

  • ▲高貴な一族の繁栄を一番に考える父親をディーアはあまりよく思っていなかった様子。

コール:一人称も私(わたくし)でしたし、育ちの良さが出てる!

Mac佐藤:いったいディーアの一族に何があったのか気になる。今のところ、登場したのは父親、弟、亡くなった母親だよね。

ハチ:“遠い記憶に残るのは、闇を彷徨い歩く自分と掌の小さな光”とあるじゃないですか。弟が話に出てきたときに兄弟で手をつないで逃げるのかな? とか、いろいろ考えちゃいました(笑)。

そみん:ちょっとした情報からそうやって妄想するのも、このゲームの楽しみ方のひとつだよね!

能力チェック:敵を一気に殲滅できるのが魅力! 状態異常に強いのも◎

そみん:最初に言っておきます。僕はディーアをイチオシです! 10点です!

 正直、仲間になった当初は通常攻撃が扱いづらくて困ったけど、とにかく技が強くてずっとレギュラー入り。

 特に複数ヒットする範囲攻撃のクレプスキュルが強いんだよね。ディーア以外にも範囲攻撃を持つ鬼ビ人は何人かいるけど、ディーアのクレプスキュルは頭1つ抜き出ている印象。

 技の発生が早くて、途中で攻撃を受けてつぶされることも少ないし、一度発動するとひるまずに最後まで攻撃を出し切れるし。とても優秀!

  • ▲とにかく便利なクレプスキュル。体感的には画面内すべての敵を攻撃できます!

Mac佐藤:確かにクレプスキュルは強いですね。そもそもディーアは遠距離攻撃が得意なので、ほとんどのボスに対しても、遠くから技を使い続ければ、比較的安全に戦えますし。

 ただ、基本攻撃力の低さはかなり気になるレベルです。難易度がカジュアルだと、そこまで気になりませんけど、難易度ノーマル以上だと、クレプスキュル1回でザコ敵を倒すのは難しくなって、ちょっと使い勝手は落ちる気が。

コール:自分はジャンプ代わりのグライダーがちょっと使いにくかったかな。グライダーをしながら通常攻撃をすると、3発くらい撃つのに、全部ヒットさせるのがかなり難しいんだよね……。

 そこをちょっとさっぴいて、自分は9点で!

Mac佐藤:それでもずいぶん高いね。まあ、気持ちはわかるけど。

ハチ:自分も最初は通常攻撃の攻撃力の低さにイラつきました(苦笑)。でも、遠距離攻撃かつ範囲攻撃が強いので、ザコ敵を殲滅させやすい爽快感にひかれました。

 技を覚醒させて攻撃力アップやクールタイム短縮をつけていくとどんどん強くなりますし、鬼ビ人チェンジをした時に攻撃力がアップする技とかを駆使して火力を高めると、けっこう強くなりますからね。

 あと、なんといってもロックオンを使いこなすと世界が変わります。クリティカルを連発しやすくなるので、火力不足もある程度カバーできますし。というわけで、私も10点です!

コール:技奥樹でレジンデートルを修得するとロックオンができるようになって、いろいろな恩恵が得られるからね。ディーアを使うなら、マストの技かと!

Mac佐藤:ロックオン中は隙が多いけど、プレシューズを修得すればロックオン中に敵から攻撃を受けても怯まなくなるからオススメですね。

コール:技はアンビュスカードが面白かったな。確率で敵を強制的にひるませることができて、ひるませる確率を上げる技があるとより強力になるので、ぜひ使ってみてほしい。

  • ▲アンビュスカードは敵を強制的にひるませることができるのがポイント。

ハチ:ディーアは状態異常に強いのもいいですよね。状態異常中でも癒し香を使用できるようになる技もあるし、状態異常耐性を上げる技もあります。しかも、どちらもディーアがパーティにいれば他のメンバーにも効果がある常時発動系!

Mac佐藤:10点が2人に9点が1人。確かにディーアは初心者は範囲攻撃に頼れるし、上級者はロックオンが楽しいし、さらに状態異常にも強いと、非の打ちどころがないから、高得点は納得かな。

 自分はやっぱり火力の低さが気になるから、ちょっと抑え目の8点にしておきます。でも、格下の敵を相手に経験値稼ぎや武器&影石稼ぎをしたい時は、ディーアの殲滅力の高さはとにかく頼りになりましたね。

【座談会メンバーのディーアの評価:37点】
Mac佐藤:8点
コール:9点
ハチ:10点
そみん:10点

【主なアクション】

アクション 効果
ノブレスレーヴ 鬼ビ人と練り上げた巨大な弾を撃つ。ロックした敵へのクリティカル率が上昇する。
アンビュスカード 後退と同時に鬼ビ人が攻撃する。確率で敵を強制的に怯ませる。この技はロックオンできない。
クレプスキュル 全方位に全弾発射の乱れ撃ちを行う。複数対象のロックオンができ、ロックした敵への威力が上昇する。
シュペルノヴァ 鬼ビ人と力の限り弾を撃ち尽くす。精度より速度を優先し、集弾性は低い。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税