News

2014年2月20日(木)

発売直前『龍が如く 維新!』のストーリーを予習! 2つの顔を持つ男“坂本龍馬”――その生き様の原点を描いた物語本編・第1章を紹介

文:キャナ☆メン

『龍が如く 維新!』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 セガから、2月22日に発売されるPS4/PS3用ソフト『龍が如く 維新!』。発売を2日後に控えた本日は、メインストーリー第1章のあらすじを紹介する。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲坂本龍馬▲斎藤一

 『龍が如く』シリーズは、伝説の極道・桐生一馬を主人公に据え、生々しい人間ドラマを描いてきたアクションアドベンチャーゲーム。その最新作『龍が如く 維新!』では、現代から幕末に舞台が変わり、桐生の内面を持つ“坂本龍馬”が主人公の物語を体験できる。桐生の人生になぞらえて親殺しの罪で追われる龍馬が、“斎藤一”と名を偽り、真犯人の手がかりを求めて新選組に潜り込む斬新なストーリー展開もポイントだ。また、桐生だけでなく、シリーズの人気キャラクターたちも、歴史上の人物や架空の人物となって物語に絡んでくる。

 メインストーリーの第1章では、坂本龍馬が土佐藩を脱藩するまでの物語が描かれる。特に注目しておきたい人物は、龍馬が父と慕う親代わりの人物・吉田東洋と、龍馬と一緒に東洋の導きを受けた武市半平太、そして武市への憧れを抱き、龍馬を敵視する剣士・岡田以蔵だ。龍馬の生き様の原点が描かれる章になるので、人物関係や境遇をしっかり把握しておこう。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲吉田東洋▲武市半平太▲岡田以蔵

■『龍が如く 維新!』第1章あらすじ

 下級武士である“郷士”の身分でありながら、その剣の腕を評価され、江戸での剣術修行を特別に許された坂本龍馬。彼は、1年に渡る鍛錬を終え、故郷・土佐に帰る。以前と変わらない活気に満ちた町並みに、龍馬は故郷に帰ったのだと実感する。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲土佐へ帰郷した龍馬。その目には、質素ながらも活気に満ちた土佐の町並みが映る。

 しかし、そこで龍馬は土佐の“もう1つの姿”を目の当たりにする。それは1年前、いや龍馬が生まる前から何一つとして変わらない理不尽な階級社会の姿だった。

 病に苦しむ我が子を救うため、女が医者のもとへと道を急ぐ。その前に立ちふさがったのは、上級武士たる“上士”の2人だった。

『龍が如く 維新!』
▲まさに我が物顔で往来のど真ん中を歩く上士の2人。町の人々は平伏して、その“お通り”を待つ。

「上士の“お通り”が済むまで、下々の者たちは道端で伏して待つべし」

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲我が子を抱え、必死の形相で医者のもとへと駆ける母親。その行く手を上士が阻む。掟に従うべし、という理由で。龍馬は、土佐の社会の歪みを目の当たりにする。

 そんな掟が幼子の命よりも重んじられる土佐という国。江戸という外の世界を知った龍馬は独り、この理不尽に拳一つで立ち向かう。しかし、その抵抗も虚しく龍馬は重罪人として投獄されるのだった。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲階級社会の掟より、人の道理を重んじるべきと拳を振るう龍馬。だが、上士を打ち負かした龍馬を見る人々の反応は、冷ややかなものであった……。
『龍が如く 維新!』
▲騒ぎを聞きつけ、駆けつけた土佐の役人たちが龍馬を投獄する。

 上士に手を上げた郷士など、もはや路傍の石ころと同じ。お裁きすら行われず、牢獄の片隅で龍馬の命は尽きようとしていた。そこへ、1人の男が現れる。土佐藩の最重要人物である“参政”吉田東洋だった。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲上士に逆らった罪は万死に値する。法による裁きは行われず、ただ刀を向けられる龍馬だったが……。▲龍馬にとって親代わりの人物である吉田東洋が、その刃が振り下ろされるのを止める。

 土佐の政治を司る参政は、この階級社会の言わば番人。しかし東洋は、階級制度の犠牲となって親兄弟を失った子供たちを秘密裏に支援していた。そして龍馬もまた、東洋から我が子同然に育てられてきた子の1人だった。いつの日か、この土佐を変えることのできる人物へと成長するために。

 東洋の尽力で、龍馬は何とか牢から脱することに成功する。そして東洋のもとで一緒に育った“兄弟”武市半平太のもとへ向かう。龍馬が江戸で剣の腕を磨いている間、武市は土佐を改革するための組織“土佐勤王党”の盟主として、党の力を蓄えていた。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲龍馬にとっては兄弟分の武市半平太。人の上に立つ身となった彼だが、龍馬に向けられる人懐っこい笑みは変わらない。▲武市と再会を果たし、龍馬の顔も自然とほころぶ。

 1年ぶりの再会を果たした武市と龍馬。そこで武市は、龍馬を土佐勤王党の盟主に次ぐ第2席“筆頭”に任命すると告げる。新参者である龍馬の大抜擢に騒然とする土佐勤王党員たち。その中の1人、岡田以蔵もまた、龍馬へ敵意を向ける。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲武市にとっては兄弟分でも、土佐勤王党の面々にとっては新参者の龍馬。破格の待遇に反感を抱く者たちが、人目を盗み、龍馬を囲む。▲武市に心酔し、土佐勤王党でも筆頭の座に近いと目されていた岡田以蔵。彼もまた、龍馬に不満の目を向ける。

 以蔵は、その卓越した剣の腕から“筆頭”候補と目されていた人物である。彼は、龍馬にその地位を奪われたと感じ、龍馬へ刃を向けるのだった。

『龍が如く 維新!』 『龍が如く 維新!』
▲剣に自信があり、武市を慕う心も人一倍強い以蔵が、ついに刀を抜き放つ。龍馬が望む事態ではなかったが、ただ斬られるわけにもいかない。

 何とか以蔵の刃を退けた龍馬は、東洋と今後の方針を打ち合わせるべく、武市とともに高知城へ向かう。その先に、龍馬の人生を狂わせる出来事が待っているとも知らず……。


 PS4本体が発売される今週末の2月22日に、発売日を迎える『龍が如く 維新!』。本作の登場人物やゲームシステムなどの詳しい情報は、これまで紹介した記事でチェックしてほしい。また、製品版とセーブデータが連動するPS Vita用無料アプリ『龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita』が、PlayStation Storeで配信中だ。まだダウンロードしていない人は、製品版の発売に先駆けてプレイしておき、有利な状態で本編を始められるようにしておこう。

→【ストーリー】“坂本龍馬”は、なぜ“斎藤一”に? 物語の背景を紹介
→【キャラクター】龍馬が親と仰ぐ吉田東洋。そして兄弟分の武市半平太。土佐の人物を紹介
→【キャラクター】東洋殺しの犯人を追い、新選組に入った龍馬。局長や副長ら幹部を紹介
→【キャラクター】クセ者ぞろいの新選組幹部たち。五番隊以下の隊長と監察・山崎を紹介
→【キャラクター】おりょう。そして薩長・幕府のキーマンたち。龍馬を取り巻く人物らを紹介
→【キャラクター】おなじみのキャラはどんな形で登場する? シリーズキャラの役どころを紹介
→【バトル】戦術の幅を広げる4つのスタイル。幕末風の『龍が如く』アクションを紹介
→【バトル】4つの型を際立たせる“絶技”と新たな技をひらめく“天啓”を紹介
→【やり込み要素】仲間集めとダンジョン攻略の融合した新システム“バトルダンジョン”を紹介
→【やり込み要素】あの遥も登場! 戦わないやり込み要素“アナザーライフ”を紹介
→【カスタマイズ】プレイスタイルによって十人十色な龍馬に育つカスタマイズ要素を紹介
→【ADVパート】京の町で楽しめる多彩なプレイスポット&遊女・杏南のセクシーシーンを紹介
→【連動アプリ】体験版とコンパニオンアプリを兼ねたPS Vita用無料アプリを紹介

(C)SEGA

データ

▼『龍が如く 維新!』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2014年2月22日
■希望小売価格:8,190円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『龍が如く 維新!』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2014年2月22日
■希望小売価格:8,190円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『龍が如く 維新!』ダウンロード版
■メーカー:セガ
■対応機種:PS4
■ジャンル:A・AVG
■配信日:2014年2月22日
■価格:8,190円(税抜)
※2014年2月22日~6月30日の期間は、PS3版を持っていると1,000円(税込)で購入可能。
▼『龍が如く 維新!』ダウンロード版
■メーカー:セガ
■対応機種:PS3
■ジャンル:A・AVG
■配信日:2014年2月22日
■価格:8,190円(税抜)
▼『龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS Vita(ダウンロード専用)
■ジャンル:ETC
■配信日:2014年2月13日
■価格:無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。