News

2015年3月27日(金)

『ブレイブリーセカンド』で土林誠氏による新キャラ・アヤメ(ウィザード)&クー・フーリン(チャリオット)の声優公開

文:MAC佐藤

 スクウェア・エニックスが4月23日に発売する3DS用RPG『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』の最新情報が公開されました。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 『ブレイブリーセカンド』では、“光と影の大地”と呼ばれる異世界ルクセンダルクを舞台に、前作から数年後の物語が描かれます。正教騎士団三銃士のユウを主人公に、ジャンとニコライ、そして魔王バスター・マグノリアらとパーティを組み、囚われの身となった法王アニエスを救うための冒険が展開します。

 新たなアスタリスク所持者やジョブの他、前作に登場したエタルニア公国軍“黒鉄之刃”のキャラやジョブも公開されました。この他、ミニゲーム“カプカプメーカー”も発表されました。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

【『ブレイブリーセカンド』のストーリー概要】

 世界の危機を救い、クリスタル正教の法王となったアニエス・オブリージュは、かつての敵対勢力、エタルニア公国との和平調印式の場で、突如現れたグランツ帝国・皇帝を名乗る男にさらわれてしまう。

 法王アニエスを守れず、瀕死の重傷を負った正教騎士団の若きリーダー、ユウ・ゼネオルシアは、法王アニエスの奪還、そして打倒皇帝を誓い、仲間とともに旅立つのであった――。

 新たなキャラクターたちと、かつて世界を救った英雄たちの邂逅。

 ルクセンダルクの地に、新たな物語が今、紡がれる。

■グランツ帝国の2人の新キャラが判明。前作の“黒鉄之刃”も再登場

 明らかになったのは、グランツ帝国に所属する2人のアスタリスク所持者で、ジョブはウィザードとチャリオットです。これまでの傾向から、『ブレイブリーセカンド』で初登場となる新ジョブは、ほとんどがグランツ帝国のキャラクターとなっています。

 この他、カミイズミをはじめとする“黒鉄之刃(くろがねのやいば)”の情報も公開されました。動画番組“ブレイブリーセカンド開発室”では、プリンとバルバロッサのヴォーカル曲を聴けるので、ぜひチェックしてみてください!

→プリンたちの新曲を楽しめる“ブレイブリーセカンド開発室”まとめ記事はこちら

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲アヤメとクー・フーリンのイラスト。キャラクターデザインは土林誠氏で、前作ではカミイズミやソードマスターの衣装のデザインを担当していました。

●ウィザードのアスタリスク所持者
 黒の巫女 アヤメ(声優:矢島晶子)

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 グランツ帝国に所属する“ウィザード”のアスタリスク所持者。年齢は22歳。

 つねに奇怪な人形を抱きかかえている、全身黒装束の女性です。目の部分が前髪で覆われ、表情が読み取りにくいことも不気味さを引き立てています。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 主従の関係にあるクー・フーリンを従え、“精霊魔法”を駆使してユウ一行に襲いかってきます。その黒髪に隠された表情には、任務とは別の何か、ユウに対する深い恨みのようなものが灯っているようですが……?

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

●ウィザードの特徴

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 新体系の魔法“精霊魔法”を操る魔法のエキスパート。魔法に特殊な言葉をつけ加えてその効果を自在に変化させる“修飾句”は、どんな場面でも活躍する強力なアビリティです。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 “修飾句”の“ハンマー”は体験版で使用できたもので、魔法を物理属性攻撃に変える効果でした。

 “ライトニングアロー”は前作のジャイロムービーでマグノリアが使いましたが、その効果は不明です。

◆電撃オンライン編集部の感想

 ウィザードのジョブ自体は早くから公開されていましたが、ついにそのアスタリスク所持者が明かされました。見た目がかなり暗い雰囲気で、ちょっと意外な感じです。

 抱きかかえている人形も怪しいですね。実はこの人形に操られているとか……?

 ユウを恨んでいるようですが、2人がどんな関係なのかも気になるところ。ユウよりも6つ年上なので、同級生ということはなさそうですが。巫女というからには、クリスタルの巫女と何か関係があるのかも知れません。

 顔は前髪で隠されていますが、髪を上げると実は美少女だったと言う王道パターンにも期待します(笑)。


●チャリオットのアスタリスク所持者
 蹂躙のチャリオット クー・フーリン(声優:稲田徹)

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 グランツ帝国に所属する“チャリオット”のアスタリスク所持者。年齢不詳で、背中におびただしい数の武具を背負い、半身が馬の姿という異形の持ち主です。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 無尽蔵な闘気と怒涛の圧力から“蹂躙のチャリオット”の異名を持ち、帝国の将兵からも畏怖されていますが、なぜか皇帝オブリビオンでなくアヤメこそが主であると公言してはばかりません。

 自身を古代の戦士と称し、とても古風な時代がかった口調で話しますが、彼が何者なのか、なぜ半身が馬なのか……多くの謎に包まれています。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

●チャリオットの特徴

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 あらゆる武器を扱える物理アタッカー。通常攻撃のたびに装備武器の適正がアップしていく“戦闘民族”、武器を敵全体に投げる“乱れなげ”、3つの武器を装備できる“三刀流”など、物理攻撃に特化したアビリティが揃っています。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 武器を投げて攻撃することもできるようです。“形稽古”は装備している武器の適正を一時的に大きく上げるアビリティで、大幅な攻撃力アップを期待できそう。

◆電撃オンライン編集部の感想

 クー・フーリンは、下半身が馬という異色のキャラクター。ファンタジーRPGで下半身が馬と言えばケンタウロスが思い浮かびますね。

 ちなみにケルト神話での“クー・フーリン”は太陽神の血を引く英雄で、2頭の馬が引くチャリオット(戦闘用馬車)に乗っています。

 ジョブ的には、チャリオットは物理攻撃に特化しているようです。アビリティも気になるものが多いですね。特に三刀流は3つの武器を装備できるということで、二刀流よりも便利そうです。

 前作の二刀流のイメージで考えると“たたかう”1回で3連続攻撃ができるはずなので、とても強そうです。


●スーパースターのアスタリスク所持者
 プリン・ア・ラ・モード(声優:水沢史絵)

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 ポップでキュートなルックスと持ち前の歌声力で人々を魅了する戦場アイドル。かつてエイゼンベルグの内乱に介入し、剣派の兵士を鼓舞していましたが、ティズたちに敗れてマイクを置きました。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 現在はアイドル稼業にも復帰して、新曲の準備を進めているようです。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

●スーパースターの特徴

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 攻撃面はあまり期待できませんが、歌の力で味方全体を一気に強化できる強力なサポート役。歌は重ねがけをすることが可能で、その効果をさらにアップさせることができます。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 攻撃力や防御力を数ターンアップさせることが可能で、重ねがけにより最大150%までアップ。味方のBPを増やせるアビリティも使えます。


●海賊のアスタリスク所持者
 ハイレディン・バルバロッサ(声優:廣田行生)

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 エタルニア公国軍“黒鉄之刃”の副団長。幽霊船となり果てた亡き親友スレイマンの船、ファンキー・フランキスカ号に乗り、パイレーツ・オーシャンをさまよっていました。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 今回は海に生きる男として、戦場アイドルプリンにもの申すことがあるようですが……?

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

●海賊の特徴

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 力が非常に高く、斧で敵に与えるダメージは全ジョブ中トップクラス! また攻撃だけでなく、敵の能力を下げるアビリティも充実しています。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 “甲羅割り”は、相手を攻撃しつつ防御力も下げられる技です。連続で使うことで、さらに能力を下げることも可能。攻撃力を下げる“牙折り”という技もあります。


●ソードマスターのアスタリスク所持者
 ノブツナ・カミイズミ(声優:緑川光)

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 エタルニア公国第一師団“黒鉄之刃”の団長。剣聖と呼ばれる剣の達人で、イデアの師匠です。

 かつて剣派としてエイゼンベルグの内戦に介入し、圧倒的に不利な戦力差にもかかわらず、対する盾派と互角の戦いを演じました。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 その後、諸国遍歴の武者修行に出ていたようですが、その道中で拾った1匹の猫・ツバキとともにイデアたちの前に再び姿を現します。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲土林誠氏が描いた、カミイズミと猫のツバキ。背後にはマグノリア、ユウ、ジャン、ニコライ、イデア、ティズも描かれた、主要メンバー勢ぞろいの豪華なイラストです。

●ソードマスターの特徴

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 自ら攻めるよりも反撃(カウンター)を得意とする特殊なジョブです。

 力が高く、攻撃力が高い刀の扱いが得意なので、与えられるダメージは大きいのですが、それを活かすためには工夫が必要となるテクニカルなジョブとなっています。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 相手の攻撃を受けてから反撃する技は、相手の攻撃パターンを読みつつ使用すれば強力な攻撃手段に。“出る杭は打たれる”は、相手のBPを1減らすことができます。

◆電撃オンライン編集部の感想

 “黒鉄之刃”といえば、個性的過ぎるメンバーがそろっていることで印象に残っている人も多いと思います。『ブレイブリーセカンド』でも、その個性をいかんなく発揮してくれそうですね。

 先日放送された“ブレイブリーセカンド開発室”ではやバルバロッサの歌が公開されました。バーターサブシナリオでは、音楽家のウットリートが残した曲をめぐって2人が対立するようです。

 カミイズミに関しては、なぜ猫のツバキを連れ歩いているのかが気になるところです。グランツ帝国にはねこ使いのミネットがいるので、実はツバキはそのスパイという可能性も……?

 ちなみに忍者のキキョウも登場することが決まっていますが、薬師のカダが『ブレイブリーセカンド』に登場するかどうかは不明です。前作での流れをを考えると再登場は難しそうな気がしますね。


■ミニゲーム“カプカプメーカー”でカプカプのぬいぐるみを大量生産!?

 “カプカプメーカー”は、パーティメンバー4人で裁断、綿入れ、接着、仕上げと作業を分担してぬいぐるみを生産するミニゲームです。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 完成すると下画面にあるパックにぬいぐるみが納められ、パックを売却することで“カプ”という特別な通貨を獲得できます。

 カプは所持金(pq)に換金可能なので、たくさんぬいぐるみを生産してカプを稼げば、冒険が有利になるわけです。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 なお、カプカプメーカー内にあるショップでは、カプを使うことでハサミや綿などの新しい道具を買うことができます。

 よい道具を使えば一定時間作業の効率がアップし、レアなぬいぐるみを生産したり、作業時間が短縮したりと、さまざまな効果が得られます。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲ぬいぐるみを作るごとに“差し入れ”ゲージが上昇し、満タンになるとメンバーに“差し入れ”することが可能。やる気が急上昇して、作業効率が大幅にアップ!
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲パックが満杯だったり、特定の種類のカプカプを含んでいたりすると、売却時にボーナスがつきます。
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲売却時の価格が特定の金額になると、ミニゲームの作業中に聴けるBGMが解放されていきます。作業時のBGMを変更する形です。

●カプカプの里

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 新しいタウンとして“カプカプの里”が公開されました。この場所は、人里離れた森の中にひっそりとたたずむ謎の集落とのこと。

 “カプの協力者”から出荷されてくるカプカプは、この里で命が吹き込まれ、世界中に拡散していくようです。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

◆電撃オンライン編集部の感想

 “カプカプメーカー”は、とにかく気軽に遊べるのがいいですね。テレビなどを見ながら遊べる“ながらゲー”なので、空き時間にちょこちょこと遊んでしまいそうです。

 イメージとしては、ミニゲームつきのサウンドテストモードという感じでしょうか。お気に入りの曲を聴きながらお金も手に入るので一石二鳥です(笑)。

 先日放送された“ブレイブリーセカンド開発室”では、このミニゲームの実機プレイも公開されました。ちなみにカプカプは通常は緑色ですが、中には赤、銀、金などのレアものも存在します。

 リボンをつけたピンク色の“カプ子”もいて、これが一番レアとのことです。

■さまざまな新タウンや新ダンジョンの画面写真も公開!

 詳しい説明はされていませんが、新ダンジョンを中心としたいくつかの画面写真も公開されました。

 前作のダンジョンを連想させるものもあれば、完全に新規の場所も見受けられます。これらの場所でユウたちがどんな物語を展開するのか楽しみですね。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲謎の建物の画面写真。どうやら屋内のようですが、かなり広い空間となっています。
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲何者かと対峙しているマグノアリア。使命とは、魔王バスターとして魔王を倒すことなのでしょうか。
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲溶岩の上のパイプ缶をわたっているようです。前作に登場した火のクリスタルの神殿があるカッカ火山が連想されます。
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』 『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲先日配信された動画番組で浅野プロデューサーからコメントがありましたが、前作以上にビジュアルやギミックにこだわっているそうです。

[CHECK]たっぷり遊べる体験版が配信中!

 本作の魅力を体験できる『ブレイブリーセカンド 無料で遊べる三銃士編』が配信中です。製品版への引き継ぎ要素もあるので、まだ遊んでいない人はぜひ! ストーリーは製品版とは別のオリジナル展開なので、ネタバレを気にせずにジョブ&アビリティのカスタマイズを楽しめます。

●QRコードを使用した『体験版』ダウンロード方法

[01]3DSのHOME画面でLとRボタンを同時押しして、カメラを起動します。

[02]下画面の左下のボタンを押して、QRコードリーダーを起動します。

[03]下のQRコードを読み込ませましょう。

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』

 また、5月31日23:59までの期間内にスクエニ メンバーズにセーブデータをアップすることで、特殊な衣装&武器をもらえる早期購入キャンペーンが実施されます。4つの衣装をすべてもらえるので、ぜひ早めにソフトを購入して、特典衣装での着せ替えを楽しんじゃいましょう!

『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲早期購入キャンペーンの特典衣装。
『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』
▲早期購入キャンペーンでは、特典衣装だけでなく武器“白翼の杖”ももらえます。

→早期購入キャンペーンの詳細はこちら


(C)2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN : Akihiko Yoshida.

データ

▼『ブレイブリーセカンド』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2015年4月23日
■希望小売価格:5,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。