『ポケモン ダイパリメイク』最初にポッチャマを選んだら次はどのポケモンを捕まえる?【プレイ日記#2】

終末のバンギア。/市野ルギア
公開日時
最終更新

 ポケモン歴25年、元ファミ通記者のミュージシャンゲーマーがお届けしている『ポケモン』プレイリポートの連載。

 今回からは、ついに発売された『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(以下『ポケモン BD・SP』)のリポートをお届けします。

どちらのパッケージではじめました?

 前回のリポートは試遊会にお邪魔して、『ポケモン BD・SP』の触り心地をお伝えさせていただきましたが……!

 『ポケモン』シリーズのなかでも、旧作では海外版含めてがっつりプレイした本作。リメイクとなる『ポケモン BD・SP』……本当に心待ちにしておりました!

 みなさんは、どちらのパッケージではじめましたか? 私は……『ポケモン シャイニングパール』にしました!

  • ▲ドキドキのシルエット!

 旧作でも一番最初は『ポケモン パール』を選んだ私、その理由は伝説ポケモンである“パルキア”という名前が“ルギア”に似ているから(笑)……。

 まあ、それと、初代なら『ポケモン 緑』を、『ポケモン 金・銀』なら『ポケモン 銀』を……と言った具合に選ぶ傾向があるので、今回もちょっと悩みましたが、『ポケモン シャイニングパール』を選ぶことにしました。

 そして主人公は……。

  • ▲帽子をかぶってないシーンは貴重!?

 今回は女性キャラで行くことに! アニメを観ていた方なら“ヒカリ”な感じ(というかそのまま)がとっても可愛くてテンション上がります! 

 えぇ……もちろん私はリアル男性でオジサンですが……なんでしょうね、この女性キャラクターを使ったときのテンションの揚がる感じw これだけでもうモチベーションが3倍増しぐらいです。

 そして……パートナーのポケモンは……。

  • ▲“ポッチャマ”可愛いなあ……。

 “ヒカリ”と来れば、やっぱり“ポッチャマ”!! ということで……やっぱり“ポッチャマ”にしました。まあ、お好みもあるでしょうが、私はだいたい最初のポケモンは“水ポケ”(みずタイプのポケモン)を選びます。

 今回は『ポケモン ダイパ』リメイクということで、最初のジムリーダーは“いわ”タイプ使いでしょうから、初戦のジム戦は楽になるはずです。

 それで、その先に続くジム戦のリーダーを考えると、“くさ”→“かくとう”、そして“みず”タイプへと続くでしょうから、まずは202番どうろで“ムックル”と“コリンク”をゲットしておきました!

  • ▲さくっと“ムックル”をゲット!
  • ▲“コリンク”はちょっと出てきにくいです。

 この2匹は、旧作のほうでもけっこうお世話になった記憶があるので、私は今回も迷わずゲットしておきましたが、もしも、今作ははじめてプレイする! という方がいらっしゃいましたら、序盤でゲットできるこの2匹はオススメです。

 これで中盤ぐらいまでは、さくさく進める感じかなーと思います。が……若干、ジムリーダーが変わってたらどうしよう! とか思いつつも、これで進めて行ってみます。

 残り3匹をどうするかはまだ悩み中ですが、とりあえず後半に出て来て、対策しておかないと苦労するであろう、“はがね”や“こおり”タイプを迎え撃つために、どこかで“かくとう”タイプはゲットして育てたいなーと思ってます。

 それでは、こんな調子でまたレポートをお届けして行きますので、引き続きよろしくお願いいたします。あ……今回、“ルギア”は出て来たりするのかな……。その辺も楽しみにしながら冒険を進めて行きたいと思います。

“市野ルギア”連載記事(『ポケモン剣盾』日記バックナンバー)

“市野ルギア”プロフィール

 フリーのミュージシャンで編集記者。ポケモン歴は“初代”『ポケットモンスター 赤・緑』の発売日から。元『週刊ファミ通』の“ポケモンふぁみちゅう団”として『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』と『ポケットモンスター エメラルド』の記事を担当。自身のペンネーム&ハンドルネームである“ルギア”は当然、伝説のポケモンのそれから拝借。

 これまでゲーム系の編集記者として多くの雑誌やムック本などを手掛け、さらに、ミュージシャン&ギタリストとして、多くのオンラインゲームタイトルとBGMコラボを果たしている。

 自身の音楽ユニットとして2019年2月に“終末のバンギア。”を結成して積極的に活動中。電撃オンラインの配信番組のOP曲や、特撮系記事のレポーターを担当。

市野ルギアの音楽ユニット“終末のバンギア。”最新情報は公式サイトをチェック!

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
© Nintendo© 2021 Pokémon. © 1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

関連する記事一覧はこちら