奇跡は…起こったんだよ。サービス終了した『ぱすてるメモリーズ』だけど!?

そみん
公開日時

 コアエッジのiOS/Android用アプリ『ぱすてるメモリーズ』が、2019年8月6日をもってサービス終了を迎えました。

 ですが、電撃オンラインには本作のメインシナリオ&一部のサブクエストのテキストをシナリオ集として掲載しています。

 「あの物語を読み直したい」「サービス終了したけど、どんな物語だったのか知りたい」といった方は、ぜひ電撃オンラインのシナリオ集をお楽しみください!

4コマ漫画連載 バックナンバー

『ぱすてるメモリーズ』とは?

 2017年10月23日に配信開始された本作は、オタク文化が衰退してしまった街“アキハバラ”のうさぎ小屋本舗を舞台に、ゲームやアニメなどの作品世界に入り込み、その思い出を取り戻すために戦うRPG。

 登場人物は基本的にオタクな女の子で、メモリアルチェンジでさまざまな衣装に着替えて戦うオタクガールズRPGというジャンルのゲームでした。

 2019年1月からはテレビアニメの放送も行われ、毎週ゲームでの連動エピソードも配信されるなど、個人的には非常に楽しく遊んでいた作品でした(ED曲の水着大行進、よかったぴょん)。

▲女の子たちの交流も本作も魅力の1つ。“ふれあい”でかわいいリアクションも楽しめます♪

 第1部の物語はしっかりと完結しており、女の子たちのギャップに満ちた活躍を堪能することができました。

  • ▲主人公たちと敵対する組織ブラックエリートの幹部である摩耶さん。後半に明かされる彼女の背景は、いろいろとグッときました。
▲名ゼリフというか、印象に残る怪ゼリフもちらほら。アンキモの連呼は地味に物語の伏線にもなっていて、笑わせていただきました(笑)。

 なかでも自分の記憶に刻み込まれた名場面が、第6章“月と太陽”のちまりちゃんとツクヨミのエピソードです。

 漫画“日本神話降誕”の作品世界に入ったちまりは、ツクヨミに体を乗っ取られてしまうのですが、その際にアレが生えてきてしまうことに(笑)。いやあ、思いもよらぬ展開に、プレイ当時は本当に驚かされたものです。

▲男の娘になっちゃった、ちまりちゃん。神話級のインパクトでした。

 あと、ゲーム外ではありますが、マフィア梶田さん、新田ひよりさん、森永千才さんがによる動画番組“ぱすメモチャンネル!”も、つねにギリギリを攻める番組内容で、伝説に残るべきものだったと思います(ほんと、モザイクとピー音が多い愉快な番組だったなあ)。

 ちなみに、第1部でほのめかされていた第2部は、きちんとのサービス終了前に実装されました。

 電撃オンラインのシナリオ集には、この第2部もしっかりと掲載しているので、ご安心ください!
(最終話には開発スタッフによる特別コメントも掲載しています)

第1部・プロローグ~オタクガールズRPG開幕!

第1部・1章“私たちのうさぎ小屋”~スチームパンク世界の冒険

第1部・2章“アイドルの条件”~ボーイッシュなあの子のギャップが◎!

第1部・3章“ゲームの常識・非常識”~ファンタジーRPG世界でアンキモが大活躍!?

第1部・4章“海底友情物語”~クールな美少女が大変なことに…

第1部・5章“うさぎ小屋ナイン”~悪の手先と野球勝負!

第1部・6章“月と太陽”~ちまりが男の娘に!?

第1部・7章“その漫画、伝説につき”~探偵世界で敵の女幹部の謎が…!

第1部・8章“思いの翼”~裏アキハバラでのラスボスとのバトル!

無人島サバイバルライフ~水着少女たちの極限生活が始まる!

無人島サバイバルライフ2~結衣奈を救うため再び無人島へ…

さよならビーチ~水着姿の渚央が大暴走!?

魂の海へ(前編)~店長、死す!

魂の海へ(後編)~謎の幽霊ミュー

第2部・序章“宣戦布告”~ブラックエリート総帥・すぅの策略

第2部・終章~パステルカラーの思い出を取り戻せ(開発スタッフコメント付き)

4コマ漫画連載 バックナンバー

© Coreedge Inc / FURYU Corporation. All Rights Reserved.

ぱすてるメモリーズ

  • メーカー: コアエッジ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年10月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ぱすてるメモリーズ

  • メーカー: コアエッジ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年10月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金