『FFXIV』2019年5月の話題を振り返るナまナまニュース! メディアツアーでバトル情報が大漁 !【電撃PS】

mag
公開日時

コニチハ! 前月の『FFXIV』の話題をまるっとゆる~く振り返る“ナまナま”ニュースのお時間です!

今回は2019年5月の情報っぺな。大きな出来事として、拡張パッケージ前の一大イベント“メディアツアー”が行われたっぺよ。

5月15日~17日にイギリス・ロンドン、5月21日~23日にアメリカ・サンフランシスコで開催されました。これがどういうものかっていうと、全世界のゲームメディアやインフルエンサーの方を会場に招待してパッチ5.0のバトルなどを先行体験してもらい、プレイ感をレポートしてもらう……というツアーでございますね。

姐さんはロンドンのメディアツアーに行ってきたんだっぺな。どうだったっぺか?

やー……やっぱ新しい拡張パッケージで追加された新アクションを体験できるのってテンション上がるよね。最初に吉田直樹P/Dのカンファレンスを聞いて、そのあとで試遊に移る形だったよ。ジョブのアクションムービーもそのとき見せてもらって「うおおおお」と。そして、そこで知った内容を細かくまとめた記事が、全世界全メディアで5月29日に一斉解禁となりました!

全ジョブアクション一覧などなど9記事、ぜひご覧ください……! といったところで、今月の情報をどうぞっぺな!

■2019年5月の主な出来事・おしながき■

■5/3『FFXIV』リターン・トゥ・イヴァリース完結記念! 秘話満載で贈る松野泰己氏&吉田直樹氏特別対談

■5/7~5/13 コラボイベント“英雄への夜想曲”スクリーンショットキャンペーン 第2回開催!

5/8 『FFXIV』“クリスタルタワー”を振り返る読み物企画・前編を掲載

5/9 『FFXIV』“クリスタルタワー”を振り返る読み物企画・後編を掲載

■5/9 劇場版“光のお父さん”新キャスト情報公開

5/13 開発者インタビュー連載企画第6弾・室内俊夫さんインタビュー掲載

■5/14 パッチ4.58実装

5/15~5/17 イギリス・ロンドンにて『漆黒のヴィランズ』メディアツアー開催

5/21~5/23 アメリカ・サンフランシスコにて『漆黒のヴィランズ』メディアツアー開催

5/21 劇場版“光のお父さん”ゲームパート撮影現場取材レポート公開

■5/22 “FFXIV ウエディング”予約受付開始

5/24 第51回FFXIVプロデューサーレターLIVE実施

5/24 『漆黒のヴィランズ』ベンチマーク配信(ベンチマーク公開記念SSキャンペーン開始)

5/28 モグステーションにて“東方〇〇衣装”“マウント・マジックカーペット”が販売開始

5/29 5.0メディアツアー記事公開

5/30 ゲーム内イベント“モグモグ★コレクション ~哲学ふたたび~”スタート

【5/3】リターン・トゥ・イヴァリースの制作秘話に迫る松野泰己氏&吉田直樹氏対談掲載

『FFXIV』リターン・トゥ・イヴァリース完結記念! 秘話満載で贈る松野泰己氏&吉田直樹氏特別対談

ま:パッチ4.5で完結したアライアンスレイドシリーズ“リターン・トゥ・イヴァリース”の制作話を濃く濃くうかがった対談インタビューがこの日掲載となりました!

ナ:ゲストクリエイターとして制作に携わったイヴァリース世界の産みの親・松野泰己さんと、松野作品の大ファンであるご存知吉田直樹P/Dが語ってくれたんだっぺな。

ま:リターン・トゥ・イヴァリース制作秘話はもちろん、モチーフ元となった『ファイナルファンタジータクティクス(『FFT』)』『ファイナルファンタジーXII(『FF12』)』についての興味深いお話も聞かせていただいていますので、もしまだご覧になっていない方おられましたら“必見です!”と言わせていただければと!!

ナ:そういえば対談から帰ってきた後の姐さんのテンションやばかったっぺな。

ま:そりゃね。10代でものすごく感動して人間性の構築に非常に影響を受けたと感じる大好きな作品を手掛けた方なわけで……そりゃそうよ。……今ここで“ぼくと松野作品との出会い。松野さんの作品がいかに魅力的か”的なお話するか? 長ーーーくなるけど。

ナ:と、とにかく、松野さん&吉田さんの対談、必見っぺな!

【5/8~5/9】『FFXIV』“クリスタルタワー”を振り返る読み物企画を掲載

ナ:アライアンスレイドシリーズ“クリスタルタワー”周辺のお話と設定を振り返る企画だっぺな! これ、パッチ2.1頃のコンテンツだけど、なんで今取り上げたんだっぺか?

ま:それはですね……ご存知の方も多いとは思いますが、日本ファンフェスで公開されたトレーラームービーにクリスタルタワー(シルクスの塔)が映っており、『漆黒のヴィランズ』の舞台となる“第一世界”のランドマークとなっていたからですね! 原初世界の産物であるクリスタルタワーがなぜここに……? という部分を考えるにあたって、今までの設定と物語を思い出してみてほしいなという、そういうアレでございます。

ナ:クリスタルタワーそのものの設定に迫った前編がコチラ、語られた物語の内容を振り返る後編はコチラっぺな!

ま:『漆黒のヴィランズ』前に見ていただけると、もしかしたらメインストーリーがより楽しくなるかも……? というところで、ご興味おありの方がもしいらっしゃいましたら、お目通しいただければ幸いです!

【5/13】開発者インタビュー連載企画第6弾・室内俊夫さんインタビュー掲載

『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!

ナ:『FFXIV』の一大イベント“ファンフェスティバル”や、コミュニティチームの普段のお仕事について尋ねたインタビューだっぺな。お答えいただいたのは、スクウェア・エニックス社のコミュニティー&サービス部・部門長の室内俊夫さん……プロデューサーレターLIVEなどでおなじみモルボルさんだっぺよ!

ま:インタビューの日程は日本ファンフェスが終わってわりとすぐだったので“ファンフェスについて”という取っ掛かりからスタートしています。ランウェイについてのお話やそもそもの“ファンフェス”の成り立ちなど興味深いお話多々聞かせていただきました。

ナ:そのあとのアカウントペナルティポリシーの話題については、記事を見た人も話題にしてくれてたみたいっぺな?

ま:そうそう。というか僕らも重度のゲーマーなので、オンラインゲームにおけるこういうお話ってホントにのめり込んで聞いちゃうんだよね。運営のプレイヤーペナルティポリシー変遷の歴史なんて“ずっと聞いてられる”ってくらいとても楽しかったのです。思い返してみれば、かつてこういう形で室内さんが単独でメディアへのインタビューにお答えいただいたことってなかったのではなかろうかと。ちなみに……別に室内さんだからとかいうわけでなく他社含めたどの方に対してもそうなのですが、ご自身のお仕事の合間に特別に時間をとっていただいているわけなので……ご厚意で貴重なお話聞かせていただき、本当にありがたいことだと思っています。

ナ:良い子ちゃん的発言っぺか? 打算的なやつっぺか?

ま:ちっげーわ嘘偽りのない100%本心だわ! というわけで、ご興味おありの方はぜひ記事をご覧いただければと……!

【5/15~5/17、5/21~5/23】『漆黒のヴィランズ』メディアツアーが開催

ま:冒頭でも触れたメディアツアーが、5月中旬と下旬の2回に分けて行われました!

ナ:日本のメディアも4媒体が取材に来て、それぞれ詳細な記事をアップしていたっぺな。

ま:記事自体については29日の項で扱っているので、ここでは自分が参加した15日~17日の欧州メディアツアーの様子なんかをご紹介……と思ったんですが……。現実の写真がほぼ残ってないんだよねアハハ。

ナ:姐さん、何やってるんだっぺよ……。

ま:まあほら、ずっと実機触って、ホテル戻って書き物して翌日また朝から……っていうサイクルだったから、スクリーンショットは多数あるけど現実の写真忘れちゃって。あ、そうそう、現地で火災報知機が鳴ったため、全メディア&スタッフさんそろって中庭に一時避難しました。

ナ:なにそれ大事件じゃないっぺか。

ま:結局は誤動作だったみたい。で、そのとき中庭で数匹のリスがたわむれていたため、各国メディアのみなさんこぞって写真に撮りまくるというほのぼのとした一幕が……。

ナ:なるほど、で、その写真がコチラ……って流れなんだっぺな?

ま:いや、現地の警備の方が“何も持たずにすぐ避難して!”って剣幕だったのでスマホ忘れて……撮れてない。アハーハ。

ナ:姐さん、何やってるんだっぺよ……。

ま:で、避難から戻ってくるときにちょうど吉田P/Dがゆったり煙草吸ってて……いやはやびっくりしましたね的なそんな微笑ましいやりとりがありましたよと。

ナ:ちょっと吉田さん、余裕ありすぎじゃないっぺか?

ま:あとは……会場でお昼ご飯が出たのですが(おいしかった。イギリスのメシがまずいなんて風説は嘘だよ?)、撮影などしながらフッと周りを見ると……“あれぇ日本メディアの人しか残ってないぜ!?”とか。海外の方はお昼になるとちゃんと休憩をとるんですね。夜もフッと周りを見ると“あれぇ日本メディアの人しか残ってないぜ!?”とか。海外の方は終了時間間際まで粘らず夜になるとちゃんと帰るんですね。グレートだぜ。

ナ:そういえば姐さんたち“一日中ゲーム触ってた”って開発ブログに紹介されてたっぺな。

ま:いやー、やっぱ新アクション触れるってなるとずっと遊んじゃうよね。クラフト系のアトラクションがあるってのは、その開発ブログを読んで初めて知ったから、やってくればよかったなー。まあ、ひたすらずっとゲーム触ってた姿がはたして他国メディアやスタッフさんたちにどう映ったかは一考(と反省)の余地があるとして、とても楽しかったのは事実。そんなこんなでがっつり触れてきた試遊内容を記した記事が、29日に一斉掲載となったわけです。記事については29日の項目にGO!

ナ:あ、せっかくの欧州取材なのに文章だけってのもさみしいので……姐さんが撮ってきたロンドンの街並み写真を数点置いておくっぺな……。


【5/21】劇場版“光のお父さん”ゲームパート撮影現場取材レポート公開

『劇場版 FFXIV 光のお父さん』撮影現場に潜入! 山本監督&マイディーさんインタビューも

ま:今月、6月21日から全国映画館で公開スタートとなる劇場版“光のお父さん”。そのゲームパート撮影現場にお邪魔してきました!

ナ:電撃だけじゃなく、いろんなゲームメディアさんが来てたんだっぺな?

ま:うん、インタビューも合同だったので、各媒体で見られるはず。撮影時のこだわり具合と、できた映像の「おお……!」感は、『FFXIV』を遊んでいる方ならとくに強く感じられると思いましたよ。……というかね、実際試写で劇場版“光のお父さん”見させてもらったけど、すごいよ!?「エモートを組み合わせてカメラ役キャラの位置や魅せ方など計算してこだわり抜いて作るとキャラがこんな自然に人間っぽく見えるのか!」っていう謎の感動が。

ナ:落ち着くっぺな。そんなによかったんだっぺか。

ま:あ、ステマとか宣伝とか批評なんてものじゃないからね? ただの感想だからね? ……おもしろかった! シンプルに映像作品として”あの流れをよくこんなにきれいに映画の形にまとめたなー”って感心するうえに、『FFXIV』プレイヤーならさらに“あ、この映像すげえ”って思える部分ばっかりで2度おいしい! あとあと吉田鋼太郎さん版“お父さん”がまた独特の味で……。

ナ:ちょっと姐さん、公開まだなんだからそのへんにしとくっぺよ。

ま:お、おお……。というわけで、21日から公開の劇場版“光のお父さん”、ぜひ劇場まで足を運んで観てもらえると、きっととても楽しい気分になれると思います!

ナ:姐さん姐さん、記事の告知じゃなくて映画の告知になってるっぺな。

ま:

【5/24】第51回FFXIVプロデューサーレターLIVE実施

ま:北米メディアツアーの最終日、バトル面での全体的な変更点を伝える第51回プロデューサーレターLIVE(PLL)が実施されました。

ナ:日本だと早朝5時半からだったっぺな?

ま:音響トラブルなんかもあったけど、まあ最終的に無事放送が見られてよかった。ここで初公開になった情報も多かったね。

ナ:各ジョブのアクション動画、かっこよかったっぺなー!

ま:各国メディアの人たちはあの映像をまずツアーの最初に見せてもらってたので、かなりテンション上がってたんだよ。

ナ:まだ見てない人はぜひ! PLLのアーカイブはコチラだっぺよ!

ま:そして! ご存知の方も多いとは思いますが、PLLが終わった直後に『漆黒のヴィランズ』ベンチマークも配信されました! ダウンロードはコチラから。

ナ:パソコン版でプレイしてる人が、自分のマシンで『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』がちゃんと動くかどうかをテストするソフトだっぺな?

ま:そうそう。『漆黒のヴィランズ』にまつわる新しい映像が見られるのはもちろん、新種族ヴィエラ&ロスガルのキャラメイクも試せるので、PCプレイヤーでまだDLしていない方がもしいたら、ぜひ試していただければと!

ナ:あわせてスクリーンショットキャンペーンも始まってるっぺよ!

【5/28】モグステーションにて“東方〇〇衣装”“マウント・マジックカーペット”が販売開始

ナ:先に中国版『FFXIV』で実装されていた衣装と魔法の絨毯マウントが、モグステーションで配信になったんだっぺな。

ま:見てこれ見て! かわいい!

ナ:こういう雰囲気の衣装は本当に独特の魅力があるっぺな。

ま:勝利のポーズ、決めっ!

ナ:姐さん姐さん、それ別のゲーム。

5/29 5.0メディアツアー記事公開

ま:はい、というわけで……メディアツアーで知り得た情報をドバっと公開する記事群、この日の22時(日本時間)に全世界でついに解禁となりました!

ナ:海外メディアやインフルエンサーさんも含めて、解禁時間に『FFXIV』の記事&動画がどばーーーーっと並んでるの見ると壮観だったっぺなー。

ま:すごい数だったよね。なんせ全世界1600万アカウント(※日本・北米・欧州・中国・韓国の5リージョンの累計アカウント数。フリートライアル版のアカウントを含む。)のMMORPGに成長した熱のある作品なわけで、各国メディアの熱もかなりのものだった気がしました。私も(告知を含めると)計10記事ほど書かせていただいておりますので、よければご覧いただけるとありがたいです! 吉田P/Dのインタビューも必見!

『漆黒のヴィランズ』メディアツアー記事目次

ナ:数と量がヤバいっぺな。ちなみに、見どころはどこっぺか?

ま:カッコイイ新規アクションのグルポSS! 見てこれ!





ナ:ハデなアクション多いっぺな! ……というか記事の宣伝しなくていいんだっぺか。

ま:おお……。ジョブ/アクション解説(全アクション一覧つき)もかなり密度が高くなっておりますので、5.0スタートまであと1カ月、ぜひこれらの記事でアクション回しをワクワク想像していただければ幸いです!!

ナ:そういえば、姐さんはジョブ関連情報以外にも記事を書いてたっぺか?

ま:うん、ジョブについての情報が浸透してからでもいいから、気が向いたときに目を通してもらえれば……っていうスタンスの記事ではあるんだけど。下の2つだね。

【新システム“フェイス”の魅力を語る! RPGとしての物語体験がより豊かに】

【メディアツアーで歩き回れた新エリア3種の景観&BGMを動画でお届け!】

ま:どちらも、新しい世界や、そこで語られる物語に想いをはせた内容の記事+動画となっておりますので、ぜひご一読いただけるとありがたいです。ウォークスルー動画はロケハンなしの短時間一発撮りだったのでカメラワークがけっこうアレですが……ビュリフォーなBGMを聴くものだと思っていただいても問題ございません。私も寝る前とかにずっと流してたり……。ちなみに、新エリア景観はネタバレでは? っていうご意見もあるかもですが……大丈夫! この程度でネタバレなんて言ってられないくらい、本編ではもっといろいろなところに行けるだろうし、いろいろな体験が待っているはずですから! これはそういった期待への呼び水と思って見ていただけるとうれしいですよ。あ、もちろん気が向いたらでOKです。

ナ:おお。珍しく自分で書いたものについて語るっぺな……。

ま:とくにフェイスは、わりとオンライン“RPG”のゲーム体験にかなり変化をもたらすものだと思っているので……ぜひその魅力を認識してほしいなー、なーんて。そんなこんなで、29日公開の記事については以上ですよ!

5/30 ゲーム内イベント“モグモグ★コレクション ~哲学ふたたび~”スタート

ナ:昔のコンテンツで特別なトークンを手に入れて、限定アイテムと交換できるイベントが30日から始まったんだっぺな!

ま:期限はパッチ5.0まで……って書いてあるから、たぶんアーリーアクセスが終わって7月1日までかな? 哲学さん、お久しぶりです……!!

ナ:アラガントームストーン:哲学……なんていうのが昔あったんだっぺなー。

ま:もはや見たことないって方も多いのかもしれないね。ここでしか手に入らないものもあるようなので、ぜひサブジョブのレベル上げなんかのついでに集めてみてほしいと思います。

ナ:特設サイトはコチラだっぺよ!


ま:というわけで5月情報でした!

ナ:6月はいよいよ『漆黒のヴィランズ』アーリーアクセスがスタートっぺな!

ま:28日からだね! 6月21日からは劇場版”光のお父さん”も公開スタートとなります。開発インタビュー連載は1回お休みとなりますが、それとは別にまた何か盛り上げる記事などできればと思っていますので、どうぞお楽しみに!

■これまでのナまナまニュース■


(C) 2010 ‐ 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2017年6月20日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2017年6月20日
  • 価格: 5,800円+税

ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック コレクターズエディション(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2017年6月20日
  • 価格: 9,600円+税

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2017年6月20日
  • 希望小売価格: 3,800円+税

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2017年6月20日
  • 価格: 3,800円+税

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2017年6月20日
  • 希望小売価格: 19,800円+税

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2017年6月20日
  • 価格: 5,600円+税

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2019年7月2日
  • 希望小売価格: 4,200円+税

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: 4,200円+税

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: MMORPG
  • 発売日: 2019年7月2日
  • 希望小売価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Mac
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ コレクターズ・エディション(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Mac
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Mac
  • ジャンル: MMORPG
  • 配信日: 2019年7月2日
  • 価格: オープン