【ポケモン剣盾】幻のミュウはどうする? 『HOME』の全国図鑑コンプ“カントー地方”

終末のバンギア。/市野ルギア
公開日時

 前回、ダイマックスアドベンチャーで、カントー地方の伝説ポケモン“ミュウツー”の捕獲に成功! いよいよ本格的に『HOME』で全国図鑑コンプリートへ向けて乗り出します。“ミュウツー”もゲットしたので、まずはカントー地方のポケモン151匹から。

  • ▲『HOME』の全国図鑑は各地方で分けて見ることができて便利!

幻のポケモン“ミュウ”をどうする?

 前回でも言いましたが、基本的に私はシリーズを追っているので、それらのポケモンを『HOME』に集結すれば全国図鑑集めはさほど苦労しません。

 こだわりたいのは、『HOME』のボックスにはナンバー順でポケモンが並び、同じナンバーでもフォルムが違うポケモンがいる場合は、それらも揃えていることを目指したいと思います。そこは、ポケモンプレイヤーとして目指したいところではないでしょうか。

 それでは、『剣盾』からポケモン集めをはじめたとしたら、どこでつまずくかを考えてみましょう。まずは、“幻のポケモン”である“ミュウ”をどうするかですよね……。

 これは意外と簡単で、モンスターボールの形をしたデバイス“モンスターボールPlus”を新しく入手すれば、そのデバイスに“ミュウ”が入っています。

  • ▲Xボタンでシステムを呼び出して“ふしぎなおくりもの”を選択。

 “ふしぎなおくりもの”から“モンスターボール Plusでお出かけする”を選択して、その後の指示に従っていけば、“ミュウ”がもらえます。

 すでに一度“ミュウ”を取り出したあとの“モンスターボールPlus”だとゲットできませんので、新品を入手しましょう。

  • ▲親は自分。出会いは“モンスターボール Plus”になっています。

 “モンスターボール Plus”には、好きなポケモンを1匹だけ連れ出すことができます。ポケモンを入れた状態で『GO』の“Pokemon Go Plus”として使用すれば、近くのポケストップを自動で回して道具を入手してきたりします。

  • ▲入れたポケモンに対応した色に光って、鳴いたりします(デバイスから音が出ます)。

 連れ出して歩けば経験値ももらえますし、道具も見つけてきますので、持っていても損はないかなと……。人気商品なので品切れになっている場合もあります。

『剣盾』でゲットできないポケモンはどうする?

 カントー151匹のポケモンで、『剣盾』で入手できないポケモンをどうするか? これは『GO』をプレイするか『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』をプレイして『HOME』へ連れていくのが一番簡単です。

 『剣盾』で入手できないポケモンは下記となっています。(進化系は→で記載)

・“ビードル”→“コクーン”→“スピアー”
・“ポッポ”→“ピジョン”→“ピジョット”
・“オニスズメ”→“オニドリル”
・“アーボ”→“アーボック”
・“パラス”→“パラセクト”
・“コンパン”→“モルフォン”
・“マンキー”→“オコリザル”
・“マダツボミ”→“ウツドン”→“ウツボット”
・“イシツブテ”→“ゴローン”→“ゴローニャ”
・“ドードー”→“ドードリオ”
・“パウワウ”→“ジュゴン”
・“ベトベター”→“ベトベトン”
・“スリープ”→“スリーパー”
・“ビリリダマ”→“マルマイン”

 これらのポケモンは『GO』や『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』、あるいはそのほかのシリーズから『HOME』へ連れてくることになります。

 『剣盾』で、それぞれのロムしか出てこないカントー地方のポケモンは、『ソード』の場合は“カモネギ(ガラルのすがた)”。『シールド』の場合は“ポニータ(ガラルのすがた)”と、進化系の“ギャロップ(ガラルのすがた)”です。

  • ▲“カモネギ(ガラルのすがた)”は『ソード』だけで入手できる。

 また『剣盾』で、カントー151匹のポケモンのうち“ガラルのすがた”で捕獲できるのは、下記のポケモンになります。

・“ニャース”
・“ポニータ”→“ギャロップ”
・“ヤドン”→“ヤドラン”
・“カモネギ”
・“マタドガス”
・“バリヤード”

 このうち、“ニャース”と“バリヤード”はゲーム中のキャラクターとのポケモン交換によって、普通のフォームを入手することができます。伝説ポケモンの“フリーザ―”と“サンダー”、“ファイヤー”は、エクスパンションパスの“冠の雪原”を導入することにより、両方のフォルムが入手できるので、リストには入れていません。

 これらのポケモンの普通のフォームが欲しい場合は、同じく『剣盾』以外のシリーズから連れてくることになります。もちろん、知り合いやお友達から交換してもらうのも手です! というかそのほうが楽ですw

 『HOME』での全国図鑑、“カントー地方”の図鑑埋めは比較的楽なので、『剣盾』からはじめたという方は、まずはそこからトライしてみてはいかがでしょう?

  • ▲『HOME』のボックスに預けているポケモンの一覧表示で番号順に並ぶようにしたい。

 それでは、今回はこの辺で……“ルギア”にはいつ会えるのだろう……。また次回、よろしくお願いいたします。

『ポケモン剣盾』日記バックナンバー

“市野ルギア”プロフィール

 フリーのミュージシャンで編集記者。ゲーム系の編集記者として多くの雑誌やムック、攻略本などを手掛ける。

 ミュージシャン、ギターリストとしても活動しており、多くのオンラインゲームタイトルのBGMコラボを果たしている。

 自身の活動として2019年2月に二面性がコンセプトの音楽ユニット“終末のバンギア”を結成し、電撃オンラインの配信番組のOP曲や特撮系記事のレポーターを担当。また、八王子FMのラジオ番組のエンディング主題歌も手掛けた。

 そのほか、市民発の横浜市18区キャラクター“Yocco18”とコラボした歌や、YouTubeで人気の鹿児島弁をしゃべる“犬おやじ”の動画を企画する“鹿児島弁ラボ”とコラボした歌なども発表。

 11月30日にトリプルコラボ“終末のバンギア×Yocco18×横浜市金沢公会堂”として、横浜市金沢区のキャラクター『金沢(かねさわ)ふみの歌』をリリースしました!

 市野ルギアの音楽ユニット“終末のバンギア”最新情報は公式サイトをチェック!

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

ポケットモンスター ソード

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター ソード(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

ポケットモンスター シールド(ダウンロード版)

  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 5,980円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年11月15日
  • 希望小売価格: 11,960円+税

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック(ダウンロード版)

  • メーカー: ポケモン
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月15日
  • 価格: 11,960円+税

関連する記事一覧はこちら