ママも参戦して家族でたまごっち【親子でLINEたまごっち#最終回】

そみん
公開日時
最終更新

 LINEのLINE QUICK GAMEで遊べる『LINEで発見!! たまごっち』を親子で遊ぶプレイ日記をお届けします。

ママも参戦して家族でたまごっち【親子でLINEたまごっち#7】

 たつまるは、あいかわらず僕にムコorヨメの紹介をしてもらいつつ、ミニゲームをしてごっちポイントを稼いで家具を買い集める毎日を繰り返していますが、最近はちょっとたまごっちのお世話をさぼりがち。

 「今日は忙しいから、ママがお世話してよ~」と、ママがお世話をすることも増えてきたある日、「せっかくだからママも遊び始めてみたら? たつまるの結婚相手が増えると、僕もラクになるし」と僕が頼んでみたところ、なんとオッケーの返事が!

 こうして、ママまるも『LINEたまごっち』を遊び始めたのですが……僕のたまごっちのお世話もこまめにしてくれるので、すごくラク(笑)。

 なんというか、人間、ラクを覚えると堕落するもので、少し前にたつまるから「今日は忙しいからパパがお世話してよ~」と頼まれていた僕が、「今日は忙しいからママがお世話してよ~」とママに依存しまくることに。ありゃ、よくないなあ。

 皿洗いやゴミ捨てをさぼって夫婦が危機になることもあるそうですが、たまごっちのお世話をさぼって夫婦の危機を迎えたらシャレになりません……。

  • ▲ちなみにたまごっちから、ママはパパ(僕)をどう思っているかという質問を受けて、当然“大事な人”だろうと思って答えたら、“気になる人”だった模様。……これは喜べばいいのか、危険信号として受け取るべきなのか。

 とまあ、ある意味、予想通りのサボりが増えてきたたつまるですが、それでもたつまるは(ある程度)ちゃんとたまごっちのお世話を続けているのは立派です。

 プレイ日記連載は今回でひと段落ですが、ひとまず家族での『LINEたまごっち』生活は気長に続けていくつもりです。

 図鑑のコンプリートは遠い道のりですが、おやじっちのような珍しいたまごっちや、本作オリジナルの隠しキャラの育成も目指して、プレイを続けていこうと思います!

今日のたまごっち一口メモ:友だちをゲームに紹介するといいものがたもらえる!

 本作では、友だちをゲームに招待するとさまざまなアイテムがもらえます。なかなか条件は厳しいものの、招待を100回行うと限定アクセサリーの“モノクル”をもらえますよ!

初心者攻略記事も掲載中!

 電撃オンラインには、本作の攻略記事“『LINEで発見!たまごっち』攻略。珍しいたまごっちを育てるコツは?”や、開発者インタビュー“たまごっち世界に魚の丸焼きが出ない理由、知ってる? 開発秘話満載の『LINEたまごっち』インタビュー”を掲載しています。

 「いつも同じたまごっちになっちゃう!」とお悩みの方は、一度チェックしてみては?

親子でLINEたまごっち バックナンバー

そみんとたつまるの親子ゲーム日記 バックナンバー

© BANDAI,WiZ