“塔”の遙か上空には意外なものが? “チェンクロ3 グランドサーガ”賢者の塔篇【電撃チェンクロレター】

まり蔵
公開日時

 iOS/Android用RPG『チェインクロニクル3』で展開中の“チェインクロニクル3 グランドサーガ(以下、グランドサーガ)”。その賢者の塔篇に関する最新情報をお届けします。

 “グランドサーガ”では、9月より展開されるメインストーリー第3部の最終章 13章に向け、主人公たちの元に集う各地の英雄たちの集結に至る“前日譚”が描かれます。

 この記事では6月4日(木)に配信される、“グランドサーガ”賢者の塔篇のあらすじを掲載! 貴重なラフ画や開発裏話も公開しますので、ぜひチェックしてください!

“グランドサーガ”賢者の塔篇 あらすじ

 ユグド大陸に突如現れた謎の“塔”。三賢者はさっそくその調査に乗り出す。

 しかし“塔”に近付く者は紙片化してしまい、入ることは叶わない。

 それでも“塔”の調査を続けるファティマたちは、あることに気が付く。

 白い紙片の昇りゆく先、遙か上空には――陸地のようなものが広がっていた。

“グランドサーガ”賢者の塔篇 登場人物

ファティマ

 運命の賢者であり、時空魔法の使い手。賢者の塔の面々と共に、謎の塔に挑む。

メルティオール

 力の賢者。この未曽有の事態を、たぶんユグドの中でいちばん楽しんでいる。

ディルマ

 生命の賢者。ユグドを襲う未曽有の危機だというのに、運命の賢者と力の賢者が謎の塔に掛かりっきりで、なにかと忙しい。

“ファティマ”グランドサーガ Ver.のラフ画や開発裏話を掲載

ラフ画

開発裏話

「魔法学園は今」

 グランドなサーガもいよいよ賢者の塔篇。世界に何が起きているのかも、また少し明らかになってきました。

 そう、紙片化で消えたものはなんと……! というのは本編でお楽しみいただくとして、ここでは出番のなかった魔法学園の人たちの話でも。

 実は世界の紙片化が始まってから、魔法学園は休校となり、紙片化で家を失った人々の避難所となっています。学生たちはそれぞれの得意分野に合わせ、避難時の護衛をしたり、避難してきた人たちのケアにあたったりしています。

 アリーチェたちも魔法兵団やヒーラーのお手伝いなど、それぞれ授業のない間も実地での経験を積んでいるようです。

 そして、我らが真☆魔法少女リーゼロッテは! 忙しい魔法兵団任務の傍ら、積極的に劇場版の公演を行い、紙片化に怯える人々にたくさんの笑顔を運んでいます。

 そしてこの公演で魔法少女に初めて触れたゼルダは、見事にドハマり! アリーチェ、エステラとともに自作のステッキで魔法少女ごっこに勤しんでいるようです。

『チェンクロ3』特集記事 バックナンバー

©SEGA