『チェンクロ3』かつてヘリオスを生き返らせた場所へ――ヘリオス篇 12章【電撃チェンクロレター】

まり蔵
公開日時

 セガが配信するiOS/Android用RPG『チェインクロニクル3(以下、チェンクロ3)』。本作のストーリーに関する最新情報をお届けする、連載企画“電撃チェンクロレター”の第51回をお届けします!

 今回の“電撃チェンクロレター”では、7月6日(月)11時更新予定のヘリオス篇 12章のあらすじと、シナリオ担当者が持ち回りで書く裏設定が満載のコラム“チェンクロ3裏日誌”を掲載します。

※注:記事内のゲーム画面はすべて開発中のものです。

ヘリオス篇 12章のあらすじを紹介

 賢者の塔、砂漠の湖都、炎の九領を経て、ついに聖王国まで戻ってきたヘリオス一行と義勇軍。

 謎の双子・エノシュとメトセラが待つという、かつてトロメアがヘリオスを生き返らせた場所へ向かおうとするが、そこで新たな異変に直面する。

 なんとあの黒の軍勢が再び台頭し始め、しかも白き異形と互いに争いを繰り広げていた――。

ヘリオス篇 12章を彩るキャラクター

ガブリエラ

  • ▲シルヴァの娘。おてんばだが将来は有望?

メトセラ

  • ▲謎の双子の片割れ。ヘリオスと同じ白い剣を持つ。

エノシュ

  • ▲謎の双子の片割れ。クロニクルに類似した力を操る。

“ヘリオス篇”シナリオ担当者が語る!

チェンクロ3裏日誌

「13章について」

 アマツ、セレステ、エシャル、そしてアリーチェと、5人の主人公のうち4人までの物語が各12章で完結しました。

 ですがヘリオス篇だけは12章ではまだ完結いたしません。そのまま13章へと続きます。

 そして他の4人の主人公たちも13章にて合流します。かつての7章と同じような形ですね。

 さらにメインストーリーと並行して物語が描かれているグランドサーガシリーズも、13章へと続きます。時系列的には以下のようなイメージです。

アマツ~セレステ~エシャル~アリーチェの各12章

ヘリオス篇12章

各グランドサーガ

ヘリオス篇13章

 つまりチェンクロ3部の物語の集大成が、次の13章となるわけです。

 今回のヘリオス篇12章は各グランドサーガや13章へと直接繋がる物語であり、作中でも非常に重要な出来事が起こるので、ぜひその詳細を見届けていただければと思います……!

 ちなみに伝承篇シルヴァ伝にて初めてその存在が明らかとなったシルヴァの娘・ガブリエラも登場するので、彼女の活躍にもご注目くださいませ!

『チェンクロ3』特集記事 バックナンバー

©SEGA