【攻略】『ハーヴェステラ』ステータス上昇効果も見逃せない! オススメ料理はコレ

長雨
公開日時
最終更新

 好評発売中のNintendo Switch/Steam向け生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』

 本作では料理を作ることができ、食べることでHPやスタミナの回復、ステータスアップなど、さまざまな恩恵を受けることができます。

 今回は料理の基本や、序盤でも作れるオススメの料理を紹介していきます。

『ハーヴェステラ』システム解説記事

料理の材料を集めよう

 “レーテの村”のリフォーム屋で調理台を依頼することで、料理ができるようになります。雑貨屋などで購入できるレシピを入手し、素材をそろえることで作成可能に。

  • ▲レシピは、“クエスト”の報酬としてもらえる場合もあります。
  • ▲作った料理を街や村の施設に納品することで、報酬をもらうことも可能です。

 料理の材料になるのは、畑に実った作物、ダンジョンで採取した素材、釣った魚など。収入が安定してきたら、季節限定のものを多く作って貯蓄するなど、料理の材料も意識して作物を育てていくのがオススメです。

  • ▲畑……季節に応じた作物を安定して育てられます。

  • ▲家畜小屋……オムドリからタマゴ、メーチェからミルクを獲得。

  • ▲ダンジョン……採取スポットで、キノコや木の実が獲得できます。またモンスターから、肉がドロップすることも。

  • ▲釣り……魚を捕まえるならコレ。エリアや時間帯によって、釣れるものが違います。

 調理台で作りたい料理を選び、“料理を作成”を選ぶとアイテムが完成。メニューごとに作成にかかる時間が違うので、ほかの作業との兼ね合いを考え、作る時間を確保しましょう。

 
  • ▲材料には、品質があります。高品質の材料で作ると、HPの回復量もアップ。

簡単に作れるオススメメニュー

 料理にはHPやスタミナ回復のほか、物理攻撃上昇といったステータスアップ効果もあります。便利な効果のある料理を食べれば、それだけダンジョンでの戦いも有利に!

 ここでは比較的序盤から材料が手に入り、追加効果も魅力的な料理を紹介していきます。

山菜とキノコの炒め
HP+900/スタミナ+50%
胃袋ゲージ:20
追加効果:なし
材料:ワイルドリーフ、リトルキノコ

 材料がダンジョンで採取できるため、できるだけ作物を出荷して収入を増やしたい序盤でも、気軽に作ることができます。

ピクニックサンドイッチ
HP+1500/スタミナ+60%
胃袋ゲージ:20
追加効果:物理攻撃+10%
材料:ドレスレタス、小麦粉

 “ドレスレタス”は収穫までの日数が短くて育てやすく、小麦粉も早い段階から加工可能なので、材料が集めやすい料理です。

レーテの野菜たっぷりサラダ
HP+1450/スタミナ+50%
胃袋ゲージ:25
追加効果:物理攻撃+10%、物理防御+10%、魔法攻撃+10%
材料:ドレスレタス、キャロップ、ユニオニオン

 春の段階からそろえられる野菜で作れます。どんなジョブとも相性がいい、バランスのよい追加効果も魅力。

バーベキューシュラスコ
HP+2450/スタミナ+80%
胃袋ゲージ:30
追加効果:魔法攻撃+10%、魔法防御+10%、毒ダメージアップ
材料:肉、キャロップ、ズッキューリ、リトルキノコ

 スタミナ回復と胃袋ゲージの上昇が多め。魔法タイプのジョブや毒属性攻撃スキルを持つシャドウ・ウォーカーと相性がいいです。

トマトとチーズのカプレーゼ
HP+1800/スタミナ+70%
胃袋ゲージ:20
追加効果:スキルクールタイム短縮、クリティカル率アップ、斬ダメージアップ
材料:ネメアトマト、チーズ、クールリーフ

 バトルに役立つ追加効果がそろっており、ボス戦でも重宝します。クールリーフは、ダンジョンで採取できます。

燻製肉のアンティパスト
HP+2650/スタミナ+70%
胃袋ゲージ:25
追加効果:継続HP回復、クリティカル率アップ、魔法防御+10%
材料:燻製肉、サクラディッシュ、チーズ

 何といっても、継続HP回復効果は魅力的! 燻製肉は燻製器に肉を入れることで加工できますが、完成に時間がかかるので、できるだけ早めに作り始めたいところ。

 紹介した料理のほかにもダンジョンや、ジョブと相性のいい料理が多数用意されています。見ていてお腹が空いてくる美味しそうなイラストもステキなので、ぜひいろいろなものを作ってみてください。

 ちなみに回復は料理に頼りがちですが、実は熟成ドリンクメーカーで作れるドリンクも重要だったりします。

 胃袋ゲージが満タンの場合は料理が使用できなくなるので、HPを回復できなくなる場合が……。そんなときは、ドリンクで回復するようにしましょう。

© 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

関連する記事一覧はこちら