巨大ボスキラーとして高評価。トレイズは範囲攻撃&状態異常が持ち味【鬼ノ哭ク邦ジョブ座談会レビュー】

コール
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売した、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』でジョブの役割を担う“鬼ビ人”に関する座談会レビューをお届けします。

 アイシャイザナザーフウィルディーアガウォードリガンルシカに続く今回は、鎖で戦うトレイズのキャラクター性や能力について語ります。

【座談会参加メンバー】
Mac佐藤:効率重視のガチゲーマータイプ。ファミコン時代からのスクウェアRPGファン。
コール:基本的には使いやすさや遊びやすさ重視だが、時には趣味に走るゲーム好き。
ハチ:座談会唯一の女性。使っているときの楽しさやキャラクター性を重視するエンジョイ派。
そみん:強さよりもおもしろさ重視のロマン派。ファミコン時代からのおっさんゲーマー。

外見&設定チェック:目が笑っていない笑顔が怖い!? 陰のある不思議な鬼ビ人

そみん:それじゃトレイズについて語ってみようか。僕の第一印象としてはサドっ気が強そうなキャラだな、と。

 あと、トレイズは氷のオーラをまとっているから、冷気系の攻撃が得意そうだと誤解していた時期が……。

全員:……オーラ?

ハチ:……このモヤモヤって、鬼ビ人のイメージカラーのエフェクトじゃないんですか?

  • ▲あらゆるものに興味を示し、どん欲に知識を求める鬼ビ人。だが、人間社会への興味だけは極端に薄い。遠い記憶に残るのは、奇異の目で自分を見つめる人々。

コール:ひどい誤解だ(苦笑)さておき、自分もトレイズの第一印象はトゲトゲしい感じで、途中で裏切るんじゃないかなと思っていた(笑)。

Mac佐藤:実は敵方の鬼ビ人で……っていうことですか? まあ、たしかにそんなことになっても納得できる見た目ではありますけど。

ハチ:実際にゲームを遊ぶと、そんなに攻撃的というか、メチャクチャ冷たいキャラという訳でもなさそうですよね。まあ、人なつっこいわけでもありませんが。

Mac佐藤:けっこう残酷なことをサラッと言いますしね。知識にはどん欲だけど、常識やモラルには無関心、みたいな。鬼ビ人の記憶を見ていくとよくわかります。

  • ▲人と影ナシの間に生まれたトレイズ。彼は母の言いつけ通り自分の出自を隠して生活していた。だが、自身の能力の高さに気づいていたトレイズは隠れて生きていくことに疑問を抱き、母を殺して村に火を放ってしまう……。

コール:そうそう。“人”と“影ナシ”の混血児で、他の人よりもかなり能力が高いがゆえに、人を見下していてっていう物語だった。けっこうヘビーな展開だし。

そみん:ほかの鬼ビ人も特権階級的な立場のキャラが多かったけど、トレイズは特に上から目線な感じがしたなあ。

 そういう性格面もさることながら、鎖使いってかっこいいわりにアクションRPGで珍しい感じがして、個人的にはお気に入り!

ハチ:漫画でも、某ハンターとか某聖なる闘士とか、鎖を使って戦うキャラって少ないですよね。

コール:RPGだとチェーンクロスとか、鎖系のムチとかで範囲攻撃が強そうな印象。本作でも範囲攻撃が強いけどね。

Mac佐藤:ほかのゲームのジョブでも、鎖使いってほとんど見たことがありません。

ハチ:実際に使ってみると、リーチのある中距離戦向けのキャラで、鎖を突き刺すような直線的な攻撃もできて、「なるほど!」と感心しました。

能力チェック:魔物に“刻印”を施してダメージを跳ね上げる!

そみん:能力面だけど、自分は鎖ジャンプの強さがよく分からなかったかな。移動しにくい感じがして……。

コール:ジャンプ移動というよりも、ジャンプ攻撃の威力がものすごく高いんですよ。

そみん:えっ、そうだったの!?

ハチ:私も最初は使いづらいかなと思っていたんですけど、“フトゥーロ(鎖ジャンプ中に攻撃した時にボタンを押し続けていると、鎖が当たった位置へ高速移動できる)”を覚えると遊び心地が一気に変わりますよ!

 ジャンプ攻撃から高速移動に派生可能で、敵を翻弄しながら戦えるようになって、すごく楽しい!

そみん:そんなことができたんだ。正直言うと、ほかのジャンプが使える鬼ビ人もジャンプをあまり使ってなかったんだよね。

Mac佐藤:本作は、技を修得して、ジャンプ中に向きを変えられるようになってからが本番のようなところがありますから。

 でも、トレイズの場合はその場ジャンプで敵の攻撃をかわして、長射程のジャンプ攻撃で反撃するのも強いですよ。

ハチ:使い分けられるのが強いですよね。敵の数が少ないならその場で倒して、敵が密集しているなら高速移動で突っ込んで一気にまとめて倒すとか。

コール:ボス戦でも結構使えるんですよ。スキの大きい大振りの攻撃を誘って、硬直時間に一気に間合いを詰めて連続攻撃を叩き込んだり。

そみん:ザーフのジャンプ攻撃じゃダメなの?

Mac佐藤:ザーフは通常攻撃の範囲が狭いけど、トレイズは攻撃範囲が広いから着地後に次の攻撃を当てやすいんですよ。

そみん:なるほど。通常攻撃の使い勝手はトレイズのほうがよさそうだね。

ハチ:近接武器のなかでは攻撃範囲が広めなので、結構まとめて攻撃できるところも魅力です。

コール:あと、トレイズは通常攻撃に刻印を発生させる“エステティカ”を覚えてからが本領発揮ですね。

 敵をまとめて攻撃していけばそれだけ刻印の数も増えるし、刻印の数が増えれば技の威力も跳ね上がっていくし。

Mac佐藤:刻印をいかに発生させるかで、強さががらりと変わりますからね。

ハチ:威力アップもそうですけど、状態異常の発生もありますよ。毒や気絶もからめながら、刻印状態にして一気に削っていく感じですよね。

そみん:そう考えると、常時発生するスキルはトレイズ単体で考えるよりもイザナあたりと合わせて、状態異常特化にした方が面白いのかな。

コール:そうですね、状態異常の発生率アップや状態異常のダメージアップなんかが常時発生効果なので、イザナとの相性はいいかもしれないですね。

 あとは、武器に状態異常を付与する影石を付けて、単体で状態異常特化キャラにしてしまうとか。

Mac佐藤:でも、刻印発生時のダメージが非常に高いので、ザコ戦だと状態異常のダメージを利用する間もなく決着がついちゃうんですよね。

ハチ:状態異常は技についている効果が発動したらラッキーくらいな感じで、影石はクリティカル率アップとかを付けたほうがいいのかな?

コール:う~ん、刻印時のダメージの跳ね上がり方を見るとその方が強いかも。イザナを一緒に編成しているなら、常時発生効果はイザナのほうが恩恵を受けられそうですし。

そみん:範囲攻撃や中距離攻撃ポジションで比較した場合、アクションがあまり得意じゃない人はディーアのほうが使いやすいけど、プレイスキルに自身がある人はトレイズの方がイロイロできて総合的な火力は上げやすいのかな。

Mac佐藤:そんな印象ですね。ただ、トレイズも全方位に攻撃できる“フィンノーチェ”という技があって、ディーアほどではないにせよ攻撃範囲が広くて強いです。

  • ▲“フィンノーチェ”がオススメの技。発動までが若干遅いものの、広範囲への攻撃&ダウンという凶悪な技。また、巨大なボスに密着して使うと多段ヒットして強烈なダメージを叩き出せる!

ハチ:攻撃しつつ敵をダウンさせられますしね。それにモーションがすごく綺麗で、使うとテンション上がっちゃいました。

そみん:あの技は、なぜかよく発動前に攻撃されてつぶされることが多かったんだよね(涙)。

Mac佐藤:敵と少し距離を取って使うとか?

コール:いやいや、あれは敵と密着して使ったほうがダメージが出るんですよ! とくに巨大なボス相手に超密着した状態で発動させれば、放出させる鎖の半分近い本数がヒットしてエゲつないダメージが叩き出せます。

 ザコ戦では別の技で動きを止めてから使えば、結構発動できますし。

ハチ:そんなに当たるんですか!? 巨大ボス戦はメチャクチャ強そうですね。

コール:というわけで、自分の評価は9点! 巨大ボスキラーとして大活躍してくれたし、ザコ敵が多い時には範囲攻撃が便利だし、言うことなし!

 欲を言えば、ほかのメンバーにも効果がある常時発動系の技が状態異常に寄りすぎているので、もっと別の効果も欲しかったけど‥‥…。

ハチ:でも、普通に戦っているだけでもトレイズはかなり状態異常系が得意なので、常時発動系でダメージアップを狙えるのはシナジーが出て便利だと!

 そんな私は技のモーションがカッコよかったのと、鎖をブンブン振り回しているのが楽しかったので9点です!

Mac佐藤:僕も9点で。ディーアより汎用性は落ちる部分はあるけど、刻印がおもしろいし、工夫次第で火力をかなり上げられますし。

そみん:9点が3人で、めっちゃ高評価だね。確かにみんなの話を聞いているとかなり強そう!

 ただ、アクションゲームが少し苦手な僕の視点からだと、やっぱりちょっと操作が難しい鬼ビ人かなと。範囲攻撃だとディーアの方が使いやすかったっていうのもあるし。

 刻印はとても楽しいんだけど、アクションゲーム的には少し難しいし、うまく相手の動きを止めながら戦わないと技をつぶされやすいところがネックで、ちょっと低めの6点ということで……。

コール:もっと高い点数でもいいんですよ?

そみん:もちろん強いとは思うし、特に巨大ボスキラーであるのは間違いないんだろうけど、“最強”を語り始めると他の鬼ビ人もそれぞれ特定の場面で最強になることがあるしね。

 現に僕は、コールさんの話を聞いてトレイズで巨大ボスと戦ってみたけど、うまくスキを狙えずに苦戦しちゃったし。このへんはプレイスキルも含めた評価ということで!

【座談会メンバーのトレイズの評価:33点】
Mac佐藤:9点
コール:9点
ハチ:9点
そみん:6点

【主なアクション】

アクション 効果
オグロラグリマ 鬼ビ人と鎖を使った連携攻撃を行う。攻撃が当たった時に敵を刻印できる。
フィンノーチェ 複数の鎖を全方位に放射する。確率で混乱が敵に発生する。刻印した敵への威力が上昇する。
イノセンシア 生気を奪う攻撃を行う。刻印した敵なら回復量が増加する。攻撃中にボタンを押し続けるとヒット回数が増加する。
ペカドハウラ 上空に退避してから鎖を飛ばす。攻撃が当たった時に確率で敵を刻印できる。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税