News

2013年8月10日(土)

『モンスターハンター4』全武器レビュー・弓編! 多彩なオプション設定と“剛射”を使いこなすのが上級者への道

文:ゲゲン

『モンスターハンター4』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンから9月14日に発売される3DS用ソフト『モンスターハンター4』の先行体験会“夏の狩試”が、本日8月10日に開催された。そこでプレイした武器種・弓についてのレビューを、ゲゲンがお届けします。

『モンスターハンター4』

 弓といえば、溜め段階に応じた矢の変化や曲射という、状況に応じた豊富な攻撃手段に加えて、遠距離から敵の動きを見極めた立ち回りがしやすく、手の届かない位置の部位破壊などが行いやすいといった特徴があります。さらに矢の本数にも制限もないので、弾切れを心配する必要がありません。

 本作からは、弓によっては曲射の代わりに“剛射”が使えるようになっており、立ち回り次第では手数を増やしてダメージアップが狙えそうです。また、新しい操作方法が加わったことにより、操作の可能性も広がり、より多くのハンターが扱える武器になっていそうだと感じました。

■溜め打ちと剛射のコンボで火力アップ!

 弓の攻撃手段として新しく追加された剛射ですが、これは通常の溜め状態よりも一段階上の溜め状態の矢を無理矢理発射するものになります。ただし、弓によって曲射が扱えるものと、剛射が扱えるものに分かれます。操作的には、曲射と同じく溜め中にAボタンを押せば行えるのですが、通常撃ちの後にAボタンを押すことで追撃として撃つことも可能です。とはいえ、後者の方法で剛射を行った場合には、スタミナゲージが目測で1/4ほど減ります。使いすぎると回避が行えないなどのピンチにおちいりますので、使いこなすにはよりきちんとしたスタミナ管理も求められます。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 また、弓でも段差からジャンプ中にXボタンを押すと、もちろんジャンプ攻撃を繰り出せ、モンスターの上に乗ることができます。モンスターの上に乗ったら、Xボタンを連打すると腰から引き抜いたナイフを使ってガンガン攻撃できますが、モンスターが暴れ出したら振り落とされないようにRボタンを押し続けてしがみつきましょう。攻撃が成功したらモンスターは転倒しますが、弓の場合は攻撃するにはある程度離れる方が都合がよかったりして、落ちる位置によっては攻撃をたくさん叩き込めるかどうか微妙でした。瞬発力のある武器種ではないので、場合によっては回復にあてたり、爆弾や罠をしかけるという選択肢もありそうです。

■新操作とカスタマイズを使いこなして快適な弓ハンティングを!

 弓の分かりやすい変化といえば、Xボタンの代わりにRボタンを使って通常撃ちなどが行える新操作(タイプ2)の追加です。もちろん旧操作(タイプ1)もオプションで選べますので、操作が変わったのではなく、新たな操作方法が提示されて可能性が広がった形です。以下、それぞれの詳しい操作方法になります。

【新操作(タイプ2)】
・通常撃ち(押しっぱなしで溜め)……Rボタン
・武器出し溜め……Rボタン+Xボタン+Aボタン
・照準モード……Xボタンで切替え(十字ボタンorタッチパネルで操作可能)
・武器出し矢斬り……スライドパッド入力+Xボタン
・近接攻撃……Aボタン
・剛射……溜め中か通常撃ち後にAボタン
・ビン装填……Xボタン+Aボタン

【旧操作(タイプ1)】
・通常撃ち(押しっぱなしで溜め)……Xボタン
・武器出し溜め……Xボタン
・照準モード……Rボタンを押している間(十字ボタンで操作可能)
・武器出し矢斬り……Rボタン+Xボタン+Aボタン
・近接攻撃……Aボタン
・剛射……溜め中か通常撃ち後にAボタン
・ビン装填……Xボタン+Aボタン

 新操作と旧操作を比べると、ボタン配置が入れ替わったものも多く、体で覚えている場合にはそれなりの慣れは必要だと感じました(この辺は個人差があると思います)。ただし上の操作方法にある通り、新操作ではXボタンで照準を出しっ放しにすることも可能になったのは画期的ですし、例えばタッチパネルの右側に十字ボタンを表示している場合は、人によっては困難な、いわゆる“モンハン持ち”をしなくても移動+照準操作が同時に行えるので、触ってみたら自分にはこっちが合っていたということも、ありえるのではないかと思います。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 また、FPSなどで見られるRボタン=撃つという操作に近い部分もあるので、普段Rボタンで攻撃を行うゲームに慣れ親しんでいる場合には、残りのボタンで操作を行えるというのも、人によっては操作しやすくなったと感じるのではないでしょうか。

 ただし新操作も万能といういう訳ではなく、例えば照準モードは、ダメージを受けた時や回避した時には解除されてしまいます。周囲に小型のモンスターが多い状況などでは、思いがけないタイミングで照準が解除されてしまい、結果として照準の切り替えに手こずり慌てることがあるかもしれません。

 そんな感じで、自分に合うかどうかが分かれそうな新旧の操作方法なので、製品版で遊ぶ際にはぜひ自分で両方を触ってみて、合っている操作方法を選ぶのが上級者への近道なのではと感じました。

■剛射(曲射)の使いこなしと自分に合った調整を忘れずに

 他によかった点として挙げたいのが、オプションの“照準の操作”です。“通常・縦反転・横反転・縦横反転”と、十字ボタンと照準の動く方向を設定できたり、“照準カメラ”の項目で、照準モードでハンターの背面にカメラを移動させるかどうか、“照準の移動速度”を“遅い・標準・速い”と選んだり、カメラアングルの初期位置も含めてかなり豊富に調整できることです。新操作を使うか否かに関わらず、まずは自分で触り、オプションで好みの味付けをすれば、より快適なハンター生活が送れそうです。

 ごくごく個人的な感想としては、自分の操作方法が「モンハン持ちをして、右手でRボタン押して照準を表示しつつXボタンを長押ししてチャージ、そのまま左手で移動しながら上下左右の視点を微調整する」だったため、『モンスターハンター3(トライ)G』の時は、照準を押すとハンターの向いている方向にカメラが追従してしまい、移動しながら視点変更しようとすると、カメラがぐりんぐりん動いてしまって正直ちょっと難しく感じました(詳しいオプション項目は忘れてしまいましたが……)。この辺りはデフォルトで好みの挙動になっており、カスタマイズを含めて個人的にかなり操作しやすく、太刀と並んで使用度ナンバー1の武器に返り咲きそうで、今からとてもワクワクしています。

チャージアックスのレポートはこちら!
操虫棍のレポートはこちら!
大剣のレポートはこちら!
太刀のレポートはこちら!
片手剣のレポートはこちら!
双剣のレポートはこちら!
ハンマーのレポートはこちら!
狩猟笛のレポートはこちら!
ランスのレポートはこちら!
ガンランスのレポートはこちら!
スラッシュアックスのレポートはこちら!
ライトボウガン&ヘビィボウガンのレポートはこちら!
モンスター2種のレポートはこちら!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター4』ダウンロード版
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年9月14日
■価格:5,990円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。