News

2013年8月10日(土)

『モンスターハンター4』全武器レビュー・片手剣編! “バックステップ”からの選択肢が片手剣の立ち回りを進化・発展させる予感

文:野村一真

 発売まであと1カ月ぐらいとなった3DS用ソフト『モンスターハンター4』。本日(8月10日)、品川のザ・グランドホールにて、先行体験会“夏の狩試”が行われまして、私は片手剣と大剣(大剣の記事はこちら)の担当ということで、それはもう、ひたすら片手剣を振ってきました。

『モンスターハンター4』

 ベースキャンプを出てすぐのエリア1で、とにかく素振りをしまくり。片手剣についていろいろ調べまして、新アクションである“バックステップ”からの選択肢をはじめ、片手剣全般について、『MH2(ドス)』『MHP 2nd』『MHP 2ndG』『MHP 3rd』の攻略本を担当した野村がレビューさせていただきます。個人的には“バックステップ”に相当な可能性を感じました!

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 まずは、片手剣の新たな攻撃アクション“突進斬り”について。納刀時はXボタン、武器出し状態ではX+Aボタンで突進斬りを繰り出すことができます。今までの『モンスターハンター』シリーズにおいて、片手剣の武器出し攻撃といえばジャンプ攻撃でしたが、『モンハン4』では、これが突進斬りに変わっています。モーションも一変したため、片手剣の武器出し攻撃が完全に新規になったという認識を持っていただくのが適切でしょう。

 突進斬りとジャンプ攻撃の大きな違いは、攻撃の当たり判定の位置(高さ)にあります。ジャンプ攻撃は、やや上方にも当たり判定がありましたが、突進斬りは前方に向かって直線的に攻撃するモーションであることから、上方には当たり判定が存在しないと思われます。よって、武器出し攻撃の使い勝手が、従来とは少しばかり異なると考えてよいでしょう。前方に対して踏み込む距離(リーチの長さ)に関しては、あくまでも印象ですが、ジャンプ攻撃と突進斬りで差はないように感じます。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 この突進斬りは、段差に足を踏み入れる際にも活用することができ、段差の下から突進斬りを繰り出した場合は“ジャンプ斬り上げ”、段差の上から使用する場合は“ジャンプ突進斬り”に変化します。なお段差では、ジャンプ斬り上げとジャンプ突進斬りの他、ジャンプして空中から普通に斬り下ろすようなモーションの攻撃(段差の上からジャンプ)や、斬り上げのようなモーションの攻撃(段差の下から上に移動)も出せます。

 さて、突進斬りの後は、斬り上げ→斬り下ろしからの連係につなげることができます。連係の派生先について、今回の体験会で調べられた範囲で判断すると、今までの『モンスターハンター』シリーズの連係と同じものが採用されていたので、片手剣を使っていた人なら、違和感なく連係を駆使できると思います。ちなみに、上記の連係とは直接関係ありませんが、ガードとガード斬り、武器出し状態でのアイテム使用に関しても、従来と同じでした。

 これらの連係中は、従来の『モンスターハンター』シリーズと同じように前転と側転(回転回避)に派生させることもできます(割り込むようなイメージで回避行動がとれる)。そして、『MH4』の片手剣に新たに追加されたのが“バックステップ”です。連係中にスライドパッドの後ろ方向とAボタンを入力することでバックステップを出すことができ、感覚的には回転回避に派生させるのと同じような感覚で使用可能。

 バックステップ後は、溜めてから前方に踏み込む溜め斬り(スライドパッドの後ろ方向とAボタンを押しっぱなし)の他、前方に素早く踏み込む突進斬りのような攻撃(スライドパッドとAボタンを離す)、その場で素早く繰り出す斬り上げのような攻撃(スライドパッドの後ろ方向を入力したままAボタンを離す)という3つの行動のうち、1つをとることができます。もちろん、突進斬りのような攻撃と斬り上げのような攻撃のあとは、前述の連係につなぐことができました。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 実はこのバックステップという選択肢が、片手剣の立ち回りの幅を大きく広げるものになると思えて仕方ありません。もともと片手剣は、連係中において(連係の派生先として)、前転・側転により前方と左右に回避行動をとれるのですが、それに加え、バックステップによって後方にも回避行動をとれるようになったわけです。近距離武器の中で、連係中に4方向の回避行動を有する武器種は他にないと思います。あと、確認はできていませんが、回転回避と同じようにバックステップにも無敵時間が設定されていると予想でき、これも1つのメリットとなるでしょう。

 また、シリーズ経験者であればご存知だと思いますが、前転・側転後は斬り上げからの連係で攻撃することもでき、新要素であるバックステップ後も連係攻撃をスタートさせることができます。また、もともとの特性として、武器出し状態の汎用性の高さ(移動速度が速い、アイテムを使用できる、ガードができる)は健在です。素早く細かく立ち回って、手数多く攻めるのが片手剣のスタイルですが、従来の立ち回りにバックステップが加わったことで、そのスタイルがさらに加速するように思えてなりません。片手剣の立ち回りが、テクニカルでスタイリッシュに進化・発展する。すごくかっこいいプレイスタイルが、9月14日以降、世の中にお目見えすると私は考えます。

 最後に、大剣のレビューでも記述しましたが、今回の記事は8月10日の『モンハン4』先行体験会“夏の狩試”にて、プレイして調べた内容を書いたものとなります。プレイ時間の関係で、もしかしたら細かい部分に間違いがあるかもしれません。その点、ご了承いただければ幸いです。

チャージアックスのレポートはこちら!
操虫棍のレポートはこちら!
大剣のレポートはこちら!
太刀のレポートはこちら!
双剣のレポートはこちら!
ハンマーのレポートはこちら!
狩猟笛のレポートはこちら!
ランスのレポートはこちら!
ガンランスのレポートはこちら!
スラッシュアックスのレポートはこちら!
ライトボウガン&ヘビィボウガンのレポートはこちら!
のレポートはこちら!
モンスター2種のレポートはこちら!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター4』ダウンロード版
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年9月14日
■価格:5,990円(税込)

関連サイト

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2018年 10月14日~10月20日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。