電撃オンライン

見慣れたはずの家、だが目に映るすべてが信じられない…。サイコホラー『LUTO』日本語版発表。体験版も配信開始

文:電撃オンライン

公開日時:

最終更新:

 Astrolabe Gamesはリアルサイコホラーゲーム『LUTO』をPS5/Xbox Series X|S、PC(Steam)/PC(Epic)でリリース決定しました。

 Steamで日本語体験版が本日より配信開始しました。本作は日本語完全対応予定です。

[IMAGE]


ゲーム紹介


 サイコホラーゲーム『LUTO』——心の底から感じる恐怖をあなたに。「家」は何よりも温もりを与えてくれる大切な場所。けれど、真逆な存在となることも…自分自身からは離れられないように、そこからは決して逃げることはできない。

「地獄に烈焔などはない、あるのは空虚と絶望のみ」

本作の醍醐味


 プレイヤーは自宅から離れることのできない主人公に扮し、愛する者を失った日から家の中をさまよい続けます。

 記憶とは少し違うような部屋の中でプレイヤーを待ち受けているのは、恐怖に次ぐ恐怖。そのすべてが具現化し、あなたの生活や感触、精神に侵入するとき…理性は砕かれ、不安と
 恐れの深淵へと足を踏み入れる…そして、誰もが己自身に嘆き悲しむことになるでしょう。

 悲しみとは不思議なもの――肉体的な痛みも、過ぎ去る時間への恐れも、精神の崩壊も、人は無意識に求めてしまうのです。

[IMAGE]


待ち受けているものは?


 舞台はプレイヤーにとっての「家」。すべてが繰り返され、時には五感が脳を超越し、「見慣れたはずの」場所が持つ違和感を教えてくれます。

 このすべてが正常な現象であるなど、もなや自分自身に言い聞かせることもできない――

 ベールを外すその時まで恐怖が実態を持つことはなく、あなたの目に光が映らなくなる時、その声は至極自然な形で耳に届くでしょう…その身に起こる一切が何かを指し示しているはずなのに、神経を研ぎ澄ませた瞬間、何もなかったかのようにすべてが消えていくのです。

[IMAGE]


やるべきこと


 この世には、書き換えられ捻じ曲げられた「現実」が存在します。過去・現在・未来の恐怖の中で境界を探し、逃げ出す道を探しましょう。

 簡単に見分けられるように思えても、現実はそれほど甘くありません。特に、悲しみに打ちひしがれ、見分けることに意義を見出せなくなっている今は…

※本作品にはインタラクティブな要素が含まれています。どうしても謎を解けない時は、ルールを破ってみるのもアリかもしれません。

[IMAGE]


[IMAGE]


[IMAGE]


『Luto』について


タイトル名前:Luto
機種:PC Steam
開発元:Broken Bird Games
パブリッシャー:Selecta Play / Astrolabe Games

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります