【電撃清アター】あなたは知っていますか? 行ってはならない『犬鳴村』

電撃PlayStation
公開日時

 こんにちは! 声優の清水彩香です。

 皆さんは都市伝説ってお好きですか? 偉人や有名キャラクター、歴史や文化に関するものまで様々なものがありますよね。その中でも私たちにもっとも身近なものといえば怪談などの怖い都市伝説ではないでしょうか? 口裂け女やトイレの花子さんなど私も小さい頃学校で噂されるそんな話をドキドキしながら聞いてたなぁ。怖いのに目が離せない感じってありますよね。

 かつては人から人へ口伝えされていた怖い話。いまはインターネットの普及により、掲示板やSNSで爆発的に広まり、その地方のみでまことしやかに語り継がれていた話が誰しもの耳に入ってくるようになったんです。

 そんな都市伝説の中に日本政府の統治が及ばない集落の話があるのはご存じでしょうか? 村の入り口には「この先、日本国憲法は通用せず」という看板が立てかけられており、そこに立ち入ったものは決して戻れないそう……。今回は先週末公開したばかり、その村の名前が表題にもなっているこの映画をご紹介します!

『犬鳴村』

日本には行ってはならない場所がある―――日本最凶の心霊スポットを禁断の映画化!

 あるとき、臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇怪な出来事が起こり始めます。奇妙なわらべ歌を口ずさむ精神に異常をきたしてしまった女性、行方不明になってしまった兄と弟、繰り返される不可解な死……。それらに共通するもの、それは心霊スポット『犬鳴トンネル』でした。変死した女性が死の直前に口にしたその先にある村の存在、そこに何があるのか……すべての謎を解くため、奏は犬鳴トンネルへと向かうのでした。

冒頭から襲い来るJホラーの恐怖!

 物語は奏の兄・悠真が彼女である明菜と共に犬鳴トンネルに向かうところから始まります。ビデオカメラ片手に進んでいく二人……肝試しにテンションが上がり無邪気にはしゃぐ明菜、そんな彼女とは対照的にビビる悠真。二人を誘い込むなんともいいようがない不気味な道中! これがホラーだと言わんばかりのフラグの連続にドキドキハラハラが募っていく……!

 本作のメガホンを取ったのは伽耶子や俊雄くんでもお馴染み『呪怨』の清水崇監督! さすが日本ホラー界の第一人者、冒頭から観客をがっつり捕まえて離しません! 人が本能的に怖いと思う何かをドバッと詰めて、観る私たちをじわじわと追い詰めてくるこの感じ……これを待ってました清水監督!

実在する心霊スポットと都市伝説が入り乱れる!

 なにが怖いって犬鳴トンネルは本当に実在するんです! 九州にある旧犬鳴トンネルは実際に凄惨な事件や事故が相次いだことから、屈指の心霊スポットとして知られています。その旧犬鳴トンネルの近くにあると言われているのがこの映画のタイトルにもなっている都市伝説『犬鳴村』なんです!

・その村は日本の法治は及ばないとされ、村の入り口には「この先、日本国憲法は通用せず」という立て看板がある

・携帯も圏外になり、外部との連絡も取れない

・日本の行政記録や地図からも抹消された

・そこに足を踏み入れたものは二度と帰れない

・鎌や斧を持った村人が襲い掛かってくる

 などなど、ちょっと調べるだけでも村に関する様々な噂が山ほど出てくるんです! それがなんともぞくっとするものばかり。いまは封鎖されている旧犬鳴トンネルの写真とかネットにいっぱいあるんだけどね、ほんともうなんとも言えない薄気味悪さなのよ……夢に出てきたら泣くやつだよこれ……!

役者陣たちの熱演!

 主役の奏を演じるのは注目の女優・三吉彩花。子役から活躍していた彼女、昨年公開の『ダンスウィズミー』では500人の応募者の中から主演に大抜擢されました。周りで奇妙なことが起こり始め、恐怖に負けそうになりながらも立ち向かっていく姿は、彼女自身の可愛くも一本筋が通った凛とした雰囲気と相まって素晴らしい! 

 その兄・悠真を演じるのは若手俳優・坂東龍汰。昨年公開『十二人の死にたい子どもたち』では不良少年セイゴを演じ、確かな印象を残しました。彼演じる悠真が事件のきっかけになるのですが、彼女や妹弟たちを大事に想い、守ろうとする姿に胸が熱くなります! TVドラマでも活躍する彼、今後がとても楽しみな俳優です。

 共演には注目の若手から実力派までが勢揃い! ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で人気を集めた古川毅、映画『ミスミソウ』で鮮烈な女優デビューを飾った大谷凜香、映画『新聞記者』の宮野陽名などフレッシュな才能が光ります! 

 対して脇を固めるのは実力派俳優たち。奏の父に高嶋政伸、母に高島礼子、祖父に石橋蓮司、そして寺田農や奥菜恵、須賀貴匡などが名を連ねます。その迫力と存在感は流石の一言! グッと物語に厚みを持たせるんです。

怖いだけではない物語

 今作の魅力はただ怖いだけではなくて、人間ドラマとしての面もあるところ。人が持つ心の闇、そして悲しみや憎しみを描いた作品でもあります。血とは何なのか、逃れられない因果の中で奏はどうするのか。物語のラストには「おおおお!? そうくるかー!?!?」と驚くこと必至のシーンも……!? 最後まで見逃せません!

 日本最凶スポットを映画化した今作『犬鳴村』、トンネルの先には一体何が待っているのか……。ぜひ劇場でご覧ください!

今回の清アター推し○○

【三吉彩花】

 1996年に埼玉で生まれた彼女は、小学校1年生で読者モデルとなり、その後小学3年生の時に原宿でスカウトされ、本格的な芸能活動をスタートさせました。2008年から2010年までは小中学生向けファッション雑誌『ニコ☆プチ』の専属モデルとして、2010年から2017年まではファッション雑誌『セブンティーン』の専属モデルとして活動し、人気を獲得。2010年にはアイドルグループ『さくら学院』に所属し、CDデビューも果たしています。

 小さい頃から女優としても活躍しています。2007年にドラマ『オトコの育て方』でデビューし、その後2014年『金田一少年の事件簿』や2014年『GTO』など話題作に出演。2012年『グッモ―エビアン!』の演技は高く評価され、毎日映画コンクールおよびヨコハマ映画祭で新人賞を受賞しました!

 主役に抜擢された昨年公開の『ダンスウィズミー』では音楽がかかると歌って踊られずにいられないという催眠術にかかってしまった主人公を熱演! 歌やダンスを猛特訓し、すべてのミュージカルシーンを吹替なしで挑んだそう。キラキラした彼女の魅力が詰まった映画になっています!

 着実に経験を重ね、女優として光輝いている三吉さん。色んな役柄が見てみたいなと思わせてくれる注目の役者です!

『犬鳴村』
2020年2月7日(金)全国ロードショー

監督:清水崇
脚本:保坂大輔、清水崇

出演:
三吉彩花
坂東龍汰、古川 毅、宮野陽名、大谷凜香
奥菜 恵、須賀貴匡、田中 健、寺田 農、石橋蓮司
高嶋政伸、高島礼子

主題歌:Ms.OOJA「HIKARI」(UNIVERSAL SIGMA)

制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:東映


 
 次回の電撃清アターは2月25日(火)公開予定です。お楽しみに!

これまでの【電撃清アター】は!?(バックナンバー)

【15】バッドボーイズ フォー・ライフ
【14】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
【13】ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
【12】飯テロ必至! グルメ映画特集
【11】ゾンビランド:ダブルタップ
【10】バーフバリ
【9】IT/イット“それ”が見えたら、終わり。
【8】最高の人生の見つけ方
【7】最凶のヴィラン“ジョーカー”を演じた俳優たち
【6】死霊館
【5】癒やされる! 動物映画特集
【4】ハングオーバー
【3】夏といえば! サメ映画特集
【2】天使にラブ・ソングを
【1】アイアンマン

 ハッシュタグ #電撃清アター にて、このコーナーへのご意見・ご感想、そして皆さんが観た映画の感想なんかも募集しています。ぜひ、ご参加くださいませ!

 清水彩香
 AIR AGENCY所属の女性声優。
 好きなものは猫。趣味は映画鑑賞、麻雀。
 代表作は『スカーレッドライダーゼクス』麻黄アキラ、『ハイスクール・フリート』若狭麗緒、『Tokyo 7th シスターズ』臼田スミレなど。

【告知】
 新作オリジナルアニメ『まえせつ!』に、藁猪野あらし役で出演!

© AIR AGENCY All rights reserved.
© 2020 「犬鳴村」製作委員会