電撃オンライン

NEXTGEARのゲーミングノートPCで新作アクションや人気FPSがサクサク遊べる! お手頃価格&スピード感あるゲームにピッタリの高性能ディスプレイはゲーマーの強い味方

文:電撃オンライン

公開日時:

最終更新:

 ゴールデンウィークが目前まで迫ってきた今日このごろ、連休中に思う存分ゲームを遊びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 お出かけするにもゲーム三昧で過ごすにもピッタリの大型連休、そんなときに外出先でもゲームができたら、やっぱりゲーマーとしては嬉しいですよね。

[IMAGE]

 今回は、そんなお出かけ先に持っていくのにも便利な、マウスコンピューターのゲーミングノートPC『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』のレビューをお届けします。

[IMAGE]

 マウスコンピューターでは、5月9日10時59分まで
“メモリ倍増キャンペーン”を開催中。通常はメモリ16GBのところを、価格はそのままで32GBへ倍増されています。

 今回レビューする『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』も対象となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

[IMAGE]




※本記事はマウスコンピューターの提供でお送りします。


コスパに優れた高性能ゲーミングノートPC! 自分に合わせてカスタマイズもできる


  『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』は、マウスコンピューターのECサイト限定ゲーミングPCブランド“NEXTGEAR”から販売されているゲーミングノートPCです。

 CPUに“AMD Ryzen 7 7840HS プロセッサー”、グラフィックスに“GeForce RTX 4060 Laptop GPU”を採用しています。

 最新のゲームタイトルが遊べるのはもちろん、ゲームプレイと配信を同時に行ったり、プレイの様子を録画したり、マルチに使える高性能な製品となっています。

[IMAGE]

 ディスプレイは16型のワイド液晶パネルで、解像度は1920×1200、最大リフレッシュレートが165Hz対応と、こちらも申し分のない性能を持っています。なめらかな映像を表示できるので、素早い動きが必要になるFPSやアクションゲームをプレイするのにピッタリです。

[IMAGE]
▲背面の様子。電源やネットワーク端子のほか、USB-Cも備えられています。Mini DisplayPort、HDMI端子を使えば、サブモニターを接続することもできます

 標準仕様ではメモリが16GB、SSD容量が500GBとなっています。同じCPU、グラフィックス搭載でメモリが32GB、SSD容量が1TBのモデルがラインナップされているほか、カスタマイズも可能となっています。

[IMAGE]
▲向かって右側。USB-A端子やカードリーダーが並びます


[IMAGE]
▲向かって左側。USB-A端子やマイク・ヘッドセット用の端子があります

 処理が重ためのゲームが遊びたい方や、3Dモデリング・動画制作などクリエイティブな作業にもノートPCを使いたいと考えている方は、メモリの容量を多めに確保しておくと安心です。

[IMAGE]
▲キーボードはバックライト付き。画像は消灯している状態です。白と黒のカラーリングがおしゃれ

 また、たくさんゲームを持ち運びたい場合はSSD容量を1TB以上にするなど、自分に合わせて調節できるのがポイント。

[IMAGE]
▲裏面もチェックしてみました。通気性が良さそうで、冷却効果にも期待大

 ECサイトでは、購入画面で必要なものを選ぶだけで、簡単にメモリやSSD容量を変更できるようになっているため、初心者でも気軽にカスタマイズできます。最初はドキドキですが、恐れずにチャレンジしてみることをおすすめしますよ!

[IMAGE]
▲本体の他に充電ケーブルも付属します

 これだけの性能で価格は169,800円(税込)~と、コストパフォーマンスも優秀な製品になっています。

個性的なカラーがカッコいい! 思わず自慢したくなるデザインに注目


  『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』の魅力は、性能の高さだけではありません。なんといっても、パッと目を引く個性的なカラーがカッコいい!

[IMAGE]
▲暗い場所だと深みのある色に。光沢があるので、明るい場所とは見え方が少し変わります

 見ていると南国の海が思い浮かぶような、少し青みがかった緑色の本体カラーは、他にない魅力です。つい誰かに自慢したくなっちゃいますね。

[IMAGE]
▲あまりにもカッコいいデザインなので、見せる収納にもこだわりたくなります。しまっておくのはもったいない!

 この色は、SNSで実施されたユーザーアンケートをもとに決定されたとのこと。こうしてユーザーの意見を取り入れてくれるのも“NEXTGEAR”シリーズの良いところですよね。

『HELLDIVERS 2』や『原神』など人気タイトルをプレイ! どこまで快適に遊べる?


 さっそく『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』で、さまざまなジャンルのゲームを遊んでみました。今回プレイしたのは、『HELLDIVERS 2』、『PUBG: BATTLEGROUNDS』、『ホグワーツ・レガシー』、『ファイナルファンタジーXIV』、『エーペックスレジェンズ』、『原神』です。

 これらのタイトルを実際に編集部で調べてみた結果を報告していきます。

『HELLDIVERS 2』


 まずは、SFサードパーソンシューター『HELLDIVERS 2』を遊んでみました。こちらは、グラフィックプリセットを“高い”に設定してプレイしています。

[IMAGE]

 本作は、2024年2月に発売されたばかりの人気タイトル。他プレイヤーとともに惑星を占領し、ミッション達成を目指す協力プレイの面白さが話題となっています。

[IMAGE]

 本作では、次々と群れで襲いかかってくる敵を倒すため、動き回りながら銃を撃ったり、常に周囲を見回したりと、スピード感のある動きが必要になります。

[IMAGE]

 リフレッシュレートの高いディスプレイは、こうしたシューター系のタイトルにぴったり。素早い照準の切り替えやカメラ移動にもカクつくことなく、快適に遊ぶことができました。

『PUBG: BATTLEGROUNDS』


 バトルロイヤルシューター『PUBG: BATTLEGROUNDS』では、グラフィック品質を“ウルトラ”に設定してプレイ。最も高い設定ですが、問題なく快適に遊ぶことができました。

[IMAGE]

 本作は、広大なフィールドを舞台とした対戦ゲームです。最大100人のプレイヤーが、フィールドのあちこちに散りばめられた武器や物資を駆使して戦い、最後の生き残りを目指します。

 プレイヤー同士の戦いを制するには、やはり素早い動きが重要。ということで、ここでもディスプレイの性能の良さがしっかり発揮されています。

[IMAGE]

 広い景色を高グラフィックで楽しみながらプレイできるので、気持ちよくゲームを進めることができました。

[IMAGE]

 高リフレッシュレートのディスプレイは、本作でも性能を発揮してくれます。動き回りながらの撃ち合いでも、しっかりと相手の姿を捉えることができるのでおすすめです。

『ホグワーツ・レガシー』


 オープンワールドアクションRPG『ホグワーツ・レガシー』は、グラフィックの品質プリセットを“最高”にしてプレイ。

[IMAGE]


[IMAGE]

 本作は、小説『ハリー・ポッター』シリーズの世界を舞台としたゲーム作品です。“ホグワーツ城”や“グリンゴッツ魔法銀行”など、小説や映画に登場したロケーションが、そのままゲーム内でも再現されています。

[IMAGE]
▲美しく再現された“ホグワーツ城”は必見です

 せっかく原作再現度の高いフィールドなら、やっぱり高画質で楽しまないともったいないですよね。

[IMAGE]

 建造物や登場人物はもちろん、呪文が発動する様子も美しいグラフィックで楽しめるので、とても満足度の高いプレイができました。

『ファイナルファンタジーXIV』


 さらに、オンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』も遊んでみました。本作では、2024年7月2日発売予定のパッチ7.0でグラフィックスアップデートが予定されています。

[IMAGE]

 そこで、まずはアップデート前となる現在のゲーム環境でプレイしたあとに、アップデート後の環境でスコアが計測できる最新版ベンチマークテストを行ってみました。

 現在のゲーム環境では、グラフィック設定を“最高品質”にセットした状態で、非常に快適に遊ぶことができました。

[IMAGE]


[IMAGE]
▲現在のゲーム環境での設定画面です

 次に、『ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー』ベンチマークソフトで検証。こちらもグラフィック設定を“最高品質”に設定し、結果は“快適”に。アップデート後も、問題なく快適にプレイできそうです。

[IMAGE]
▲最新版ベンチマークテストでの結果。快適に遊べそうです


『エーペックスレジェンズ』


 続いて、『エーペックスレジェンズ』を遊んでみました。最大リフレッシュレート165Hz対応のディスプレイは、FPSゲームを遊ぶのにもってこいの性能です。

 リフレッシュレートとは、ディスプレイが1秒間に画像を更新する回数を表した指標のこと。画像を更新する頻度が高いほど、動きはなめらかに見えます。

 映像がなめらかなほど、敵の動きがはっきり見やすくなったり、照準が定めやすくなったりするので、ゲーマーにとっては良いことずくめです。例えば、FPSやアクション、格闘ゲームなど、スピードや反応速度が求められるジャンルの作品には、特に向いていると言えます。

 実際に『エーペックスレジェンズ』を遊んでみると、カメラ感度を高めに設定してもカクつくことなく、しっかりと敵の動きを捕捉しながらプレイすることができました。素早く動き回っても敵を見失いにくくなるので、プレイの快適さもアップです!

 また、本作はゲームの入力遅延を抑える“NVIDIA Reflex”に対応。ゲームプレイをより快適にするためにも、ぜひ設定でオンにすることをおすすめします!

『原神』


 最後に、オープンワールドアクションRPGの『原神』を遊んでみました。こちらはグラフィックを“高”に設定してプレイ。

 高リフレッシュレートのディスプレイはアクションRPGとも相性がいいので、美しい景色を眺めつつ、かなり快適に遊ぶことができました。

 今回、検証に使用したのはメモリが16GB、SSD容量が500GBのものでしたが、さらにメモリやSSD容量の大きいモデルもあります。

 この上位モデルは同じCPU、グラフィックス搭載でメモリが32GB、SSD容量が1TBとなっており、今回の検証を踏まえてもう少し容量が欲しいなと思った方は、こちらがおすすめ。

 逆に、そこまでの性能はなくても良さそうかな? と感じた方は、もう少し価格を抑えたモデルもありますので、そちらを選んでもいいかもしれません。

●『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』(メモリ:32GB、SSD:1TBのモデル)189,800円(税込)~

[IMAGE]



●『NEXTGEAR J6-A5G60GN-A』(価格を抑えたモデル)139,800円(税込)~

[IMAGE]




最新タイトルもサクサク遊べる! ゴールデンウィークのお出かけのお供に


 さまざまなジャンルのゲームを遊んでみましたが、いずれも快適にプレイできることが分かりました。家の中だけでなく外出先でもこれだけゲームが遊べるのは、ゲーマーにとっては本当にありがたいことですよね。

 さらにマウスコンピューターでは、5月9日10時59分まで
“メモリ倍増キャンペーン”を開催中。通常であればメモリ16GBのところを、価格はそのままで32GBへ倍増されています。

 『NEXTGEAR J6-A7G60GN-A』も対象となっていますので、この機会をお見逃しなく!

[IMAGE]



 ゴールデンウィークのお出かけのお供にピッタリの製品となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

[IMAGE]


    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります