【電撃清アター】話題性だけじゃない! スピルバーグ監督の意欲作『レディー・プレイヤー1』

電撃PlayStation
公開日時

 こんにちは! 声優の清水彩香です。

  • ▲自分のオリジナルパーカーにもデザインするくらい、映画とネコが好き!

 今日は皆さんにお知らせしなければいけないことがあります。実はこのコラム、今月で最終回を迎えることになりました。連載させていただいたこの10ヶ月、すごく楽しかった! 初めてのコラム連載で不安なこともあったけど、読者の皆さんのおかげでここまで続けられることができました。本当にありがとうございます。映画への尽きない溢れる想い、残りのコラムに全力で込めたいと思います! 隔週更新の電撃清アターですが、今月はも一個オマケで更新しちゃうぜ! 最終回まで目一杯映画の魅力を伝えるよーっ! それでは早速……

 皆さーんっ! ゲーム・アニメ・漫画・特撮・映画は好きですかーっ!?

 時間を忘れてプレイしたゲーム、新しい世界を見せてくれたアニメ、夢中になって読み耽った漫画、カッコ良さに憧れた特撮、人生を変えてくれた映画……私も小さい頃からいろんな作品に感動をもらい、そして声優になった今はお仕事としてもその世界に触れ、ますます魅了され続けています! 電撃オンラインさんで連載させていただいていることもあり、このコラムを見てくださっている皆さんもきっとお好きな方が多いはず!

 今回はそんなゲームやアニメたちを愛してやまない人達必見! PlayStation Videoでも絶賛配信中のこの映画をご紹介!

『レディ・プレイヤー1』

巨匠スティーブン・スピルバーグが贈るポップカルチャー愛溢れる傑作SF映画!

 2045年。貧富の差が広がり、多くの人がスラム街での暮らしを余儀なくされている近未来。人々はゴーグル1つで夢が実現するVR世界「オアシス」を心の拠り所にし、仮想世界に入り浸っていました。そんなある日、亡きオアシス創設者・ハリデーの遺言により「アノラック・ゲーム」の開催が発表されます。それはオアシスに隠されたイースターエッグを見つけた者にハリデーの全財産とオアシスの運営権を与えるというもの。エッグを見つけるためには3つの試練を突破し、3つの鍵を手に入れなければなりません。突然の発表に誰もが沸き立ち、エッグを探すプレイヤー”ガンター”達による大争奪戦が開始されるのでした!

不可能から奇跡へ!

 原作は2011年にアーネスト・クラインが発表した小説『ゲーム・ウォーズ』。自ら筋金入りのオタクと公言する彼が書いたその世界はポップカルチャーへの称賛に満ちています! 実はこの小説、出版前にすでにワーナー・ブラザーズが映画化権を獲得していて、脚色作業はクライン自ら担当することが決まっていました。しかしクライン本人は映画化は不可能だと思っていたそう。なぜなら原作最大の魅力は日米を中心にした様々なアニメやゲーム、映画などのキャラクターたちが入り乱れ共演するところにあり、そのため映像化するとなると版権のクリアがかなり難しかったから。

 しかしそこに現れたのが世界的ヒットメーカー、スティーブン・スピルバーグだったんです! 彼が製作・監督に決まったことで事態は一変! 『インディ・ジョーンズ』シリーズや『ジュラシック・パーク』シリーズを手掛け、1970年代から現在までハリウッドを牽引し続けている映画界の至宝であるスピルバーグのパワーは圧倒的で、彼が監督ならばと次々に版権問題はクリアになり、映画は原作の魂をしっかりと受け継ぐことができるように。まさに奇跡! ありがとうスピルバーグ……!

豪華キャラクター&マシンたちの夢の共演にトキメキが止まらない!

 主人公ウェイドもガンターの1人で、オアシスではパーシヴァルと名乗り、ゲームの勝者となるべく日々奮闘しています。そんな彼の前に立ちはだかるのは未だ誰もクリアしていない第1の試練であるレースバトル。このレースシーンが本当に凄すぎる!

 ウェイドは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン、超有名ガンター・アルテミスは『AKIRA』の金田バイク、他にも『マッドマックス』のインターセプターや『バットマン』のバットモービルなど各々の愛車に超有名マシンがズラリ……! この名車たちがド派手なカーチェイスを繰り広げる! それだけではありません。彼らのゴールを阻止するためにキングコングや『ジュラシック・パーク』のT・レックスが襲いかかるんです! 

 ……凄すぎない? デロリアンや金田バイクがキングコングをかわしながらチキチキカーレースするんだよ? 本当このレースで心を全て持っていかれたよね。しかもこのバトルの前、冒頭ウェイドがオアシスを紹介するシーンにも至る所に有名キャラクターが潜んでいる! サンリオのあのキャラたちも普通に歩いちゃってたり、あのヒーローが雪山を登っていたり……もうテンションアガりっぱなしです!

 しかも中盤にはあのスタンリー・キューブリック監督「シャイニング」が登場するシーンも! スピルバーグ✕キューブリックって胸熱すぎる! どのシーンからも目が離せません!

圧倒的な映像美がすごい!

 最新テクノロジーを駆使して描かれるオアシスが美しい! 誰もがなりたいものになれ、なんだって出来、どこにだって行ける夢の世界。本物と思えてしまうようなリアリティがありながら、しかしきちんと非現実感が同居しているその絶妙さが素晴らしいんです。

 各々のアバターも必見! パーシヴァル(ウェイド)の友人ダイトウはで赤い兜と鎧を纏った勇ましい侍なのですが、なんと彼の顔は日本の名優・三船敏郎をモチーフにしているそう! パーシヴァルの姿も日本のアニメからの影響を受けているそうで、それぞれの個性が光ります。

 物語は現実とオアシスとを行き来しながら進んでいくのですが、その2つの世界のコントラストも実に見事! 現実世界は荒廃し、人々はスクラップを寄せ集めたかのような所に住んでいます。鉄骨やコンテナや車が高層ビルのように高く積み上げられ、それが乱立している様は混沌そのもの。オアシスが美しければ美しいほど、そのリアルの過酷さが際立ち、この世界の誰もが現実から逃げるようにVRゴーグルを装着している様子に切なさを覚えるんですよね。

フレッシュな若手俳優から実力派まで集結!

 主人公ウェイドを演じるのは『X-MEN:ダーク・フェニックス』のサイクロップス役でも注目を集めたタイ・シェリダン、ヒロインのアルテミス役には『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』のオリヴィア・クック、他にもリナ・ウェイス、フィリップ・チャオ、そして日本でも活躍中の森崎ウィンが大抜擢! 若者の苦悩や葛藤、それを乗り越えていく姿をキラキラした魅力で見せてくれます!

 対して脇を固めるのは実力派俳優たち。主人公たちと敵対する巨大企業IOIの重役、ソレント役には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『フッド:ザ・ビギニング』などの悪役でも印象的なベン・メンデルソーン。オアシスの元共同経営者であり、ハリデーの親友モロー役には『ミッション:インポッシブル』シリーズ『スタートレック』シリーズのサイモン・ペッグがキャスティング。ちなみに私はサイモン特集したいくらいにはサイモンが好きです。ペグペグかわいいよペグペグ。

 そして物語のキーとなるハリデー役にはオスカー俳優マーク・ライランス。彼のその不思議な空気感は唯一無二! 『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したその確かな実力で魅せるハリデーに注目です!

 スピルバーグの愛が詰まったポップカルチャーへのラブレターとも言える今作、まだこの世界を未体験の方はぜひ飛び込んで見てはいかがでしょうか? 最高のエンタメが待っていますよ!

今回の清アター推し○○

【スティーブン・スピルバーグ】

 有名すぎるくらいに有名で、映画にあまり詳しくなくてもスピルバーグの名前は聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか?

 1946年にアメリカのオハイオ州でユダヤ系移民として生まれた彼は幼い頃から映画に興味を示し、8ミリカメラで自主的に映画を撮影していたそうです。その作風は特にディズニー映画の影響を濃く受けていて、スピルバーグはインタビューで「ウォルト・ディズニーこそ僕の生みの親で、テレビは育ての親だ」と語っています。

 大学在学中に制作した映画『アンブリン』が関係者の目に止まり、ユニバーサルと7年の契約を結びました。その後、監督したテレビ映画『激突!』が評判を呼び、スピルバーグの名前が世界に知られるように。1975年に公開された『ジョーズ』は当時の世界歴代興行収入1位を記録する大ヒット! 一流監督の仲間入りを果たした彼は『インディ・ジョーンズ』、『E.T』、『ジュラシック・パーク』など今現在も愛され続ける大ヒット作を連発します。1993年公開の名作『シンドラーのリスト』でアカデミー賞作品賞、監督賞を受賞。スピルバーグはこの作品に意欲的で、監督料の受け取りを断ったそうです。

 スピルバーグは監督だけではなく、製作総指揮としても数々の作品に関わっています。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『グレムリン』『メン・イン・ブラック』『トランスフォーマー』……どれもが名作ばかり! 凄すぎるよスピルバーグ……!

 今後も新作の公開がまだまだ控えているスピルバーグ、次はどんな世界を見せてくれるのか楽しみです!

 今回の電撃清アターはここまで! 次回の電撃清アターは4月21日(火)公開予定です。お楽しみに~!

これまでの【電撃清アター】は!?(バックナンバー)

【19】みんな大好き「◯◯VS△△」映画特集
【18】オススメのPS Video配信タイトル特集【17】ホアキン・フェニックス特集
【16】犬鳴村
【15】バッドボーイズ フォー・ライフ
【14】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
【13】ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
【12】飯テロ必至! グルメ映画特集
【11】ゾンビランド:ダブルタップ
【10】バーフバリ
【9】IT/イット“それ”が見えたら、終わり。
【8】最高の人生の見つけ方
【7】最凶のヴィラン“ジョーカー”を演じた俳優たち
【6】死霊館
【5】癒やされる! 動物映画特集
【4】ハングオーバー
【3】夏といえば! サメ映画特集
【2】天使にラブ・ソングを
【1】アイアンマン

 ハッシュタグ #電撃清アター にて、このコーナーへのご意見・ご感想、そして皆さんが観た映画の感想なんかも募集しています。ぜひ、ご参加くださいませ!

 清水彩香
 AIR AGENCY所属の女性声優。
 好きなものは猫。趣味は映画鑑賞、麻雀。
 代表作は『スカーレッドライダーゼクス』麻黄アキラ、『ハイスクール・フリート』若狭麗緒、『Tokyo 7th シスターズ』臼田スミレなど。

【告知】
 新作オリジナルアニメ『まえせつ!』に、藁猪野あらし役で出演!

© AIR AGENCY All rights reserved.